スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日 106

悪い方へ意識が傾いていき、気分が悪くなっていった。
少しの不安が過去の記憶を引っ張り出していく。

涙でにじむ目には携帯を握る左腕が映る。
塞がった傷口はかさぶたになり痒みを伴っていた。

ある程度治ると、どうしてもまた傷口を開きたくなる。

理由はわからない。

言えるのは血を見ると落ち着くというよりも、
傷付けて感じる痛みが、心を軽くしてくれるという事。
その痛みも感覚が鈍っているのかあまり感じず、
痛くてたまらない、ということはない。
注射なんかより、全然痛くない。

でも……やってはいけない。
もうやめようこんなこと。

これ以上傷の範囲を広げたら隠せなくなる。

新しい傷は作っちゃいけない。

やるなら同じとこ。

やるなら少しだけ。


少しだけなら。


テレビボードに片づけたカッターを取ろうと、ソファーから立ち上がり、
引き出しに手をかけてから目を閉じた。


駄目だ。
せっかくかさぶたになったものを、また開くなんて。
薬を飲んで眠れば大丈夫。
明日になれば彼女に会える。

大丈夫だから。
 
携帯を持つ左腕を右手で抑えながら、肺の奥深くまで空気を送り込む。

吐き出す息とともに流れる涙はあたたかく、心をこぼしていった。



大事なものが、中から消えていく。
大事にしたいのに、溢れ出ていく。

誰か、
誰かとめてくれ。



壊れてしまいそうなぐらい強く握っていた携帯が震えた。
ディスプレイに映し出された名前に涙が止まる。

『……はい』

溢れていた涙を拭って、通話ボタンを押した。

「あ、あの!夜分にすみません!」

緊張した高い声が耳に届く。

『……うん、大丈夫だよ』

頭の中に入って来た声は、意識をクリアにしていく。

「おととい会って頂いたばかりなのに、電話なんかして……」

『いいよ。いまは部屋にいるから』

「お休みだったんですか?」

『うん、明日は出るけどね』

「明日……」

言いたいことをなかなか口に出来ない性格だと気づくのに、
たいして時間はかからなかった。
自分の気持ちを口にできないところは、俺と似ていた。

『どうしたの?なにかあった?』

「いえ!そういうわけじゃないんですけど……」

『そっか』

「……」

『歩さん?』

「は、はい!」

『なにか話があるとかそういうことじゃなくて?』

「……あの」

『うん』

「私……」

『うん』

上手く話を切り出せずにいる歩さんの姿が目に浮かんだ。

「……すみません。
 用事があったわけじゃなくて、ただ……」

『……うん』


不思議と心は静まり、いつもと変わらない程度どころか、
心地よいほど穏やかになっていた。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:57 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/726-b8e5741d

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。