僕の一日 114

薬をもらってから30分ぐらい時間が経つと、次第に痛みがひいていった。
頭痛薬を飲んだことがなかったけれど、ここまで効くとは思っていなかった。
感動ものだ。

バックルームを出るとレジには斉藤さんが立っていた。

「お、大丈夫?」

『はい、もう落ち着きました』

「良かった、効いて」

『びっくりしました。すごい効くんですね』

「うん。でも効くからってあんまり飲んじゃだめだよ。
 逆に頭痛がひどくなったり薬が効きにくくなるから」

『そうなんですか?買って常備しようかと思ってたんですけど』

「念のために買っておくのは良いけど、頻繁に飲んじゃだめだよ」


笑顔で答える姿に、「頭痛持ちなんですか?」と聞けず、
小さな声で「わかりました」とだけ呟いた。

「よし、じゃあ調子が戻ったなら相沢から仕事引き継いでもらえる?
 そろそろ上がりの時間だから」

『はい』


相沢さんのところに向かう前に、
石川さんが作業しているところへ行き、
もう大丈夫だということだけを伝えた。

「そっか、良かった」

いつものように優しく彼女が笑った。

ぎゅっと、胸が締め付けられた。

なんだか泣きそうになってしまい、急いでその場を離れた。
そんな俺を見た相沢さんが困った顔で小さくため息をついた。

「そういう姿を見るたびに切なくなるよ」
 
『……すみません』

「私こそごめん、少し言い過ぎた」

『いえ、正直なところ……言われてやっと気づいたというか……』

「そっか」

『はい……』

あとで電話してもいいかと聞こうと思ったが、やめた。
相沢さんに聞いても状況は何も変わらない。

自分でなんとかするしかない。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 16:47 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/746-6d5a993f

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア