僕の一日 87

初めて会ったとき俺の声を聞いて肩を震わせた時も、
紅茶を手に嬉しそうに笑った時も、他の客とは違う何かを感じていた。

歩さんも初対面の俺を大丈夫だと感じたのは、口調や仕草だけでなく、
俺にある何かを感じたんだろう。

言葉で言い表すことのできない繋がりを。

斯波隆之と初めて会ったときもそうだった。
駅構内で具合悪くしているのだから、駅員に引き渡せばよかったのに、
しなかったのは、不思議と傍にいて心地よかったから。
連絡先を教えたのは、話してみたいと感じたから。

話した時間や出会い方なんて関係なかった。

自分に似ているとか心に傷があるとか、そういうことも含めて、
歩さんを「可愛い人」と思ったんだ。
ペットボトルを手渡したあのときも。
仕事でもなく、仕事のような対応でもなく、きっと素で話していたんだ。


傍にいて心地よいと思う人が自分に心を許してくれているのを、素直に嬉しいと思った。


俺はもう、とっくにこの人に心を許している。

だからこそ仕事終わりに時間を取るなんて回りくどい方法をとったのだと、
今更自分の行動を理解する。


『今日はもう帰ろう。もうすぐお店もしまるだろうし、
 近くまでタクシーで送るから』

「……でも」

恐るおそる俺を見る目は、真っ赤になっていた。

『連絡先を教えるから、またあとで話を聞くよ。
 今日はまずゆっくり家で眠ったほうがいいと思う。ね?』

伝票立てから二人分の伝票を抜き取り、先に会計を済ませた。
「ありがとうございましたー」と変わらない明るさでお釣りを渡す店員に会釈をし、
座席からぼーっと俺を見ている歩さんのところに戻り、静かに言った。

『大丈夫だよ。おいで』

手を差し出すと、震えながらもその小さな手を重ねてきた。
軽く手を引いて歩さんを立たせた。

『ほら。大丈夫。
 寒いからコートを羽織って』

手を離して俺がコートを羽織ると、歩さんもうなずいてコートに袖を通した。

『どの辺りに住んでるの?
 僕もタクシーだから途中まで一緒に帰ろう』


歩さんの為に時間を作ろう。
ホストの仕事で早めにこっちに来れるとき、この辺で食事でもしながら話を聞こう。
それで少しずつでも治ってくれるなら、それでいい。
俺に抱いた感情がどんなものでも、いつか自信に変わってくれたなら、
それで良かったときっと思える。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 03:22 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

有利くんって絶食系なんですよね。
今どきの若い男性の知り合いはあまりいませんし、いても突っ込んだ話なんかしませんけど、私と同世代あたりの男性とはずいぶんちがうのかなぁ。

特に、ここに書くと不正コメントになりそうなあっちのほうのことですが。

女は好きじゃない、恋愛に興味はないけどあっちだけは好き、っていうのがひと昔前の男性だったのですが、いまは、あっちも暑苦しくて汗臭いから嫌いだったりね。
ほんとにそうなのかなぁ。そういう男は増殖しているのでしょうか。

男性は女好きのほうが可愛げがあるんですけどね。

女のほうのそのことは、なんだかものすごーく大切、安売りしちゃいけないとか、簡単に与えないからこそ男性にとって値打があるとか、そういうことを言う人もいますよね。

ええ? それってなんぼのもん?
そんなに大層なものか? と私は思ってしまいます。
前にも書いたかもしれませんが、女の被害者意識ってのが大嫌いなのですよね。

この前に書いた三匹猫、写真を撮ったんですが、ガラス窓が光っていてちゃんと写っていませんでした。
小学校の校庭で大根をかじっていた猫も、遠すぎてなんだかわかりません。
近寄ると逃げられるからどうしようもないですよね。

ちまき、私も好きです。
あんこは粒あんしか認めない。絶対に駄目。

それというのも、私は粒粒が好きなのです。
ナッツの粒の入ったブラウニー、細かく刻んだたくあんを入れたちらし寿司、クリームチーズの破片が入ったジェラート、くるみやレーズンの粒粒が入ったパン。
そんなのを偏愛しています。

枝豆も大好きです。
が、他の豆は好きではない。でも、親戚の家庭農園で作ったグリーンピースをもらってきて、生しらすを入れて煮て卵とじにしたらおいしかったです。

猫バナと食べ物バナはキリがないですね。
長々と失礼しました。

2015.05.29(Fri) 01:54 | URL | あかね|編集

あかねさま
いつもありがとうございます!

あんこはですね、あの皮(?)みたいなのが気になるんですよね。
でも粒が嫌いとかダメだとかじゃなくて、
あんまんはどっちでもすきなんですけど、
おしるこやお餅なんかはこしあんがいいなぁって。
しかも私おしるこやお餅のあんこは基本全部食べないんですよね……変って言われますけど……。
お餅にうっすらあんこがついてるだけでいいんです。
どらやき系もそうなんですよね。

ちなみにアップルパイのアップルの部分はいらない人です……変人って思わないでください……。
うっすら甘ければいいのです、りんごがふにゃふにゃなのが嫌なんです。

粒々は好きですがパンに粒が入っていると取り出したくなるタイプです。
クリームチーズは大歓迎ですが、クルミやなんかはほじほじしたくなります。
何にも入ってないスイートブールっていう半球の大きなパンが昔から売っているのですが(ヤマザキパン?)、
あぁいったのが大好きです。

「そんなぼやっとしたパンのなにがおいしいの?」とよく聞かれますが、
そこがいいのです!

ここにクルミがはいってはいけないのです!


この辺で気づくかと思いますが、
アクセントと言われるもが好きではないタイプです。
でもアイスにチョコチップは最高だと思ってます。

前にお米のアイスなるものを食べたのですが、
粒々感がかなりあり、私はあんまり好きじゃないかなぁなんて食べたら、
すんんんんごいおいしかったです。


って、もう食べ物ばっか……すみません、
ごめんよ有利くん、絶食系にしてしまって。
男として辛いよね、いや、絶食だから辛くないのか。
本能的な部分はどうなってるんでしょうね。
つまみ食いばっかりしてポイ捨てするようじゃ道徳的にマズイですが、
好みの人を見かけてそう思うのは普通なんだと思ってます。


先日久しぶりに猫カフェに行ってもふもふしてきました!
それはもう終始でれでれ。
にやけ顔が止まりませんでした。

2015.06.04(Thu) 14:40 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/677-5b2e4c98

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア