スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日 69

翌日、朝食を済ませたあとすぐに病院での手続きと支払いを終え、
アパートに戻り部屋の片づけを始めた。

スーパーから段ボールをいくつかもらって、適当に服を詰め込む。
もともと荷物は少ない。
布団とわずかな食器と服と家電製品と。

ワンルームの古びたアパートに特に愛着はない。
近所の不動産屋ですぐに別の部屋を探した。
仕方なかったこととはいえ、井浦さんに保険証を見られ本名や生年月日、住所を知られてしまった。
それらを他の人にばらしたりするような人じゃないと思うが、
知られてしまった以上、このままいることは出来ない。

他の客に住んでいる場所を知られて何度か押しかけられたことがあるし、
引っ越すいい機会だ。

今度はホストクラブから少し遠い場所に住もう。
通うのは大変かもしれないけれど、仕事とプライベートの切り替えを、
もっとうまくできるかもしれない。

その日のうちに見つけたのは8畳1Kのマンションの2階。
以前住んでいたところより3万円程、家賃の高い部屋。
これといって特別なものがあるわけでもない、普通の一人暮らし用のマンション。
けれど1年半前なら到底借りられなかった家賃75000円の部屋は綺麗で、わずかに心が躍った。

退院から3日後には引っ越しをしてアパートを引き払い、住所変更などの手続きを済ませ、
ホストクラブにもその旨を伝えた。

その2日後に井浦さんが店に来た。

「大丈夫?」

『はい、もう平気です。色々と迷惑かけてすみませんでした』

「あのね、私……」

『井浦さん、忘れてください。
 ただ体調が悪かった、それだけです。
 あのとき僕が言ったことも全部なかったことにしてください』

「でも……」

『すみません、ちょっと席はずします』

急に襲ってくる吐き気に慌ててトイレに向かう。
胃の中にあったものを全部吐き出したあと、口をゆすいだ。


もうだめだ。

やめよう。

こんなのは。

体調を整えてもう一度最初からだ。

今日までの1年半はなかったことにしよう。

新しいところで最初から始めよう。

まだ19歳だ。

もっと頑張れる。

もっと働かなくては。

せめて弟が自立するまでは。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:27 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

猫サイト見てきました。

うちの猫の場合、怖いもの、嫌いなものがいくつかありまして。

一位 掃除機
どこの猫も犬も掃除機は嫌いらしいですけど、たまに、吸ってもらうのが好きな変態もいるとか。
うちの猫はまず「ふわぁーっ!!」ってのはやらないのですが、掃除機にだけやります。

二位 ドライヤー
私が猫を抱え上げたときに誰かがドライヤーを向けたものだから、思い切りうしろ足でひっかかれたことがあります。

三位 男のくしゃみ
うるさいものは嫌いな猫は、派手な「はーっくしょんっ!!」も嫌悪していますね。

まあ、普通なんですけど。
昨日は私の濡れたシャツをお風呂場に干していたら、怖くて近づけなかった模様です。
得体のしれない大きなものも怖いみたいですね。

というような、猫あるあるはたくさんあります。

のっけから小説に関係ないネタでごめんなさい。
有利くんにはいつも、なんだかこう、深遠な孤独ってものを感じますね。
自ら選んで孤独のほう、孤独のほうへと進もうとしている。

私もひとりは好きだけど、時として人恋しくなります。
有利くんだってちょっとは人と関わろうとして、そして後悔するのかな。哀しいですね。

2014.08.29(Fri) 10:43 | URL | あかね|編集

あかねさま
猫あるある最高です!
おばあちゃんの家にいただけで、一緒に寝たこともないし、
逃げないでいてくれた猫をなでなでしていたぐらいなので、
一緒に暮らしているからこそわかる、猫あるあるを聞くのはとても楽しいです。

掃除機に舌をべろーんべろーんと吸ってもらって喜んでいる猫を見た時には、
「変態。。。」と思いましたが、普通は嫌がりますよね。

小説の感想もうれしいですが、猫のお話もとっても嬉しいです。
もっと色んなお話を聞きたいです。


有利くんの性格はいろいろあって暗くなってしまったのですが、
原因となる部分が出てくるのは少し先の予定です。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

本当にいつもありがとうございます。

2014.08.30(Sat) 01:05 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/659-3f8898ed

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。