スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

冬の一日 5

5

「ここにに居ていいよ」と斉藤さんが言ってくれた。

私が考えてることを言わなくても分かっていて、
大丈夫だよと言ってくれる。
優しく髪を撫でてくれることが、たまらなく嬉しい。


自分と似ているわけじゃない。
むしろ正反対の人なのに、傍に居るだけで安心する。
この人の隣に居れば何も心配はいらない。
どんなときでも助けてくれる。
手を引いてくれる。
そう思える。


だから錯覚してしまう。
自分は斉藤さんにとって特別なんじゃないかと思ってしまう。



仕事が終わり斉藤さんと私は定時で上がった。
みんなには気づかれないように、
私はすぐにお店を出て帰ったふりをして、
ビルから少し離れたところで斉藤さんの車を待った。

程なくして斉藤さんが車で待ち合わせの場所に来てくれた。


「ごめん、寒かったでしょ?」

「ううん、大丈夫」


助手席のドア開けて荷物を後部座席に置いてくれた。


「さて、電気屋に行こうか。
 それとも夕飯食べちゃう?」


私がシートベルトをしたのを確認すると車を走らせた。

「帰ったら何か作るよ。昨日買った残りもあるし」

「そう?じゃあ電気屋に行こうか」

「うん」


こうやって普通に斉藤さんの車の助手席に乗って買い物に行くと、
ホントに付き合ってるような気持ちになってしまう。

彼女がいるかもしれないのに。

でも……彼女いる人が、家に女泊めたりするかな。
しないよね。
たぶん。


あの家にいると、
斉藤さんが誰かとふたりで暮らしていただろうと思われる跡がたくさんあることに気づく。


あの広いマンションにひとりで住んでることとか、
家電のサイズがひとり用ではないこととか。
調理道具が一通りあることも、
食器のほとんどがペアで揃えられているところも。

そんなの最初に部屋に来た時から気づいていたけど、
なにも聞けずに時間だけが過ぎてしまった。

だから期待しない方がいい。
もしかしたら、なんて思うから裏切られた気持ちになる。
はじめから期待しなければいい。
そうすれば打ちのめされずに済む。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 16:16 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/741-16f4bd5e

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。