僕の一日 78

忘年会というにはにはまだ早い11月中旬に行われた飲み会。
ただでさえ毎日仕事は山積みなのに、
クリスマスという大イベントと年明けの福袋&初売りの準備に忙殺される12月は、
スタッフみんなで飲み会をする時間をとれるはずもない。
年始は初売りさえ終われば一段落するが、
すぐにやってくるバレンタインにむけて準備で大忙しとなる上、
バックルームに無理矢理詰め込んだクリスマスの残骸の片づけもしなければいけない。

そんなこんなで毎年忘年会は11月中に行われる。

「あの日は酒飲むからって店長も斉藤さんも電車で来てたんですよ。
 なんで車ないからタクシーで送ってくってなったんですけど、
 店長も詳しい住所は覚えてなくて。
 で、石川さんが場所わかるからって、
 斉藤さんと石川さんでタクシーに乗せて連れてったはずですよ」 

何も知らない様子で奥村くんが答えた。

あの日、俺が倒れて目が覚めるまで傍らにいてくれた彼女と、
明け方に電話したにもかかわらず、怒らずに出てくれた彼は嘘をついていた。

一言だって斉藤さんが彼女と一緒に送ってくれたなんて言わなかった。
ふたりの口からはあくまでも彼女がひとりで送ったということしか聞いていない。

倒れた俺を誰が送ったかなんて、隠す必要はどこにもない。
仮にふたりが一緒にタクシーに乗って帰ったとしても、なにもおかしいことはない。

なのに。
どうして。

「どうしたんッスか?なんかあったとか?」

『あ、いや、ううん。なんでもない。
 急に思い出して色々迷惑かけたなーって』

「心配しすぎッス。俺だってベロベロになって送ってもらったりしてますよ。
 よくあることだし、気にしなくて大丈夫ですよ」

『うん……そうだね』


その夜、彼女に短いメールを送った。
体調は大丈夫ですか?と。
いつもはすぐに返してくれる彼女だったが、この日はいつまで経っても来なかった。
具合が悪いのだから仕方ないと、単純に考えていたが、
返信がなかった本当の理由を知るのは、しばらく経ってからのこととなる。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:54 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

男女合わせて何人もで飲み会をし、私はけっこう酔ったのですが、誰も送ってくれなかった若き日を思い出しました。

いいもーん、ひとりで帰れるもーん、とか言ってましたね。

ハルさんはお酒は飲まれるんでしたっけ?
私は寄る年波で、年々弱くなっています。

前の猫は布団に入れてやるとおとなしくしていたのでよかったのですが、今のくぅは出たり入ったりしてこっちが寝られないので、人間が寝ているところには入れてません。

時々寂しくなるらしくて、みゅーみゅー言いに来ますが。

寂しいといえば、お正月に二日間留守番させたときには、帰ると玄関の中でみゅーみゅー鳴いてました。

それから、昨日、動物番組を見ていたのですね。
それは若い豹の成長物語で、野生の獣たちの鳴き声がいっぱい。
ふと気づくとうちのくぅが、私の膝に乗っかって、顔を私の服の中に突っ込んでいじけてました。

野生動物の声が怖かったようですが、ああやって頼られることはめったにないので、可愛かったです。

2015.01.20(Tue) 01:18 | URL | あかね|編集

あかねさま
いつもありがとうございます!

お酒は飲めないんです。
唯一、缶チューハイならコップ1杯ぐらいなら飲んだことがあるんですが、
それ以外のものは口をつけただけで「う、マズっ」となります。
甘酒すらダメです。
アルコールが駄目なんですね。

なので飲み会というのは会社絡みでしか行ったことがないのですが、
行けばだいたい入口のとこに座って片付けや注文係をしてました。
みんなが怖いくらいザルでして……。
しょっぱなから「芋焼酎!!」と言った若い女性スタッフが忘れられません。
みんなガバガバ飲んでギャハハハハとなっていますが、
帰るころにはそれなりにちゃんとしてる人が多かったですね。
酔いが酷い人は、車で来てウーロン茶で我慢してた人が送って行ったり。


母に
「布団に入ってきたり突然出て行ったりで眠れないっていう記事を読んだけど、
実際どうなの?」と、
猫のポジション取りについて聞くと、

「だいたい大人しくしてるし、寝返りうっても勝手に避ける。
 うるさくしたり、もぞもぞすると布団からつまみ出されるとわかってるから静か。
 寝返りして間違って蹴ったりしたときに 噛んだり引っかいたりしたら、
 叩いてつまみ出してた。それを繰り返すと静かになる」

と、問答無用の答えが返ってきました。

さすが、猫と共に育ってきた人は違うと思いました。

「ただ私の時代には腹を出して寝たり、
 体育座りする猫はいなかった。あれはなんだ?」

と、野性を失った現代の猫たちがよくわからないよう(笑


もう、みゅーみゅー鳴かれたらたまりません。
多分うるさいとわかっていても布団に入れちゃかもしれません。
くぅちゃん可愛すぎ。

2015.01.21(Wed) 18:27 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/668-9fdcb576

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア