スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日 113

「不毛な恋」をしている自覚がなかっただけに、
相沢さんの一言は衝撃が大きかった。

不毛って……。
不毛ってなんだ。
不毛な恋?不毛な恋愛?
俺の場合は恋愛してるわけじゃないから……恋愛って相手と思いあっての言葉だよな。
一方通行は片思いになるし。

辞書にどう書いてあるか知らないけど、
恋愛は相手がいて成り立ってる恋のことを指してるのだろうし、
恋は恋愛のような意味もあるだろうし、一方的に思う意味も含まれてるはず。

恋と恋愛の違いって?
あれ?

違う違う。
そこじゃなくて、
相沢さが言った意味での「不毛な恋」は、
多分、敵わない恋っていう意味。
片思いで終わってしまうっていう……。
だから不毛……。


確かに進展もなく先の見えない関係だし、
今の状況が変わってしまうのを怖がっている部分もある。

でもそれは俺がいまの関係を壊したくないからで、
行動を起こせば何かが変わるはず。


きつく目を閉じて深く息を吸うと、
急にズキズキと頭と目が痛み出した。


『……頭……いてぇ』

「え?」

『え?』

「え?頭い痛いって言ったよね」

『声に出てた?!』

「うん」


いつの間にか隣にいた石川さんに気づかずに、突っ立っていたらしい。
接客を終えてレジに戻ってきていた。

「頭痛いって、大丈夫?」

『あ、うん、ごめん平気平気!』

「……顔色悪いけど」

『いや、ほんとに大丈夫』

「少し休む?」

『いや、忙しいし平気!』

「なにしたの?」


がこん、と台車を立てかけて、
ゴミ捨てから帰ってきた相沢さんが会話に入ってきた。

「有利くんが頭痛いって」

「なに、なんでさっき言わなかったの?」

『あーいえ、多分、片頭痛なんで大丈夫です』


あ、痛みが増してきた。
もうなんだっていうんだ。

「片頭痛って。それって酷いじゃん。薬とか持ってないの?」

『ないです……』

痛い。ガンガンする。
目も痛い。
なんだ急に。

「私レジ入ってるから少し休みな」

相沢さんがレジの責任者番号を打ちかえる。

『いえ、大丈夫なので……相沢さん早番だし』

「なに言ってんの。いいから少し休みなさい。
 ミサ、バックルームで休ませて」

「はい」

『あ、ほんとに大丈……いっ……』

ドクンドクンど頭に響く。
吐き気までしてきた。

「ほら、少し休もう」


バックルームのドアを開けて俺の背を優しく押した。
なるべく頭を動かさないように静かに歩く。

「どうした?」

斉藤さんが俺を見て立ち上がった。

「急に頭が痛いって」

『いや、大丈夫です』

石川さんの言葉にあわてて否定するも、
横になりたいぐらい痛くなっていた。
眉間にシワを寄せてしまう。

「片頭痛か?」

『多分……』

壁に立てかけてある折り畳みの椅子を俺の前に置いて、
「とにかく座れ」と斉藤さんが言った。
静かに刺激を与えないように座ったが、痛みは増す一方だった。

「石川はレジに戻って。相沢ひとりじゃキツイから」

「あ……わかりました」

斉藤さんの言葉に、そっと俺のそばを離れて彼女がバックルームを出て行った。
音がしないように静かにドアを閉めるのを見ながら、痛む頭を押さえた。


「なんだ天気でも悪くなるのかな」

『え?』

「気圧の変化で頭痛くなる人もいるんだよ」

『そうなんですか……』

覇気のない声で返事をすると、斉藤さんが顔を覗き込むようにしゃがんだ。

「熱は?」

『たぶん、ないです』

「ズキンズキン、ガンガン痛い?」

『はい』

「動くと痛みが増す?」

『はい』

「うん、片頭痛だね」

納得したような表情で自分のカバンをロッカーから取り出した。

「頭痛薬があったはずなんだけど」

『あー……少し休めば大丈夫なのでホントに』

「うーんと、あ、あったコレコレ」

手にしているのは見たことのないタイプの包装シートだ。
バファリンかなにかだろうか。

「水なしで飲めるんだよコレ。
 有利くんは普段なにか薬飲んでる?」

『え?』

「飲み合わせが悪いものがあるからこの薬」

『えーっと……』

「……なんか飲んでるのかな」

『……』


彼女以外、誰にも精神科に通っていることは言っていない。
親にすら。
他の人には知られたくない。


「その薬、飲んでからどのくらい経ったかは言える?」

『朝、食後に飲んだので……えーと……』

「よし、じゃあ次。
 今日、別の頭痛薬を飲んでないよね?
 身体のどこかが悪いとかもないよね?」

心臓のあたりを指さしながら、確認するように言った。
なんでそんなこと聞いてくるんだろう。
キツイ薬なんだろうか。
それとも頭痛薬は飲み方を注意しなきゃいけないものなんだろうか。

『えーと頭痛薬は飲んだことないし、
 ……えーと、健康体のはずです』

「よし、じゃぁ大丈夫だ。口の中で溶かして唾飲んで」

プチっと掌に出された薬を言われるがまま口の中で溶かした。

「あとは効いてくるまで少し休んで。その間は俺が出てるから」

『すみません……』

「あ、目を閉じてるといいよ。
 光刺激を与えない方がいいから」

『はい……すみません……』

「じゃあゆっくり、あ!」

『え?』

ドアノブに手をかけたまま斉藤さんが振り返った。

「俺から薬もらったっていうのは誰にも言わないでね」

『わかりました』

「うん、お願いね」

口に人差し指をあててにっこり笑ってバックルームを出て行った。
斉藤さんも頭痛持ちなんだろうか。

『はぁぁ……』

 
痛い。
気持ち悪い。

全部が、嫌になってくる。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:54 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/745-ff38f2f8

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。