スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

春の一日 24

24


俺から微妙な距離をとってソファーに座った。
身を細め、両手は膝の上で握られていた。

「……石川」

「はいっ」

身体をわずかに硬直させ、こちらに目も向けず強張った声で返事をした。

手にしていた湯呑をテーブルに置いて彼女の頭に手を置いた。

「邪魔だなんて思ってないよ」

俺の言葉に顔を上げる。

「出ていって欲しかったらそう言ってるよ。
 ホントに迷惑だとは思ってない。
 石川は周囲に気を遣いすぎるから、
 他人の家にいると余計に疲れるんじゃないかと気になるんだ。
 具合悪くて買い物も行けないような状態じゃなくなったなら、
 自分の家に戻った方が精神的にも楽なんじゃないかと思うんだ。
 そのあたりはどう?」

わずかな沈黙ののち、口を開いた。


「……ここに居るのは平気。ホッとする」

「うん、わかった」


頭に置いていた手を離して湯呑に手を伸ばした。


「居ていいよ。いまは特に問題ないし、
 正直なところ、家事の一切やってくれてるから助かるんだ」 

「……ほんと?」

「うん。帰ってくれば食事が用意されていて部屋は綺麗で、
 洗濯にお風呂掃除もしてある。
 それってかなり助かることだよ、特に男はね」

「そう?」

「石川は家事が好きだから感じないだろうけど、
 大半の人は家事なんて面倒くさいものだからね。
 特に料理は1人分だけ作るのってなんだかね。
 だから……あ……」

「え?」

「そうそう、今日の食材。自分で買ったよね?
 いくらかかった?返すから」

「い、いらないよ!そんな!」

すっかり忘れていたお金のことを思い出し、
財布を取りに部屋に行こうとすると、慌てた様子で制止されえる。

「私が泊めてもらってるのに、そんないいよ!」

「石川の分余計に家賃払ってるわけでもないし、
 家事の一切してもらって食材まで買わせるわけにいかないよ」

「だって光熱費かかってるし!」

「たいして変わんないよ。
 普段はお互い家にいないし、
 洗濯だってお風呂の残り水使って俺のとまとめて洗ってるんだろ?
 石川がそういうの気にして無駄遣いしないようにしてるの分かってるから」

ムキになって拒んでいたが、頬を赤らめながら大人しくなる。

「自分のとこの家賃や光熱費を払ってるんだ。
 俺のところまで気にしなくても大丈夫。
 石川くらい節約上手な人がひとり増えたって、たいして変わらないよ。
 食材はお互い様っていうかもしれないけど、
 作ってくれてるのは石川だし、家事のお礼も込みで俺が払うよ。
 正直なところひとりでお弁当を買ってるときより安く済んでるから、
 逆に助かってるんだよ」

「はい……」

戦意喪失といった感じで脱力する姿を見て、つい笑ってしまった。

「え?!なんで?なにか可笑しい?!」

「いやいや、なんとか阻止しようとしたけど駄目だった感がね、おもしろい」

「だって!迷惑かけてるのにお金もらって買い物するって、なんか……」

「じゃぁ毎回一緒に行って会計のとき俺が毎回払う?」

「っ……」

「それも嫌でしょ?毎回付き合わせるわけにいかない、とか思ってるだろうし、
 食材買って男の人がお会計するっていうのも、ちょっと違和感あるんでしょ?」

「な、なんでわかるの?!」

顔を真っ赤にして困惑する姿が、
なぜかツボにハマってしまい、大笑いしてしまった。

「あははははは!」

俺をバシバシ叩きながら、
「笑わないで!」と叫ぶとこもまたおもしろくて、
数分の間どうでもいい攻防が続いた。


「ははははぁ、はぁ~……ウケる……。
 笑い泣きしたの久しぶりだ」

「もう、すごいこっちは気にしてるのにー」

ふくれっ面でにらみ返される。

「いや、だから気にするなって」

「うーん、だってー」

「そのくらい男に払わせろっていうこと」

「だって申し訳ないと思わない?」

「いやー、普通はラッキー!ついでに何か買って貰っちゃえ!
 ぐらいの女性が多いと思うけどね」

「え?!そうなの?!無理無理!
 そんなお金使わせるなんて、逆に疲れちゃう!」

想像通りの反応に胸の奥で安心しながら、
財布を取りに部屋に行こうとすると石川が後ろからついてきた。


「…………ドサクサに紛れて俺の部屋に入ろうとしてるだろ?」


俺の後ろにぴたりとはりつく彼女が、
鍵を開けようとしていた俺の服を引っ張った。

「なに?」

振り返るとさっきまでのテンションが嘘みたいな真面目な目を向けていた。

「名前……封筒に書いてある名前が、変だった。
 カード会社が間違って名前を登録しているとは思えない」

ついにきたか。

「いま説明するから、リビングで待っててくれる?」

背中を押して戻るよう促すと、
言うとおりにリビングへ入って行く。
それを確認してから鍵を開けて部屋に入った。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:57 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/729-022983bb

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。