スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

春の一日 27

27


浴槽の栓がされていることを確認して湯はりのスイッチを押した。


寒いだろうからと、
クローゼットにしまっていたハロゲンヒーターを引っ張り出し、
浴槽にお湯を溜めている間に洗面所を暖めるようになった。


ひとりのとき洗濯はいつもお風呂に入ってる間にするようにしていて、
洗い終わるまで湯船につかり、
そのまま浴室乾燥機をつけて、風呂場に干していた。

「カビ防止になるし、次の日すぐにお風呂溜められるし」と、
浴槽のお湯はすぐに捨てていて、
洗濯機にはバスポンプがついているのに一度も使ったことがなかった。

洗濯をしない日も、すぐに栓を抜いていた。

エコだ省エネだと世間が言う中、
自分はかなり資源を無駄に使っていると自覚していが、
改善しようとする気持ちにもなれなかった。


けれど、彼女が来てから浴槽のお湯は捨てなくなった。


明日、遠赤ヒーターを買おう。
寝るとき以外はリビングにいるにしても、
着替える時は部屋なわけだし。
エアコンがなくても平気と言っていたけど、
あの部屋だけ寒すぎる。


「って、……なにを……」


なに考えてんだ俺は。


こんな、この先もここに居るみたいなこと。


「疲れてる……」


さっさと寝ないと、明日がキツイだけだ。
そうじゃなくても万年睡眠不足なんだし。


「俺だって、ただの男ですよ、有利くん」


彼が俺に対して憧れを抱いている理由を、
分からないわけではないが、
多分、たくさん勘違いをしているし本当のところを知らないだけ。

大半の人がそうであるように、俺だって例外じゃない。

綺麗な部分だけ見ていると、あとで幻滅するだけだ。


リビングに戻ると彼女が食器を洗おうとしているところだった。

「いまスイッチ押してきたから、こっちのお湯の出が悪くなる。
 ここは俺があとで片づけるから先にお風呂入る準備してくるといいよ」

スポンジを取ろうとする手を止め、水道のレバーを抑えた。
納得のいかな表情を浮かべている。

「たまには俺がするから、ゆっくり入りなさい」

掴んだ手を引いてそのまま彼女が使っている部屋へ向かう。

「明日、遠赤ヒーター買ってくるから」

「……いらないよ」

「寒いだろ?」

「平気」

「まぁ、あとで俺が使ってもいいわけだから、買ってくるよ」

「いらない」

「……」


意地になってるわけじゃないのだ。
おそらく本当にお金を使わせることを申し訳なく思っている。
他人のお金を自分に使うことに罪悪感があるんだ。

「気にするな、と言いたいけど、難しいんだろうな。
 まぁ、俺の好きなようにさせてくれ」

「……でも」

「逆の立場だったら同じことしてるだろう?」

「……うん」

「そういうこと。
 他人に思うように自分にも優しくするといいよ」


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:25 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/732-2f8eb0b0

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。