スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

冬の一日 3

3

宅配業者から受け取った段ボールの箱はさほど大きくないがずっしりと重かった。
伝票には「本」と書かれている。
いったい何冊の本を注文したのか。

私が使わせてもらっている部屋も、
お店で使っているよな大きい本棚が置かれていて、
色んな本がぎっしり詰まっている。
ジャンルは問わず文芸作品から美術画集まで、
何百冊あるかわからない。

あの人の頭の中に、あれが全部はいっているのかな。

すごいなあ。
世界がまるで違う。
次元が違うというか、見えているものが違うように感じる。

ただそこにいるだけで周囲の目を惹いてしまうバランスのとれた顔。
日本人離れした長い手足。
耳の奥に響く、深く甘い声。

一緒に働いてるなんて嘘みたい。

ああいう人は営業したらすごいことになるんだろうなぁ。
仕事いっぱいとってきそう。


全部がすごい人だから、私なんてまるで釣り合わない。



艶のない重たく真っ黒でごわごわした髪の毛に、特徴のない平凡な顔。
スタイルも悪くてステキな服も、私が着るとウソみたいに似合わない。
何を着たって可愛くない。
そんな人間が化粧したって逆に変になるだけだから、
最低限しかしない。
街に出たら誰の視界にも入らないんじゃないかと思える程、
地味で流行に馴染めない女。

そんな自分があんな人の隣にいるなんて。
部屋に泊まってるなんて。

でも斉藤さんは優しいから、
体調を崩したひとり暮らしの私を放っておけなかっただけ。
有利くんにだってそうじゃない。
毎日部屋にお見舞いに行っていたし、
誰が休んだって、いつも気にして電話したりして。

私が特別なわけじゃない。

だから期待なんてしちゃだめ。


「……期待?」


期待なんてしてない。
仕事仲間だから優しくしてくれるだけ。
分かってる。
勘違いなんてしてない。
そんなもの……でも……。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 17:33 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/714-72d4e1dc

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。