僕の一日 72

歩さんたちを外まで見送ったあと足取り重くVIPルームに向かう。
店が閉店したあとに食事だから、部屋に戻るのは明け方になる。
明日は遅番だから4時間ぐらいなら眠れるだろう。

VIPルームの扉を開けると不機嫌そうに彼女が座っていた。

「もう~、どこに行ってたの?」

『すみません、あとは大丈夫なので』

「ホントに?やったー」

嬉しそうに抱き着いてきた彼女をソファーに座らせ、シャンパンをグラスに注いだ。

『何がいいか決まりましたか?』

「なんでもいいならホテルがいいー!」

『いや、だからそれは無理です』

「……他のお客とも一切しないんだ」

『はい、しません』

きっぱりと否定する。

「ふーん……じゃあ近くの居酒屋でいいや!」

疑うような目を一瞬向けたが、パッと明るい顔をみせた。

『わかりました。予約入れておきますね』

店から近くの居酒屋に予約の電話を入れつつ空になったグラスを手に、
バーカウンターへ向かった。

『いま時間大丈夫だったらホットミルク作ってもらえるかな?』

カウンターでバーテンダーの役を一手に引き受けている片桐潤にお願いする。

「大丈夫ですけど、京子さんからオーダーが入ったんですか?」

『いや、飲むのは僕です』

流し台においてあるスポンジに洗剤をつけ、持ってきたグラスを洗いながら答えた。

「え?どうしたんですか?」

『ちょっと胃が……』

カウンター内にある冷蔵庫から牛乳を取り出し火にかけながら、
心配そうな顔をした片桐に気づき、言葉を続けた。

『いっぱい飲まなきゃいけないかもしれないから、最初に牛乳で温めてからと思って』

「無理しないでくださいね。体調悪くて休んでたんですから」

『うん。ありがとう』

「えー、直哉くん休んでたの?」

少し離れたところから、低くかすれたの女性の声がした。
声がした方に目を向けると、客のひとがグラスを持ってカウンターの席に腰かけた。
金髪のロングヘアーを指に絡ませ、
つけまつげをバサバサさせながら上目づかいで俺の顔をのぞき込んだ。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:43 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

先日書きました、猫番組はCSです。
たぶん「世界猫あるき」というタイトルだと思います。
ネットにこの番組が取り上げられていて、猫にもファンが多いとか。
猫が出てくると同族の猫も気になるんですよね。

あと、サザエさんのタマ。
うちの猫はタマの声に反応しますが、よーく考えてみたらあれは人間の声のような。
人間が上手に猫の声を真似すると、うちの猫は反応するみたいです。

以下は今回のコメントです。

最近の若い男性は草食系だとか、もっと行くと絶食系だとかになるそうですが、そっちのほう(FC2のコメントでは拒絶されるほうです)だけはしたいのが普通なんですかね。

おじさんはまずまちがいなく、据え膳食わぬは……なんて言いますけどね。

こうして女性に誘われて、あとくされないんだったら行っちゃう、という男性が大半なのかな。
そういう方面はやはり、男と女はかなりちがってますよね。

2014.10.04(Sat) 18:32 | URL | あかね|編集

あかねさま
いつもありがとうございます。

Youtubeで探したら、ありました!
しかもその番組を見る猫の動画がいくつかアップされていました。
猫の番組に食いつく猫……かわいすぎます。
「猫のためのテレビ」というDVDがあって、
結構売れていたので「猫ってそんなにテレビ見るかな?見ないよな」なんて思っていたのですが……。

猫と一緒にテレビを見たり、一緒に寝たりしてみたい、触りたい!!抱っこしたい!!!
と常々思っているので、猫を見かけると追いかけてしまうのですぐに逃げられてしまうんですよね。。。

ちなみに私は猫じゃなくヤギ(羊)の鳴き声が得意で、
友達にも「スゴイ!」と言われます(笑
最近は日本エレキテル連合のあけみちゃんではなく、細貝さんの方も得意です。



絶食系……日本の未来はどうなるのか……。
イメージはまさに後腐れなければ、バクッといっちゃいましょ!なんですけどね。

先日さんまさんが司会の番組に森山直太朗が出ていて、
さんまさんの知り合いの女の子が直太朗とデートをしたのに、なにもなかった!と言う話をしていました。
どうやら直太朗はデートのつもりはなく、
その相手が誰なのかすら最初は分からず……。
一緒に食事をして「さぁ、これから!」と女性のほうは思っていたそうなのですが、
「それじゃぁ」と、直太朗はそそくさと帰って行ったそうです。
草食なのか、タイプじゃなかったのか、それとも別のなにかがあるのか……。
あっちの人じゃないかと疑惑があるだけに、気になります。。

2014.10.05(Sun) 16:11 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/662-e1eb0946

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア