僕の一日 76

店の入り口近くにある棚で品出しをしていると、
相沢さんが休憩から帰ってくるよりも早く奥村くんが来た。
何かあるとすぐに来てくれる奥村くんは、ここのバイトを一度も休んだことがなく、
本人も「元気が取り柄。マジで身体は丈夫ッス」と言っている。
誰かがダウンして人数が足りないときは、代わりに働くことが多いのも奥村くんだ。
ただし大学が終わってからになるので、今日のように必ずしも早く入れるわけではない。

「おはよーございます。
 あ!有利さん!久しぶりじゃないですか!?
 飲み会以来ですよね?」

屈託のない笑顔を向けられ、自然と笑顔になる。

『おはよう。長い間ごめんね。
いっぱい迷惑かけたよね?学校大丈夫だった?』

「俺は大丈夫っす!
 17時からとか無理のない範囲で入ってたんで」 

俺が休んでいる間は学生バイトの奥村くんと志季さんのふたりが、
代わりに早く入ってくれている日があったと思っていたのだけれど。
 
『え…と、店長出張中だよね?俺の代わりって……』

「俺ら学生バイトはいつもと同じでほとんど夕方からで、
 あとは斉藤さんたちで回してたんすよ。
 斉藤さんは毎日フルで、相沢さんと石川さんはたまにフルで出社だったみたいです。
 あ、でも客が少ないと帰ってたかな?斉藤さんは」

『そっか……』

斉藤さんは俺が休んでる間毎日フルで働いた上に、
お弁当を買って俺の家に様子を見に来ていたとうことになる。
病院にも連れて行ってもらったし……。
本当に斉藤さんには感謝している。しているけれど。

店長の代わりとはいえ、ここまで世話をする必要が斉藤さんにあるのだろうか。

「大丈夫っすよ。気にしなくても。
 誰だって具合悪くするし、長引くときもあるじゃないですか。
 ほかに誰か休んだときに有利さん代わりに出勤してくれたりするのと同じです」

『うん。ありがとう』

「んじゃ、タイムカード押してきますね」

そう言うと元気よくバックルームに入って行った。
元気で笑顔の絶えない大学生の彼の近くにいると、
朗らかで優しい空気が伝わってきて、こっちまで元気になる。

『あんな風に笑えたらなぁ……』

「どんな風に?」

耳元でささやかれて「うわっ!」と叫んでしまった。
休憩から戻ってきた相沢さんが背後にぴったりとはりついていた。

『あ、相沢さん…ビックリした……』

「どう?体調は。ぶっ倒れたりしないでよ?
 今日は男二人いるからいいけど、
 さすがの私も180センチの男を背負って病院つてれ行くなんてできなからね」

『あー、今のでかなり心臓が……』

「よし、元気そうでなにより!」

ばくばくと鳴っている胸に手をあて、
「ホントびっくりした」と言う俺のどの辺が元気そうなのか分からないが、
「うんうん」と頷きながら奥村くんと同じように元気よくバックルームに入って行った。
奥村くんと相沢さんは似ているかもしれない。
いつも元気で明るいところとか。

根暗な自分ですら、隣にいると笑顔になれる。

そうやって傍にいるだけで人の気持ちを変える人は本当にすごいと思う。
俺には出来ない。
むしろ俺の隣にいると、暗い空気がうつってしまいそうな気すらする。

“ってか、ちょっと影がある!”

昨日俺を犬に例えた女性客はそう言っていたけれど、落ち着いていて物静かな人、
という事ではなく、性格や全体的な雰囲気が暗いという意味だろう。
自分の思考が健康的でないのは分かっているし。

オーラがある人になりたいわけじゃないけど、
そばにいる人が元気になれるような、そんな雰囲気を出せる人になりたい。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 02:07 │Comments4 | Trackbacks0編集

コメント

斎藤さんって謎の人物ですよね。
彼はいったいなにを考えているのか?
有利くんに下心……だとわかりやすいのですが……え? わかりやすくないかな、男同士ですものね。
ハルさんは男同士の恋愛については、どんな感じですか? ご自分では書かれませんか?

相沢さんの場合は、ある種の若い女性にはありがちな、ストレートに感情をあらわすのが恥ずかしいのかな、有利くんを意識しているからなのかな、と勝手に考えてますが、そんなに単純なものではないのかな?

昨日、我が家の近くの駐車場近くの、猫がたくさーんいる家の奥さんが、そのおうちのベランダから下を見て、こらっ、早く帰っておいで、と怒っていました。

誰に言っているのかと思ったら、二匹の猫。
うーうー唸り合っていましたから、喧嘩していたのかもしれません。
日の暮れるのが早い冬の日の陰のほうで、黒っぼい猫が二匹、つかず離れずうーうー言い合っている。
お互いに意識が向かってて、私が近寄っても逃げませんでした。

あ、そうそう、それとね。
最近、猫の写真にRPGみたいに、あなたはどう行動する? というのをつけるのが流行ってるんですってね。

とあるところに、にげる、たたかう、まほう……なんていうコマンドがいくつか並んでいましたので、「にげられる」と私がコメントしたら、けっこう受けてました(^o^)

2014.12.27(Sat) 23:49 | URL | あかね|編集

あかねさま
いつもありがとうございます。

BLは読まないですね。
人気があるのは知っているのですが、うーん、普通の恋愛モノがいいです。
ただ中村春菊さんは知っています。
とっても有名で大人気なんですよね。
前に働いていたところで中学~高校ぐらいの女の子から結構聞かれて、
調べているうちに覚えてしまいました。
絵も軽くて見やすいので、こう、なんというかドロドロっとした感じが少ないのかな?
なんて思っています。
映画もやっていた気がします。


ネコのコマンド!最高にカワイイです!
たたかう、にしたら、猫パンチが飛んできそう(笑

先日、賃貸アパートの縁の下を出入りしている猫がいまして、
覗いていたら子猫が2匹隠れていました。
アパートに住みつくなんて珍しいなぁと思っていたら、
踊り場のところに水とエサがありました。
大家さんが許可しているのでしょうか?
触りたくて近づこうと思ったら、ものすごい顔をして逃げて行きました……。


斉藤さんはこの話1番の謎人間です。
主人公より細かい設定になっています。
ですが、いたってノーマルな人です。
相沢さんはとってもストレートな人で、
ウジウジしないタイプです。
その辺のひ弱な男より、よっぽど頼りになる人です。
話に絡んでくるのはもう少し後になってからになります。


早いもので今年も終わりですね。
更新は遅いですが来年もやっていきますので、
よろしくお願いします。

2014.12.31(Wed) 01:01 | URL | ハル|編集

今夜はご挨拶だけ。

今年もお世話になりました。
来年もなにとぞよろしくお願いします。

よいお年を~♪

2014.12.31(Wed) 01:14 | URL | あかね|編集

あかねさま
あけましておめでとうございます。

31日に食べ過ぎて、お腹がぱんぱんの状態で年越しでした。
1日朝にはつきたてのお餅を食べてさらにぱんぱん。

大阪の方はどんなお餅をたべるのでしょうか?
うちは、くるみ、納豆、砂糖醤油、えび、しょうが、あんこ、が食卓に並びました。
おいしかったです。


去年は大変お世話になりました。
特に暴走した猫の話に付き合っていただきまして、ありがとうございました。
今年は去年にも増して、猫を愛していきたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

2015.01.01(Thu) 23:50 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/666-d669a3a1

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア