僕の一日 99

話をする機会を見つけられないまま、
18時を過ぎて早番の店長と石川さんが帰る時間になった。

「俺は残業するけど石川は帰っていいよ。
 まだ本調子じゃないんだろうからゆっくり休めよ」

レジ横にあるパソコンをいじりながら、店長が言った。

「はい、じゃぁお先に失礼します」

学生バイトの志季さんに仕事を引き継ぎ、
バックルームに入ったかと思うと、
すぐにコートとカバンを手に急ぎ足で出てきた。

『お疲れさま』

「お疲れさま。お先するね」

変わらない声と笑顔を見送って、大きく深呼吸をした。

斉藤さんは今日休みだし、話は何も聞けないまま。
仮に斉藤さんがいたとしても、何も聞けないで終わっちゃっただろうけど。

本当は彼女と話がしたかった。
体調は大丈夫なのか。
無理してはいないのか。

俺が迷惑をかけたから具合を悪くしたんじゃないのか。
斉藤さんが部屋に来たのか。


彼女の声を聞いて、話をして、安心したかった。
苦しいときにいつも向けてくれる優しい目が自分だけに向けばと思った。


ここ数日、落ち着いていたはずの心がざわめきだす。

彼女に会えないでいたのに、どうしてか分からないが、
精神的落ち着いていたのは確かだった。
少しだが、充実感すらあった。

それが今になってまた不安定になっている。

息が苦しい。

胸が重い。

「大丈夫?」

反射的に顔をあげると、
大きな段ボール箱を持った相沢さんが不安そうな顔で声をかけてきた。

「調子よくないなら帰っても大丈夫だと思うよ?
 店長も残るみたいだし、志季もいるし」

『すみません、大丈夫です』

肺から押し出す様な声で返事をした。

「あんまり無理するとまた調子悪くなるから、
 スタッフの数に余裕があるときは休んでもいいんだよ。
 これから忙しくなるし、いまのうちに体調整えておかないと、
 それこそ休めなくなるからね」

『……はい』


これは寝れば治るというものではない。
胸が重く息苦しくなる理由は。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 02:58 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

胸が重く息苦しくなる理由は。
斎藤さん?
有利くん、ほんとに繊細だなぁ。

先日、名古屋弁についての本を読んでいたのです。そこに書いてあったのですよね。「押しピン」ってのは関西でしか通じないと。

うわわ、びっくり。
標準語かと思ってました。でも、正しくは画鋲ですよね、たしかに。

大阪の百均なんかには「押しピン」って書いて売っていたような気もしますが。
方言って面白いですよね。

私の職場には以前「ペットボトルの中身は空にしてからほかしましょう」という貼り紙がしてありました。「ほかしましょう」は捨てましょう。
学校には「使ったものはきちんとなおしましょう」との標語が貼ってありました。「なおしましょう」はしまいましょう。

「有利さん? いてないよ」
いない、という意味の「いてない」を標準語だと思い込んでいるらしき漫画家さんもいました。これも関西弁です。

それから、大学三回生、みたいな言い方も関西だけらしいですよね。

>ジャス(ジャージ)、傘をかぶる(差すの意味)、ゴミを投げる(捨てるの意味)、
いずい(違和感がある、しっくりこないの意味)、おはよう靴下(穴のあいた靴下のこと)等々。

このあたりは知りませんでした。

>「ひ」が発音しにくいのか「し」になっていることも多いです(例:ひがし→しがし。ひらがな→しらがな)

関西では逆に、布団をひく、ひちや(質屋)となりますので、「し」が発音しにくいのかな。東京も「しっこし」とか言いますよね。

「ほかっておく」というのは中部地方の「ほおっておく」の意味の方言みたいですが、標準語だと思っている方が多そうです。

「あげる」ことを「くれてやる」と言う地方もあるそうで、そんな言い方されたら関西人はびびりますよ。
なんてね、方言話もキリがないですよね。
そちらの方言もまた、教えて下さいね。

2016.03.28(Mon) 01:59 | URL | あかね|編集

あかねさま
いつもありがとうございます。

「あげる」の意味で「くれてやる」って言う人いますよ!
私は使いませんがお年寄りたちは普通に使ってますね。
上からものを言っているわけでなく、プレゼントの意味で使っています。
そっか、関西だとケンカ売ってるように聞こえるのでしょうか?

田舎だと集落・団地の意味合いで、部落と使う人もいますが、
差別言葉として使っている人はいません。
「近所の人たち」という意味で使っているのですが、
言葉が言葉なので東京の人は勘違いをしやすいようです。


おもしろいですよね。
ずっと当たり前と思っていた言葉が限定された地域でしか使えないなんて。
食べ物でも全国で食べられていると思っていたものが違ったときのショックは大きかったですね(笑)

まさかだったのは「はらこめし」でしょうか。
みんなは白飯にイクラをのせて食べているんですよね?
それを知った時の衝撃ったらもう……。
鮭が入った味のついたご飯の上にのせるものと思っていたので、
関東の人が「初めてはらこめし食べます!」と言ったのを聞いてびっくり!
むしろ白飯にのせるのはお寿司だけかと思っていたぐらいで……お寿司は酢飯ですけど……。


はっ!いけません!また食べ物の話になってます(笑)
大阪には天下のたこ焼きがあるから羨ましいです。
最近好きだったたこ焼き屋さんが閉めちゃったんですよね……寂しい。

……もう有利そっちのけです。たこ焼き大好き。
有利がたこ焼き食べてる姿を想像すると……似合わないですね。
神経が細かすぎてちょっとしたことを気にして眠れなくなるタイプが有利です。

2016.04.01(Fri) 04:31 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/708-e1ec3a2b

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア