僕の一日 83


もうすぐ閉店という時間になり、自分の客が全員帰ったのを確認したところで、
「外でお客と会う約束をしている」という理由で、先に帰らせてもらうことにした。

お店を出て歩きながらポケットに入れていたメモを取り出し、
可愛らしい文字で書かれた番号に184をつけて電話をかけた。

「はいっ、もしもし!」

2コール目でつなるがる。

『すみません、お待たせして。
 いま終わったんですが、どこにいますか?』

「あ、あの、駅前のファミレスにいます」

『わかりました。10分くらいで着くと思うので、もう少しだけ待っていてください』

「はい」

『じゃぁ、切りますね』

駅前のファミレスなら午前2時まで営業している。
でも歩さんの家はどこなのだろう。
歩いて帰れる距離だというならいいが、
電車で来ているというなら帰れなくなる。

まぁ、子供じゃないんだからその辺はちゃんと考えているだろうけど。

ほどなく駅前のファミレスに着き店内に入ると、
奥の席でぽつんとひとりで寂しそうに座っている歩さんがいた。

『すみません、お待たせしました』

俺の姿を見て、ホッとした表情をみせた。
歩さんとは反対側の席にコートを脱いで座り、水を持って来た店員に、
『ドリンクバーで』とメニューも開かずに注文した。

店員がいなくなってから、『なにか食べませんか?』と、
歩さんへ向けてメニューを開いた。
テーブルにはティーカップが1つあるだけ。
夕飯分を食べたにしてもお腹が空いてくる時間だ。

「あ、いえ、私はもう夕飯食べたので平気です」

顔を真っ赤にして慌てた様子で返事をする姿に、
昨日とは違った空気を感じた。
数時間前もこんな感じではあったが。

伝票立てに入っている用紙に視線を落とすと、
ドリンクバーしか頼んでいないことが分かった。
卓上ベルを押し、メニューをしまいながら質問をした。

『好き嫌いありますか?』

「え?特には……」

『サラダなら夜食べても大丈夫ですよね?』

「え、っと、はい」

『じゃぁ、はんぶんこで』


ハンディ端末を手に元気よく「ご注文をお伺いいたします」と笑顔で接客する店員に、
シーザーサラダを注文した。

「夕飯は食べたんですか?」

店員がレジへと向かったのを確認してから、
大きく深呼吸をした歩さんが話しかけてきた。

『いえ、食べてないんですがお酒を飲んでいるので、
 そんなにお腹は空いてないんです。
 とはいえ何も食べないのも身体によくないので、あっさりしたものをと思って』

静かに席を立ちあがり、テーブルの上にあった空のカップに手を伸ばすと、
慌てた様子で「自分で行きます!」と歩さんが立ち上がった。

「いまは仕事中じゃないんです。だから気を遣わないでください」

発せられた言葉に自分が仕事で客を相手にしているときの口調だったことに気づく。
普通に話してほしいと言われていたこと、
いまはホストとしての仕事ではないことを忘れていた。

『ごめん……そうだよね。
 一緒にドリンクをとりに行こう。
 サラダはちょっと量が多いから少し食べてもらえるかな?』

「はい」

一緒にコンビニに行った時のような声で話しかけると、
目を細めて嬉しそうな声で返事をした。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 02:19 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

この前のお返事で、有利くんには食べ物は似合わないと書かれていましたが、ほんとですね。
サラダをちょっとつついて、軽いお酒を飲んで、腹いっぱい、とか言っていそう。
彼にはまさしくたこ焼きは似合いませんね。

私は自分が俗っぽまみれの人間なのもあって、食べものに興味ないとか、人間に興味ないとか、エスイーエックスは嫌いとか(はっきり書くとまた不正コメントになりそうですので)、ってかっこつけてる人に、反感を覚えつつも嫌いじゃなかったりします。

大阪はほんと、たこ焼き屋、お好み焼き屋、やたらにありますよ。
住宅街でも繁華街でもオフィス街でも、コンビニと粉もの屋さんは数歩歩けば一軒あります。

そんな大阪を歩いていましたら、むこうから信号を渡ってきた白っぽい生き物がいました。
ん? 犬にしたら小さいな、と思っていたら、猫。

猫がひとりでとことこ信号を渡ってきて、私に気づいて別の方向に逃げていきました。
気を付けて渡らないと轢かれる、と声をかけておきました。

2015.03.12(Thu) 02:02 | URL | あかね|編集

あかねさま
いつもありがとうございます。

奈良の鹿はちゃんと赤信号で待って、青になると渡るというのをテレビで見ました。
「ウソ臭い!」と思ったら、ホントに待っていてビックリ。
人の動きに合わせているんだと思うのですが、
それにしてもえらいなぁって感心してしまいました。
猫はよく飛び出してくるから道路を歩いていると心配になりますよね。
私はこっそり追いかけて逃げられますけど(笑

粉もの屋さんがいっぱいなんて、ステキ過ぎます。
仙台はコンビニが多いそうで、
サンクスの目の前にセブンが出来てすぐにサンクスがつぶれたり、
いつのまにか新しいコンビニが出来ていたり、
知らないうちに増えている感じです。
以前は駅前のアーケード街にコンビニはなかったのですが、
最近はあちらこちらに出来ています。
昔からあるお店はちょっと厳しいかな?という感じです。

仙台あるあるですと、意外と仙台市民は牛タンを食べません。
いつでも食べられると思っているせいか、
県外から友達が来たときに一緒に行くぐらいです。
萩の月も「もらったら食べる」と言った感じです(地元なのに……
笹かまはおつまみとして食べる人が多いみたいですが、
お酒を飲まない我が家は炒め物の具になっています。
結構いい出汁が出ておいしくなります。

有利はあれですね、草食という言葉がに会います。
そのせいで痩せてしまったという感じです。

2015.03.16(Mon) 00:48 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/673-123dcc1b

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア