春の一日 14

14

「どう?仕事は慣れてきた?」

「え?」

食べ終わるタイミングを見計らって、
文具店での話から本題へと話を切り替えた。
途端に困った表情を浮かべる。

「俺も店長も忙しさにかまけて、
 あまり石川さんのことフォロー出来ないでいるんだけど、
 なにか困ってることはない?」

誰だって新しい仕事を初めて間もないうちは、緊張や戸惑いがある。
慣れるまで仕方のないことなのだが。

「私……高校卒業して就職しないで近所のスーパーでレジをしていたんです。
 それ以外の仕事をしたことがなかったので、
 こうやって毎日違う作業したりいろんなモノを覚えるのが大変で……。
 なかなか覚えない私に相沢さんは丁寧に教えてくれて、
 本当に申し訳ないなぁって思うのと、
 思うように仕事が出来ない自分が情けないっていうか……」

だいたい想像していた通りの返事だった。

「もし俺が石川さんが勤めてたスーパーに、
 レジ担当のスタッフとして働き始めたとするよね?
 石川さんが先輩で俺の教育担当だったとして、
 働き始めて2週間経って俺がひとりでちゃんとレジできなくて、
 誰か隣についてくれてないと不安だと言ったら、
 石川さんは俺のこと、面倒くさいとか使えないヤツって思う?」

「……思わないです」

「でしょ?それと同じだよ。
 慣れない仕事ならなおさらだし、
 この仕事は細かくて覚えなきゃいけないことがたくさんある。
 商品も一定じゃないし、次々と新しいものが入ってくる。
 それに対応できるようになるにはそれなりに時間がかかるんだよ。
 俺らはそれを身をもって分かってるから、
 たかだか2週間で一人前になるなんて思っていない。
 むしろ分かったフリをされてミスされる方があとで面倒だ。
 分からないことは分からないと言ってくれていい。
 不安なら不安だと口にしてくれれば、俺たちは出来る限りフォローするし、
 それを解消出来るように対応するよ。
 何も言わなきゃ大丈夫なんだと思ってしまうから、
 正直に言ってほしいんだ。わかる?」


初めて働く場所だったら誰だって抱える不安や悩みを、
極端に大きく考えすぎてしまうのタイプなのだろう。
押しつぶされそうになっていたのかもしれない。

「迷惑に……邪魔にしかなっていないんじゃないかって……」

うつむきがちに話す声は震えていて、いまにも泣き出しそうだ。

「大丈夫だよ。
 少しずつ慣れていけばいい。
 君が思っているより、君はちゃんと仕事をこなしているよ。
 心配しなくても大丈夫」

「……はい」

「うん。大丈夫」


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:49 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/701-54c0884c

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア