僕の一日 81

スナックやバー、高級クラブがひしめき合う歓楽街を歩いていると、
自然と別の自分が顔を出す。
心の中がスーッと冷めていって、「あくまで仕事」と冷静に判断できるようになる。
そのせいか雑貨屋で働いているときのように、ちょっとしたミスでへこんだり、
突発的なことに慌てたりすることもない。
携帯を破壊された時ですら、「あぁ、買い直すの面倒くさいなぁ」と思ったぐらいだった。
これが普段だったら軽くパニックになっただろう。

「有利さん、お疲れ様です」

勤めているお店が入っているビルの狭い階段を上ろうとしたところに、
後ろから声をかけられた。

『斯波くん。お疲れ様、学校は?』

「今日は3時で終わりだったんで」

『そっか、じゃぁ今日もなにかあったらよろしくお願いします』

「はい。わかってます」

内勤の斯波くんには色々お世話になっている。

大学生である彼と出会ったのは7月。
電車の中で具合が悪くて倒れそうになっていたところを、
俺が助けたのがきっかけだった。

その日は雑貨屋の仕事もホストの仕事も休みで、
体調も良かったので精神科に行って薬をもらった後、
映画でも見に行こうと考えていた。
満員電車の中、運よく座ることが出来ていた俺の目の前に立ち、
真っ白な顔でつり革につかまっていたのが彼、斯波隆之だった。

乗って間もなく目を閉じ苦しそうな顔をし始めたため、
席を譲ろうと立ち上がると、突然俺の方に倒れ込んできた。
「大丈夫です」と言いながらも足元がふらつかせているのを見て、
放っておくわけにもいかず次の駅で一緒に降りた。

落ち着く間だけそばにいるつもりが、
急に眠りに落ちた彼のそばを離れるのも気が引けて、
2時間近く立ちっ放しで待った。
座って待っていたら自分も寝てしまう気がして立っていたが、
30度を軽く超える蒸し暑さに今度は自分がやられてしまい、
彼を連れて駅構内にあるコーヒーショップでひと休みした。

彼とはそのまま店内で別れたのだが、お礼がしたいと走って追いかけてきてくれた。
けれど病院の午前の受付時間が迫っていたため、あとで連絡してくださいと、
仕事用の携帯番号を教える。

家に帰って仕事用の携帯を開けると、彼からメールが来ていた。
「今日のお礼になにかおごります」という内容に、「それじゃぁ飲みますか」と返事をし、
数日後、居酒屋で再会した。

あまりお酒は得意じゃないけれど、暑い日のビールは美味しい。
俺は一杯だけ飲んであとはソフトドリンクを飲みながら、
彼の他愛もない話に耳を傾けた。
どことなく影のある雰囲気と周囲に馴染もうとしないところがが自分と似ている気がして、
不思議と一緒にいるのが心地よく感じ、その後も連絡を取り合った。

ある日「割のいいバイト探してるんですけど、何か知らないですか?」
という彼に、そのとき募集をしていたホストクラブの内勤の仕事を話した。
俺がホストクラブで働いていることにかなり驚いていたが、
「でも納得できる」と笑った。
店の方に連絡を入れるとすぐに面接をするから連れてきてほしいと言われたので、
そのまま1時間かけて店まで行った。

翌日より彼は「貴紘」という源氏名でホストクラブの内勤として働きだす。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 02:24 │Comments4 | Trackbacks0編集

コメント

風俗で働く人間は、これは仕事、と割り切ることが大切なのかもしれないと、有利くんのモノローグを読んでいて思いました。

ハルさんはBLのほうへはストーリィを進めないんですよね? つい、有利くんに魅力的な男性が近づいてくると変な想像をしてしまう私です。

私はむしろ、なんで恋愛って異性同士がするって決まってるの? と疑問に思ってしまう体質でして(^-^;

大阪ではすこしあたたかい日になりますと、たまに外で猫が見られるようになりました。
私は一年で冬がいちばん好き。
なぜなら、今年はまだだいぶあると思えるから、なんですね。

春になるとじきに梅雨、夏となって、梅雨も夏も大嫌い。
早く秋になってほしい……だけど、秋になると一年がじきにおしまいになってしまう。

というわけで春も嫌いですが、わ、前置き長すぎ。すみません。

つまり、春は嫌いだけど、猫が出てくるようになったら嬉しいな、なのでした。
こういう感覚は温暖な大阪に住んでいるからってのもあるのかもしれませんね。

2015.02.27(Fri) 15:23 | URL | あかね|編集

この前にコメントした分、「不正」だそうです。
ビーエルとか書いたせいかなぁ?
なぜだかよくわからないのですが、もしかしたら迷惑コメントに入っているかもしれません。

お手数ですが見てみて下さいね。

2015.02.27(Fri) 15:25 | URL | あかね|編集

あかねさま
なにが引っかかったんでしょうか?風○?
ホストはいいのに……なぜでしょう。

話をそっち方向に書く予定はいまのところないですね。
ネタとしては出てくると思いますが、
なんでしょう、どう書いていいか分からない、というのが本音です。


仮に友達がそうだったとしても構いませんし、
だからって何が変わるわけでもなく、人それぞれだと思っています。
同性婚が可能になれば、もっと自由な恋愛が出来るのに、
同性のカップルの部屋探しは難しいと聞いて、何が問題なのか?と思ったりします。
友達同士なら良くてカップルならダメって、変ですよね。


私は季節でいうと秋がいいかなぁ。
春は桜もあるし、あったかくなる感覚は好きですけど、花粉症が(涙
梅雨と夏は大の苦手です。
この季節は神経痛に悩まされるし、
強い日差しに皮膚が赤くなるので、本当にダメです。
布団を干せるところは好きですけど。

冬は寒がりなので苦手です。
ただコタツでぬくぬくするのは最高です。あと温泉。

という感じで消去法で秋が好きと言う感じです。
あ、お芋が大好きです。


大阪の人に聞きたかったのですが、
「かぜの子チェーン」というたこ焼き屋を知っていますか?
調べると仙台の地名ばかりあがってくるので、
もしかしたら宮城限定のたこ焼き屋なのかもしれないですが、
「銀だこ」とは違いふわふわとろとろといった感じでとてもおいしいです。
銀だこの表面のカリっとしたのも好きですが、
かぜの子のふわふわもとってもおいしいです。

でも実際、元祖たこ焼きの大阪の人から見て、
どっちが王道なのでしょうか?
好みはあると思うのですが、
あかねさんはカリカリとふわふわ、どちらが好きですか?

2015.02.28(Sat) 01:49 | URL | ハル|編集

あかねさま
いつもありがとうございます。

まったく、なにがいけないんですかね?
承認したら大丈夫でした。

2015.02.28(Sat) 01:51 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/671-8b23ddf2

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア