僕の一日 100

石川さんが仕事に戻って来た翌日。
店長と石川さんが早番、俺と斉藤さんが遅番というシフトで、
いつもより緊張した足取りで仕事へ向かった。

斉藤さんは普段と変わりなく振る舞うだろうし、
石川さんも昨日と同様に、元気に仕事をしているだろう。


彼女と出会って2年。

ふたりで遊びに行ったりすることもなくて、友達というのもわけでもないが、
ただの仕事仲間というのも、どこか違和感がある微妙な関係。
俗にいう友達以上恋人未満のような状態。

恋人になって今のような関係ではなくなると考えると、それはそれで怖いと思う。

彼女が恋人として「助けてほしい」と言ったとき、必ず助けてあげられる自信がない。
「辛いからそばにいて」と言われて、すぐに駆けつけてあげると言いきれない。
自分のことで手一杯なとき、自分も不安だと感じているとき、
そばにいることで感じてしまう彼女の気持ちや空気を、
ちゃんと受け止めて内に流して消化させることが出来ずに、
逆に不安を与えたり、余計なストレスを与えて、
ますます不安にさせてしまうかもしれない。

そう考えると、その一歩を踏み出せなかった。

恋愛の意味での好意を俺に抱いているか分からない中で、
斉藤さんとの関係を問うことは出来ない。
自信がない。

彼女が誰を好きだとしても、
誰かが彼女を好きになったとしても、俺は何も言えない。


「おはよう有利くん」


耳に響いたバリトンの声に振り返った。

『あ、おはようございます』

いつもと変わらないように挨拶をした。

「どうかした?入り口で突っ立って」

『え?』


視線を前に戻すと、昨日と同じようにお店の入り口前で立ち止まっていた。
ほとんど無意識だ。

「調子悪い?」

『いえっ!ぼーっとしちゃってて……すみません』

「そ?じゃぁ早く行こう。もう少しで出社時間だ」


俺の横をすり抜け、斉藤さんが店内に入って行った。
レジで作業している彼女が気づいて、斉藤さんに優しい笑顔を向けた。
穏やかな、目をして。

あの笑顔は誰にだって向けられている。
俺だけが特別なわけじゃない。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:13 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

誰にでも優しいひとというのも、誤解されたりして大変ですよね。
「私にだけ優しいひと」もいいのかもしれませんが、無関係な他人にはつっけんどんってのもいやな感じですし。

フィクションだったら、人嫌い、女嫌いの男が私にだけ恋してる……ってのは素敵かもしれません。

あ、「くれてやる」はそちらのほうでは言うのですね。
「えーと、これ、いただいていいんですか?」
と、たとえばお店のパンフレットなどについて尋ねる。
「ああ、くれてやるよ」と言われたら、私だったら、け、けけけ、けっこうです、と後ずさりして逃げます(^o^)
小心者ですから。

はらこめし……関西ではその言い方をあまりしないかもしれません。
意味はわかりますが、こっちでは「いくら丼」かな。ちょっとちがいます?
鮭ごはんにいくらだったら、鮭の親子メシとか言うように思います。

たしかに有利くんにたこ焼きは似合わないかも、ですね。
と、わざとそう書いてみました。

そういえば。

私は古い人間ですので、「夜ごはん」って言い方、嫌いですね。私は晩ごはんと言います。

近頃の言い回しだと、「あまりしないかもしれません」を「あまりしないかもです」と、いけない、しれない、やらないと、の部分を省いて言うでしょう?
あれもものすごく気に障ります。
心の狭い人間でもあります。

食べものの話って楽しいですよね。
またなにかありましたら、いろいろ教えて下さいませ。

2016.04.29(Fri) 01:32 | URL | あかね|編集

あかねさま
いくら丼だと、白飯にいくらがのってる!みたいな感じでしょうか?
とにかく味のついたご飯に鮭が入っていて、
そこにドーンといくらが盛られてるものがはらこ飯なのです!!!
ここは譲れないのです!!(笑)
けれどたまに「いくら丼」と書かれたメニューを見かけます……。
多くが年中いつでも食べられる丼ぶりです……冷凍か人工か……。


仙台では萩の月か牛タンか最中、と言われますが、
餡子好きな人の中に、ふじや千舟の支倉焼が好き!という人多いです。
白餡をしっとりした皮で包んだお菓子なのですが、
すごいのはこのお店がこの支倉焼ひとつしか作っていないとうところです。
どの店も色んなものを売っていると思いますが、ふじや千舟はこの支倉焼オンリー。
包み紙がオレンジとグリーンと2つありますが、中身は同じもの。
それでずっとやってきているところが凄いと思います。
緑茶にぴったりで柔らかく食べやすいのでご年配の方にもおススメです!


最近の若者はなんでも略しすぎですよね。
「“了解”を“り”」と略すゆとり世代を放送していて衝撃が走りました。
仲間内では自由ですが、なぜそれを職場で使うのか謎です。
あと個人的には「全然いい!」の意味がわからないです。
なんだ、全然いいって……と突っ込んでしまいます。
あとは時代の流れか「ら」抜き言葉が多い気がします。
「食べれない」と聞くと違和感が凄いです。

私は夕飯か晩御飯ですね。
夜のごはん、ということで夜ごはんなんだと思いますけど、
「伝わればオッケー!テヘペロ!みゃは!」という人が増えてきのかもしれないですね。

2016.04.30(Sat) 01:54 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/716-dd103f71

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア