僕の一日 95

ホストクラブでの仕事が終わるころに降り出した雨は朝まで降り続いた。
始発の電車で部屋マンションに戻り、シャワーを浴びて、
身体に着いた煙草の匂いを落とし、
4時間程の睡眠をとったあと、雑貨屋のバイトへ行く準備をした。

昨日はソファーで休んだあとに部屋の掃除をして、
そのあとにホストクラブの出勤時間までという約束で歩さんと会った。
前回と同じ駅前のファミレスで1時間程度話をしただけだったが、
それでも嬉しそうに話す姿は見ているだけで気持ちが和んだ。

「時間をとって頂いてありがとうございました。
 もし良かったら……また、会ってもらえませんか?」

別れ際に歩さんが言った。

歩さんが俺へ抱いている気持ちの一部を、感じていないわけじゃない。
会話や動作の端々でそれは伝わってきた。
俺自身、歩さんと一緒にいると気持ちが落ち着くし、話をしていて楽しい。

けれど、俺のこの感情は、恋愛のそれではない。

隣に居て疲れないし、可愛いと思うけれど、
それは年下の女の子として、だ。
もしも妹がいたなら、こんな感じなんだろう。
話をしながらそんなことを考えていた。

仮に歩さんから何かしらのアプローチを受けたとき、
どういう態度をとればいいのだろう。

自分から関係を続けることを選んだのに、
最後には傷付けてしまうのだろうか。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:57 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

「有利さんが私を愛していないのは知ってるの。
でも、私はあなたとベッドに入りたい。
好きになってなんて言わないから、抱いて」
 
って女性に迫られたら、有利くんはどうするのでしょうか?
ごめん、って去っていくのかな。

男は通常、後腐れない関係だったらそういうのは受け入れると思ってました。
遊びのベッドインも男性にはたいていできると思っていたけど、できるけどしない、って人ももちろんいるんだろうな。

女性にもそういうこと、平常心でできる人もいますよね。
私の周囲にもいましたが、彼女の本心はわからない。
なんて突き詰めて考えると堂々巡りします。

だいぶ前にテレビで「だから猫が嫌い」みたいな番組、やってたでしょう?
あれを見て改めて思いました。

犬は優しい目をしている。
それにひきかえ猫は目つきが悪い。
でも、だからこそ私は猫が好き!!

先日、大阪でペット博がありました。ペット同伴可でして、ほとんど犬でしたが、お客さんが連れてきている数少ないネコたちはみんな怒ってました。犬たちは楽しそうでした。

はじめてシンガプーラに触れさせてもらいました。
ペットカーみたいなのに乗って、ずーっとぶすーっとしている猫もいて、猫もいろいろだなぁと面白かったです。

2015.12.01(Tue) 10:14 | URL | あかね|編集

あかねさま
可愛い子に抱いてって言われたら、断る理由がないですよね(笑)
基本的に男の人は後腐れなければ平気なんだと思いますが、
意外と女の人でもそういうタイプの人、いるんですよね。
カッコイイなら平気、みたいな人もいますし。
私はその辺の気持ちはあんまりわかりません。


犬の目は優しくて猫はキツイ…うーん、そうかなぁ。
犬だって元をたどればオオカミで鋭い目をしてるし、
ハスキーだってそれに近いと思うんですよね。
猫だって最近の飼い猫はクリッとして穏やかな目をしてると思うのは私だけでしょうか。
野良猫だった子はやっぱり目つきの鋭い子が多いし、
種類や環境によると思うんですよね。


猫が嫌いな理由に素早いのが苦手っていう意見もあるようです。
猫パンチが怖いとか。

犬も好きだけどやっぱり猫が一番好きです。


ペット博なんてあるんですね。
行ってみたい!!
想像しただけで興奮してしまいます。
シンガプーラはガラス越しにペットショップでしか見たことがないです。
毛がとても柔らかそうなイメージ。


猫以外は一度でいいから子豚と触れ合ってみたいです。


更新が遅くて済みません!
もう少し頑張ります!
とはいえ、僕の一日は追いつかれてしまったので、
痴漢にあった女の子の話の続き(秋の一日7・8)と、
斉藤からの視点の春の一日で間を繋げてください!

2015.12.04(Fri) 02:07 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/704-d1b66fe4

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア