スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日 112

斉藤さんの車に石川さんが乗り込む姿を目撃後、
俺からは一度も連絡はとっていないし、
以前はよく送られてきていたメールも途絶えた。
当然、仕事場で会うし話もするが、
以前のように個人的な話をうまく出来なくなっていた。

石川さん自身は特に何も変わっていないよに見えるが……。

「ミサ、最近なんだか元気だね」

積み上げられていた段ボールをレジの横で手早くたたみながら相沢さんが呟いた。
視線の先には笑顔で接客をしている石川さんがいる。

『そうですね、石川さん元気ですよね』

「年明けまで忙しいし、元気なのは良いんだけど」

器用に一つの段ボールに詰め込んで台車に載せた。

「さて、ゴミ捨てに行ってくるよ。ほかにはない?」

『あ、事務所にあるの持ってきます』

急いでバックルームに入ると、
店長の机でパソコンと向き合っている斉藤さんがいた。

「ん?どうした?」

視線に気づいた斉藤さが手を止める。

『あ、いえ、ゴミを持っていこうと……』

「あぁ、ありがと」


机の横に積んである特大のごみ袋を2つ手渡され、
『すみません』と小声で言いながら受け取った。

斉藤さんも特に何も変わった様子はなく、
いつものように淡々と仕事をこなしていた。



あれは単に駅まで送って行っただけなのかもしれない。



自分も同時に仕事を終えて帰るついでに最寄駅まで送った、と、
そう都合よく考えたところで結局は消化不良のまま、
俺は悶々とした日々を送っていた。

気を紛らわすように早番の時は仕事が終わり次第すぐに帰ってホストクラブへ向かい、
勧んで客に連絡をとるようなっていた。
歩さんからはメールはあるが、会いに来ることはなくなった。
冬休み前で忙しいらしい。

バックルームのドアを後ろ手に閉めて、大きく息を吸い込んだ。

「有利はクリスマスの約束ないの?」

俺からごみ袋を受け取り、
段ボールの山の上に無理矢理のせて落ちないようにガムテープで留めながら、
唐突な質問をしてきた。

相沢さんはときどき心臓に悪いことを聞いてくる。

『約束?』

「女の人と」

『あ、えー……残念なことに……』

「そんだけカッコ良くて彼女いないって、逆に疑われない?」

『え?何をですか?』

「ソッチ系なのかとか」

小指を立ててにっこり笑う姿に言いたいことを理解して、
高速で左右に首を振り否定した。

まったくそんな気はない。
一度だって思ったことがない。
それだけは断言できる。

っていうか今までそんな風に思われてたのか……。

『それはないですよ……なんていうか、作ろうと思わないのが悪いんですかね』

「不毛な恋は辛くなるだけだよ」

『……』

少しの間を置いて、
「じゃぁ捨ててくるね」と言って台車を押してお店を出ていく相沢さんに、
返す言葉が浮かばず、無言で後ろ姿を見送った。

相沢さんは何か知っているのかもしれない。

不毛だと言いきってしまえる何かを。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 14:00 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/744-63dbcad2

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。