秋の一日 7

7

ゆりさんに助けてもらった翌日、まったく同じ電車に乗った。
驚いたのは2週間続いた痴漢が現れなかったこと。
もしかして昨日の一件で警察に相談されたとでも思ったのかな?
そうだと嬉しい。

毎日辛くて仕方なかった満員電車も、
たったひとつの出会いがあっただけで、
こんなにも嬉しいものになるなんて思ってもみなかった。
ここ半年以上、こんなにドキドキしたことなんてなかったと思う。


アルバイトを理由にまったく会ってくれなかった元彼に、
突然の別れを告げられたのは夏休みもあと数日を残すのみとなった9月末。
久しぶりの電話にデートに誘われるのかと期待していたら、
「ごめん、別れよう」と一言。

あまりに突然のことで、手にしていた携帯を落としそうになった。

理由は自分にあるという。

お前のことを嫌いになった訳じゃないし、好きな人ができたわけじゃない。
でも俺が毎日バイトで夏休みの間もまったく会えなかった。
そんなのは付き合ってるって思えないし、
だからと言っていまの自分の生活スタイルを変えるわけにもいかない。
俺は4年生だし、まだ就職先も決まってないし、これからもっと忙しくなる。
だからごめん。

まとめるとこんな感じだった。

他にも色々と謝っていたけれど、あまり覚えていない。
私は「わかった」と受け入れるしかなくて、
通話を切った後、大声で泣いた。

その後は誰とも付き合っていない。
正直、こんな思いは当分したくないと思ったし、
友達と毎日わいわいしているだけで楽しかったから、
彼氏なんていらないと思っていた。

だけど。

この出会いはきっと逃しちゃダメ。
玉砕しても言わないと後悔する。


そんなことを出会ったその日に、しかも痴漢から助けてくれた人に思うなんて、
昨日までの私は考えもしなかった。


「今日会えるかも」、なんて、
心を弾ませながら助けてもらった駅に降りてみたけれど、
あの色素の薄い綺麗な髪をした長身の人影はなかった。

次の日も、また次の日も、
いつも乗る電車よりも30分電車に乗って待ってみたけれど、
それらしき姿はなかった。

通学なのか通勤なのか分からないけど、
毎日決まったところに通っているなら改札口で待っていれば会えるはず。
空振りなのはあの日乗った電車がたまたまだったからという事になる。
そうなるともう会えない確立がかなり高い。


1ヶ月。
1ヶ月だけ頑張ってみよう。
それで駄目だったら仕方ない。
そう決めて毎日改札口で探した。
講義に遅れないために、20分程度しか時間をとれなかったけれど、
日曜日には2時間以上、待ったりもした。

自分の中で決めたその日まであと1週間となった日。

運命の瞬間が訪れる。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 18:01 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/684-3ee4f4b2

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア