スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日 77

店が混み始めた夕方4時半過ぎに、店長が出張から帰ってきて、
「長い間ごめんなー。
 色々と話はあるんだけど、5時からの店長会議に出なきゃいけないんだよ。
 そのあと新商品の仕入れ先の人と会わなきゃいけないから、
 今日は戻って来れないかもしれない。ホントごめん!」
と言いながらたくさんのお土産をバックルームに置いて、
忙しそうに会議室に向かった。

この日も斉藤さんは閉店間近までいつものように仕事をこなしていた。

閉店5分前。
レジで売り上げチェックをしていると、
斉藤さんがバックルームからカバンを片手にジャケットを羽織りながら出てきた。

「ごめん、俺先に帰るね。
 レジ締め終わったら、残ってる商品の加工と返品作業頼むね。
 全部終わらなくても時間になったら帰っていいから」

『分かりました。やっておきます』

軽く頭を下げた。

「了解っす。お疲れ様です」

元気な声で返事をしながらワゴンに布をかけていく奥村くんに向かって、
斉藤さんが「おー、お疲れー」と手を振った。

「有利くん、明日早番の出社お願いできるかな?
 石川から連絡がないんだよね。たぶん明日はダメだと思うから。
 俺と有利くんでオープンさせて、店長と相沢が午後番って感じで回す予定。
 時間になったら仕事が途中でも帰っていいから」

『はい。わかりました』

「じゃぁ、あとヨロシクね」

『お疲れ様です』

「お疲れ様」

いつもと同じように帰っていく斉藤さんを見つめながら、
連絡がないという彼女のことを考えた。
いつもは休む時、必ずお店に連絡をよこすのに…今日は…。
大丈夫だろうか。

詳しい住所もしらない、部屋に行ったところで俺ができることはない。
というか、女性の一人暮らしの部屋に彼氏でもない男が入っていくのはどうかと。
あ、でも斉藤さん、今日部屋に行くって……。
いや、斉藤さんは店長の代わりで行くわけで、俺だって毎日来てもらったし、
おまけに車で病院まで連れて行ってもらったし、
それに具合悪い人にそんなことする人じゃないし。

“ヤルことヤった人?一桁じゃないよね”

『・・・・・・・・・・』

まさか斉藤さんが無理矢理そんなことするわけない。

・・・・・・・・・・合意だったら?

いやいやいや、ないないない。
仕事休んでる人相手に、そんな弱ってるところにつけ込むような人じゃない。
そうだ、きっと病院に連れて行くんだ。
せいぜい具合悪い彼女を背負っていくぐらいで。
背負って……。

そういえば飲み会で俺が熱を出して倒れたとき、
誰も俺の住所がわからないからタクシーを拾って彼女が部屋まで運んだと、
斉藤さんは言っていたし、彼女も運ぶのが大変だったと言っていたけど、
意識が飛んでいた俺を彼女ひとりで2階の部屋までどうやって運んだのだろう。

“さすがの私も180センチの男を背負って病院つてれいくなんてできなからね”

170センチ以上ある相沢さんが俺を背負うのは無理だと言うなら、
160センチもない彼女が俺を抱えてどうやってマンションの階段を上ったのだろう。

「有利さん、なに百面相してるんすか?
 閉店のチャイム鳴りましたよ」

『え?』

コインカウンターにお金を入れていた手はいつしか頭を押さえ、
眉間にしわを寄せぽっかり口を開けていた自分に気づく。

『あ、ごめん!聞こえなかった!いますぐ点検して精算する!』

「大丈夫っすか?俺やりましょうか?」

『ごめんごめん、合わなかったときお願いできるかな?
 その間は商品加工か返品作業頼んでいい?』

「了解。じゃ、返品します!」

パソコンから返品リストを印刷し、
棚の下にストックしてある段ボールを組み立て始めた奥村くんの背に声をかける。

『あのさ、飲み会で俺が倒れた時、部屋まで送ってくれたのって誰だったっけ?』

「え?飲み会のとき?」

視線を上に向けて少し考えたあと、「ああ、あのとき」と頷きながら答えてくれた。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:00 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

ハリソン・フォードの映画で、彼が酔った女性をかついで部屋に送り届けるシーンがありました。
ハリソンさんは大きくて、女性はわりと小柄でしたが、重い!! うー、くそっ!! と怒ってましたよ。

逆だと無理ですよね。
猫でも重い。

このお正月はちょこっと猫にも会いました。
なぜか黒いのばかりで、写真にちゃんと写らない。
猫にしてみれば保護色でいいんでしょうけど。

冬、寒いのは嫌いじゃないけど、洗濯ものが乾きにくいのと、外に出ている猫が少ないのは困ったものです。

2015.01.08(Thu) 10:18 | URL | あかね|編集

あかねさま
漫画のように女性をひょいと持ち上げるのは、やっぱり大変なことなんですよね。
お姫様抱っこにあこがれはありませんが、
おんぶされるのが大好きな子供でした。
ホッとするのは、やはり親の背中だからでしょうか。

猫は飼い主の布団の中でもそもそとポジション取りをするため、
飼い主はなかなか眠れなかったり、落ち着いたと思ったら突然勢いよく飛び出したりすると、
ネコあるあるで読みました。
想像するだけでニヤニヤしてしまいます。
かわいいですね、飼いたくてたまらない。。

我が家の洗濯物はひたすらヒーターの前で乾かします。
結構風が強いので、薄手のモノはすぐに乾きます。

猫がいたら洗濯物なんか関係なく、真ん中を陣取って動かなそうです(笑
そして畳んだ洗濯物の上で寝る。
カワイイ、たまらなくかわいい……。

先日行ったペットショップにタヌキのような顔をした猫がいまして、
「たぬこだ!ほんとのたぬこだ!!」と心の中で叫んでしまいました。
ヒマラヤンだったのですが、なんというか模様が完全にたぬきで、
まぬけな顔をした子でした。
それがまた可愛いんですよね。

なんだか猫話ばかり。
すみません、猫エネルギーが足りないこの頃です。
やっぱり外を歩く猫が少ないからでしょうか。
早く猫が出てくる季節になってほしいです。

2015.01.12(Mon) 01:17 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/667-934cacc3

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。