春の一日 10

10

1時間程度の睡眠をとって、完璧な寝不足のまま出社し、
頭痛に悩まされながらもなんとか仕事を終え家路を急いだ。

マンションの地下駐車場に車を停めてエレベーターへ乗り込む。
思っていたより仕事が忙しくて帰って来るのが遅れてしまったが、
このまま石川を帰そう。
着替えもないし、携帯も持ってきていない。
このまま俺の部屋に泊まるにせよ、
一度は部屋に戻らないと、なんともならない状態だ。

急ぎ足でエレベーターから降り、503号室のドアにカードキーをさして鍵を開けた。

「ただいま」

家のドアを開けてふいに出た言葉に、自分で驚く。

誰かがいる部屋に帰るのは久しぶりだ。
このマンションに引っ越してきてからは、ほとんど実家に帰っていないし、
誰かを泊めたことも数えるほどしかなかった。

「おかえりなさい」

ぶかぶかの俺のパーカーを着て出迎えてくれた彼女を見つめた。
眠たそうだが顔色も良くなって少しは元気になったように見えた。

この足で送ってしまおう。
そうじゃないと……。

「体調はどう?大丈夫そうなら送るよ?」

視線を逸らし、靴を脱ぎながら言葉を続けた。

「明日はもともと休みだから、自分の部屋でゆっくり休んだほうがいい」

ふいに乱暴な言い方になって顔をしかめた。

「いつでもおいで」と言っておきながら、今度は自分の家に帰れと言う。
我ながら勝手だなと思う。

「あさっての出勤が難しいようなら明日の早いうちに連絡くれればいいから。 
 店長も帰って来たし、そんなに大変じゃないから無理しなくていいし」

ほら、口から出るのは冷たい言葉ばかり。
こんな言葉をかけたら石川がどう感じるか分かっているくせに。
俺が大人で余裕のある人なんて、それはみんなが勝手に思っているだけ。
もっともらしいことを堂々と言っているから、そんな風に見えるだけで、
俺はそんなに優しくない。

彼女の眠そうだった表情がみるみる強張っていく。

「うん……迷惑かけてごめんなさい」

袖から見える手は、強くこぶしを握っている。
泣きそうだ。

「いいよ、気にしないで」

立ち尽くすその横を通り過ぎ、ポケットから煙草を取り出しソファーに座った。
背もたれに重い身体を押し付け、煙草をくわえ火を付けようとして、やめた。

「煙草、嫌いだったな」

聞こえてるのかどうか分からないが、返事はない。

なにをイラついているんだ俺は。
たかが寝不足ぐらいで。

「石川」

呼んでみる。
が、反応はない。

手にしていた煙草をテーブルに置いて、廊下前に立つ。

「石川、寒いからこっちにおいで」

大きめの声で呼びかけると、数回首を横に振った。

「ごめ……帰る……」

かすかに聞こえた言葉は、いつもと同じ、いい子の返事。
その肩の震えを感じられるほどの距離まで歩み寄って、もう一度名前を呼んだ。

「石川」

いっぱいの涙をこぼしながら俺の声に振り返った。
それは久しぶりに見た本当の彼女。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 02:33 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/697-734f7136

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア