僕の一日 82

間もなくオープンという時間に、あわてた様子で斯波くんが走って来た。

「あの!外にっ……」

『ん?俺のお客さん?』

「昨日の……」

『……え』

まさか。

裏口から走って店の入り口に向かうと、他の店のホストに話しかけられている歩さんがいた。
細く華奢な体に不釣り合いな大きいトートバックをバリケードのように胸元で強く抱き、
肩までの黒髪を揺らしながら必死に首を横に振っていた。

『その人は僕のお客様です』

俺の声に振り返った歩さんが、そのきれいな目に涙を浮かべて駆け寄ってきた。

「っだよ、言えよっ!どーもスイマセンでしたー」

金髪の長い前髪をかき上げながら俺へ向かって軽く頭を下げ、
舌打ちをしつつも一応謝罪の言葉を口にし、
ズルズルと先の尖った靴を引きずりながら去って行った。

『どうして……こんなとこひとりで歩いてたら、
 ああいうホストに声かけられて当然ですよ?
 なんで来たんですか?
 あれほどやめた方がいいって言ったのに!』

俺の背に隠れる歩さんに、つい責めるような言葉を吐いてしまう。

「ご、ごめんなさいっ……でも私……」

そこまで言うとうつむいて黙り込んでしまった。
厄介なことはお断りだし、学生に客になって欲しくない。

ここで突き放してしまえばいい。
……でも。

なんとなく放っておけない、何とかしてあげたいと思う気持ちがあった。
この気持ちはたぶん、斯波くんに感じたものに近い。

自分と同じ、心に傷のある人。

目線の高さが合うように身体をかがめた。

『歩さん。
 歩さんがどうしてもうちの店に入りたいっていうなら止めないけど、
 昨日みたいに対応するのは難しいし、特別扱いできないよ?
 僕が席をはずしている時、ひとりで大丈夫っていうならいいけど、
 たぶん無理だよね?』

上目使いで俺の顔色をうかがいながら小さく首を縦に振った。

『お店が24時までだから、そのあとなら時間を作れると思う。
 たぶんアフターもないと思うし。
 それまでどこかでひとりで待っていられる?』

大きな目を潤ませながら「待ってます」と小さな声で返事をした。
なんとなく歩さんの話の内容は想像できるけれど、
この場で「はい、そうですか」と言っていいものじゃない。

『じゃぁ、携帯の番号教えてもらえる?終わったら連絡するから』

その言葉に顔を赤らめ、カバンの中から手帳を取り出し、
番号を書いたメモを渡してくれた。

『この界隈はほとんど飲み屋だから、あまりうろつかないこと。
 さっきみたいに声かけられるから。わかった?』

「はい」

『じゃぁ、5時間後に』

番号の書かれたメモをポケットにしまい、店の中に戻った。

1時間くらい相手にすれば歩さんも満足してくれるだろうし、
それ以上は丁寧にお断りすればいい。
歩さんの中にある感情を本人はどう認識しているか分からないが、
刷り込みに近いようなものだろうから、時間が立てば俺への感情も薄れていくだろう。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:36 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

なんていうのでしょうね。
有利くんって……

人とはあまり深くかかわりになりたくないと思っているようなのに、彼の持つ優しさゆえについつい関わってしまい、疲れてしまう。

そんな解釈でいいのでしょうか。

あ、連日のように失礼します。
たこ焼きネタがあったので出てきてしまいました。
「かぜの子チェーン」……知りませんねぇ。大阪にもあるのでしょうか?

私は大阪で有名な店のたこ焼きはあまりおいしいと思わないのです。
中身もしっかり焼いてあって、全体にしっかり堅めのたこ焼きが好きです。

京都で食べたたこ焼きにおいしいのがありましたよ。
あと、明石名物明石焼き。
明石焼きってごぞんじですか? 卵の多いやわらかなたこ焼きで、おだしで食べます。これは特別。
それから、我が家の近くにも好きなタイプのたこ焼きがあります。

我が家の近くにはたくさんたこ焼き屋がありますが、ある駅のあっちとこっちにもたこ焼き屋さんがあって、あっちは大人気、こっちはなぜか売れていない。
その、こっちのほうが好きです。

たぶん私のたこ焼きの好みは古くて、今どきじゃないんでしょうね。

2015.03.02(Mon) 00:20 | URL | あかね|編集

あかねさま
やっぱり宮城限定のたこ焼き屋さんなのでしょうか……。
おいしいのに。

明石焼きは一度だけ食べたことがあります。
ふわふわで、出汁がとってもおいしくて、ぺろりと食べてしまいました。
でもほとんど見かけないんですよね、明石焼きって。
また食べたいなぁ。

たこ焼き屋さんがたくさんあるって羨ましいです。
「今日はこっち、今度はあっち」っていう風に食べ比べが出来そう。
仙台は銀だこが有名ですが、それ以外はかぜの子チェーンしか知りません。
あとは「?初めて聞いた」という感じのお店で、
正直なところ、また食べたいとは思わないことが多いです。

銀だこのカリッとした感じのは、炭酸ジュースと一緒に食べたくなるのですが、
かぜの子チェーンのふわふわのは、お茶と一緒に食べるとおいしいです。

大阪のたこ焼き……想像しただけでよだれが出てきます。
お好み焼きもおいしそう。
粉物がたくさんあるって、最高ですね。


有利はたこ焼きが似合わないなぁ……想像してみたら変でした。
食べ物が似合わないと言うか、ドリンクだけでお腹満たしてる感じが……。
器用ではなく相手との距離感をつかめずに疲れてしまうタイプで、
踏み込まれると断れない人です。
優柔不断にも見えますね。
でもここはそれが有利のいいところだと思ってください!

いつもありがとうございます。

2015.03.06(Fri) 00:54 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/672-f6b12f23

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア