僕の一日 85

サラダを食べ終わり一息ついたところで本題に入った。

『昨日、はっきりとホストのことについて話したつもりだったから、
 もうお店には来ないと思ってたし、その方がいいと思っていたんだけど、
 今日はどうしてお店に来たの?』

「あ、あの、どうしても、また……」


最後の方はもごもごと何を話しているか聞こえないぐらい小さな声になり、
終いには顔を赤らめてうつむいてしまった。


前に似たような状況になったことがある。
あれは高校生のとき。

顔を真っ赤にして胸元を押さえ、なんとか押し出したかすれた小さな声で、
必死に告白をしてきたのは、名前も知らない同級生だった。
クラスの女子に呼び出された先にいたその人は、
話したこともない俺のことを、「入学式で見かけた時からずっと好きでした」、と言った。

どうして俺なんかに長い間そういう気持ちを持っていられるのか。
同じクラスになったことも話したこともない俺のなにを好きなのか。

顔で好きだの嫌いだのと言われているようで、あまり嬉しいとは感じなかったし、
恋人が欲しいとも思っていたなかったから、その場で断ったのを覚えている。


あの頃、まだ一目惚れなんて、信じてなかった。

でも今は、分かる気がする。


『うん』

促すように返事をする。

「み、美貴が、連絡先教えてもらったらって話した時……、
 それは友達になっちゃうからって、話を切ったけど、でも私……」

一生懸命に話をしているのが分かった。
必死に。

「ご迷惑じゃなければ、連絡先を教えてくださいっ。
 お店のお客としてじゃなくて、あの……」

だけど。

『……歩さんは僕の言った意味をよく分かってくれてると思う。
 だからこそこうして5時間も待ってくれたんだと思うけど、ごめん。
 お店に来てくれるから相手にするのであって、
 それ以外の人に番号を教えるつもりはないんだ』

お店の前で歩さんを見つけたとき、こんなことになるだろうと薄々感じてはいた。
でも本人から聞かずに決めつけることは出来ないし、
なにより一生懸命さが伝わってきた。
だからこうして会うことにしたんだけど……。

『男嫌いに関することなら別の手を探したほうがいい。
 もし僕のような人が大丈夫というなら、
 似たようなタイプの人を友達に紹介してもらうとか、
 ホストクラブになんか来なくても方法はあると思うんだ』


「……私は……」

何かを話そうとして、出かかった言葉を飲み込んだのが分かった。

面と向かって話すのが緊張するようなら電話で話す方法もあるけど、
番号を教えて男嫌いを治すのに付き合うことは出来ないし、
かといって客になって欲しくもない。
俺の自分勝手な考えをぶつけて傷付けてしまうなら、
突き放してしまえばいいのに、それも出来ずにいる。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:44 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

有利くん……

顔なんかで好きになられても嬉しくないのね。
気持ちはわかるけど、もてない他の男性には言わないように。とおばさんは感じてしまいました。

うちの幸生だったら「俺が男嫌いを直してあげるよ。男っぽい男は駄目なんだったら、俺だとうってつけでしょ」と言いそうです。
あ、だから地獄に落ちるんですよね、幸生は。

私はそれほどたこ焼きは食べませんが、どこに行っても大阪ではたこ焼き屋だらけです。

いか焼きはごぞんじですか?
いかの丸焼きじゃなくて、薄いお好み焼きふうの粉ものです。いかと卵とソースと小麦粉のハーモニーが美味なんですが、大阪にしかないのだとか。

粉ものがお好きなんですね?
ハルさんを大阪粉もんツアーにご案内したいです。

2015.04.19(Sun) 02:01 | URL | あかね|編集

あかねさま
いか焼き?!なんですかそれ!!
いかぽっぽじゃなくて?!
どんどん焼きならわかるんですが、いか焼きは初耳です!

どんどん焼きは薄い生地をくるくる巻いたのが有名ですが、
半月(ときに丸い)のものもあります。
なんちゃってお好み焼きに卵が一個くわえられた感じの。

ぬぅぅ、やっぱり粉物の聖地は違いますね!
いか……お好み焼きに入れてもおいしい具じゃないですか。
想像しただけでたまりません、なぜ全国展開しないのか。
ソースも色んな味があっておいしそうだなぁぁぁぁあああ!!食べたい!

お好み焼きもチェーン店だと千房ぐらいしかないですからね。
あとは道頓堀とか……あそこは、まぁ、はい、うん。。。


以前、ちょっと山の方にある小さなお好み焼き屋さんに行ったとき、
オープン直前だったのですが、ドアを開けたら毛の長い猫が!

「!!猫!!!はう!」

と興奮すると、店の奥から「すみません!いま連れて行きます!!」と奥さんが出てこられて。
確かに飲食店なので、動物がいてはちょっと、となりますが、
それはそれで、猫なら大歓迎!なので、

「いえ!連れて行かないでください!せめて他のお客がくるまで!」

と、店内に居てもらうことに。

しかし、残念なことにそのにゃんこ、お店を経営している夫婦の息子さんにしか、
心を許していないらしく、基本的には人間が苦手だそうで、
ちょっと近寄っては離れて見つめて、また近寄っ~の繰り返しでした。
それでもストーブの前でちょこんと座ってる姿はもう!たまりませんでした。


ゆきちゃんだったら一緒に粉物めぐりをしてくれそうですね。
男嫌いを治すのにも一番合ってるかもしれないです。
安心するというか、気をつかわなくていいというか。
逆に乾くんはだめですね、緊張しちゃいますよ!(私が


仙台はアーケード内を歩いていて一番多いのは和菓子関係のような気がします。
萩の月、最中、ようかん、ゆべし、まんじゅう、ずんだ関係……。

個人的には「霜ばしら」という飴をおすすめしたいです。
口の中でほわっとほどける感じで、あれはもう……飴じゃない!
大量生産されていないので、仙台でも決まったお店にしか置いていませんが、
もしも見かけた時には是非とも食べてみてください!

2015.04.20(Mon) 01:32 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/675-888c8599

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア