春の一日 19

19

眩しい朝日に目を細めながら、
通勤ラッシュの時間帯に駅とは反対の方へ車を走らせ、
大丈夫だろうと思いながらも、
わずかな不安から急いでマンションに戻った。


石川がうちに泊まるようになって初めて一晩外で過ごした。
お留守番をしている子供じゃないないのだから、
一晩ぐらい俺が居なくたってなんてことないんだろうけど、
自分のうちじゃない上、久しぶりに行く仕事に多少なりとも緊張してるだろう。
それで「ぶり返し」たりしてたら大変だ。

ガチャンと大きな音を立てて玄関をドアを開けると、
そこに彼女の靴はなかった。
無事に仕事に行ったようだ。

過保護すぎるか?

そんなことを考えながらリビングに向かった。

テーブルには封筒と段ボール箱が置いてあった。
開けるまでもなく箱の中身は本だと分かっていたので、
先に封筒を手に取った。

「あぁ、クレジットカードね」

再配達の電話を入れいていたことを、石川に話すのを忘れていた。

カード裏に署名しようと、封を切って中身を取り出した瞬間、重大なことに気づく。


「ヤバイ……」


新しいカードが張り付けられている用紙に記載されている氏名。
もちろん、本名だ。

斉藤 葵ノエ。

「はぁぁぁぁ……」

深い深いため息をつきながらしゃがみこんだ。

気づいてない、なんて考えるのは楽観的すぎる。
石川はそういうのちゃんと見てるし、
第一、配達の人が名前を確認する。

「……」

メガネをテーブルに置いて、目頭を押さえた。

バレたことは仕方がない。
なにも悪いことをしたわけじゃないし、聞かれたら話せばいい。

俺の名前こと。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 02:34 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/711-0ddbf7c2

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア