僕の一日 75

時計は13時20分をさしている。
いつもの電車に乗り、いつも通りの時間にバイト先の雑貨屋に向かう。

平日のお昼時はあまり客はいない。
うちの店に限らず、このビルに入っている店はだいたいそうだと思うが、
夕方から夜にかけて混んでくる。
学校帰りの学生や仕事帰りの人が多いのだ。
レジカンターでは斉藤さんと相沢さんが商品加工をしていた。

「あ、おはよう」

斉藤さんに続いて相沢さんが元気な声で、
「おはようさん!調子悪いなら無理しちゃ駄目だよー」
と声をかけてくれた。

『おはようございます。大丈夫です』

ふたりに挨拶をしながらレジカウンターの後ろにあるバックルームのドアを開けて入っていくと、
斉藤さんも一緒に入って来た。

「今日石川休みだから、俺がこのままレジに入るから」

『え?』

ドアを開けたまま斉藤さんが言葉を続けた。

「なんか調子悪いって今朝電話あって。
 15時には奥村が来てくれるから問題ないよ」

スタッフの数は店長の千葉修平、社員の斉藤葵と相沢遥、
バイトの石川美里と俺に加え、大学生バイトの奥村優、志季香苗の計7人。
基本的に学生のふたりは授業が終わってからになるため、
17時や18時からの出勤がほとんどある。
奥村くんが15時から入れるというのはとても助かることだけれど…。

『調子悪いって……』

「うん。なんかね、起きられないって」

『……もしかして昨日のことが……』

「考えすぎだよ」

そう斉藤さんは言ってくれたが、自分が具合悪いときに色々面倒みてもらってたりしたし、
体力的にも精神的にも負担をかけていたのは事実なわけで。

「とりあえず今日、仕事終わったら部屋に行ってみるよ。
 石川のことだから食べ物はあると思うんだけど、
 近所に病院がないし最寄駅も遠いからその辺がちょっと気になるから」

『……』

彼女が暮らしているマンションの場所を斉藤さんは知っているのだろうか。
履歴書を見れば分かるんだろうけど、
普段は店長しか開けられない鍵のかかった机の引き出しに入っている。

「それと明日なんだけど石川が早番なんだよね。
 どうなるかわかんないけど、もし休んだら有利くん出られる?
 ほかのスタッフみんなダメでさ」

『あ、えーと16時ぐらいまでなら……』

「そっか、わかった。その時は連絡するから」

そういうとドアを閉めレジカウンターへと戻って行った。

斉藤さんは彼女の部屋に行ったことがあるのだろうか?
それとも今日が初めて?
いまは彼女いないって言ってたよね?

閉められたドアを呆然と見つめたまま、頭の中で勝手な想像をして、
勝手に混乱する自分に気づいたのは相沢さんが勢いよくドアを開けてからだった。

「うおっ!なにしたのジャケット着たままで!
 出てこないからどうしたのかと思えば!具合悪いの?」

『いえ、すみません、ぼけーっとしてました』

「大丈夫?ほらタイムカード押した?」

ドアのすぐ横にあるタイムカードラックの中から俺のを引っ張り出して、
「押してないじゃん!」と言いながら、
そのままタイムレコーダーの中に差し込んでくれた。
あと2分で遅刻になってしまうところだった。

「ホントに調子悪いなら少し休む?
 奥村くんが来てから休憩に出てもいいし」

『大丈夫です。すぐ出ます』

「わかった。じゃぁ調子悪くなったらすぐに言うんだよ」

『はい』

俺の返事を聞くと「よし!」と言ってドアをバタンと閉めた。
気を遣わせてしまったらしい。

両手で軽く頬を叩き、深く呼吸をする。

意識を切り替えないとミスをしてしまう。
彼女のことは仕事が終わってからだ。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:24 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

久しぶりに斎藤さん、登場ですね。
つまり、有利くんの「今」に戻ったわけですよね。今、でいいんですよね?

前に斎藤さんが出てくるパートを読ませてもらっていたときに、俳優の斎藤工くんの話題、出てましたね。
あのころはまだそれほど売れてなかったけど、最近、かなりの勢いで。
セクシーな俳優だなんて言われてますね。

役者さんなんてものは、ほんの短い間に入れ替わるんだなぁ。

さすがに12月はふらふら出歩いている時間がなくて、猫と遭遇することが減っていて寂しいです。
先日は近所の家の猫を見かけたので写真を撮ろうとしたら、スマホを出してる間に逃げられました。
がっかりです。

2014.12.13(Sat) 01:44 | URL | あかね|編集

あかねさま
急激に寒くなり布団から出るのが辛くなりました。

有利の毛布1枚布団1枚でソファに寝るというのは、
この季節つらいなぁ、なんて湯たんぽを抱きながら考えたり。。
有利の今は幸せとは言い難い状況で、
話を考えながら不憫だ(涙)といつも思っています。

斉藤工さん、大忙しみたいですね。
あのエロい感じがいいのでしょうか。

寒くなったせいか、猫を見かける機会もガクンと減ってしまい、
心の癒しが足りない状態です。
ネットで猫の画像や動画を見るのが日課なわけですが、
やっぱり生で見たいです、直に見たいです。
そしてもふもふしたです。ほんとに。

たぶん、半年以上、猫触ってないです……涙が出そうです。

2014.12.15(Mon) 03:16 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/665-2811c2d1

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア