僕の一日 66

俺は正直に話した。

自分の周りにある色んなものの空気を自分に取り込んで消化するということ。
気をつけていないと無意識のうちに近くにいる人に共感して、
受け入れてしまった空気に酔ってしまい、具合が悪くなるときがあることを。

「人酔い」ならば経験があるひとも多いはずだが、
それとはまた違うもので、上手く説明できないけれど、
周囲の空気が自分の中に入ってくる感じが心に大きな負担をかけているのだ。
知っている人ならともかく、ただそこに居合わせた人の空気や表情、
耳に入ってくる雑然としたたくさんの音や人の声ですら、
そのまま取り込んでしまい、処理しきれずどんどん溜まっていく。

神経を張りつめたり、イヤホンをして好きな音楽を流すことで軽減も出来るが、
その効果もわずかで、視界から入る情報を遮断することはできない。

そのほかに人の空気が身体の中に入ってくるのと同じく、音となって聞こえることもあるし、
ハッキリと目に見えるわけではないけれど、人の色を感じることもある。
音と言っても耳鳴りに近いもので、大きい音じゃなければそんなに苦しくないが、
耳をつんざくような音が突然聞こえるときもある。

小さい頃からずっとそれが普通だと思っていたし、誰かに話そうと思ったこともなかった。
そうやってみんな生きていると思っていたから。

高校生になって、それらが以前よりも辛く感じるようになり、
対処法があればとネットで調べたとき、初めて現実を知った。

俺のような症状はなにひとつ載っていなかった。

誰もそんなこと感じていないし、聞こえたり見えたりしないという事。
きっと実の親ですら。

超能力者や霊能者と言われる人たちが、視えたり聞こえたりすることはあるが、
そういうことでもない。

なんて言ったら伝わるのか……。


自分はどこかおかしいのだろうか。

みんなはそうやって普段の生活を送ってはいない。

本当は幼いころから精神的に病んでいて、
周囲は俺がおかしいことを知っているが、それを隠して接しているのだろうか。

いや、そんなこと、あるわけない。
おかしかったら病院へ連れて行かれるはずだ。


周りは俺が感じているものを感じていないし、
俺が感じていることに気づいていない。

だったらこのまま黙っていよう。
変な人と思われたくない。


そう。
何も言わなければ、きっと大丈夫だ。

そうやって自分の中に押し込めはじめてから、
以前よりも敏感に感じるようになっていった。




にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 04:39 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

みんなそうして生きているのだと思っていたことが、みんなはそうじゃなくて自分だけだった。
中二病とかいうのがあるそうですが、有利くんの場合は真実、そうなんですよね。
若者がそれを知ったときにはさぞかしショックだったでしょう。
若くなくなってからのほうが意外と、私って特別な人間なんだ、とか考えられて、内心まんざらでもなかったりして……という人もいるかもしれませんね。

有利くんにも一種の絶対音感のようなものがあるのかな。
ハルさんも音にはたいへんに鋭い感覚を持ってらっしゃるんですよね。
これって自分にそういう感覚がないと想像してもわかりづらいものなので、ハルさん独特の世界観の基になっているのかなと思います。

運動会、ほんと、いやでしたよねぇ。
子どものころの自分がものすごく運動会嫌いだったので(高校生になると演劇部の仮装行列など、楽しい出し物もありましたが)、身内の運動会すら嫌いで見に行きたくなかったものでした。

2014.07.15(Tue) 11:08 | URL | あかね|編集

あかねさま
私がずっと当たり前だと思っていたことは、「水族館は怖いところ」ということです。
以前もお話したかもしれませんが、
お寿司屋さんの入り口にあるような水槽や蓮が浮かぶ池、
濁っている海などがとても怖いです。
高いところに立って足がすくむような、そんな恐怖感に襲われます。

しかし一度だって水で嫌な思いをしたことはなく、プールも好きでした。
ちなみに沖縄のように綺麗な海は平気です。

高校を卒業するぐらいまで、
「みんな水族館は怖いと感じている」と思っていました(笑
ペットショップの熱帯魚コーナーは、怖くて近寄れません。。

有利くんは音にとても敏感だし、
普通なら聞こえないような音が聞こえますが、
音楽はいたって普通で、音感もみんなと同じという設定です。

私は小さい頃から耳鳴りがしていて、
今でもずっと鳴りっぱなしですし、時々大きくなったりしまが、
通院したり薬を飲んだりするほど酷くなくて、
寝るときに自分の耳鳴りがうるさくて気になる程度。
テレビをつけていれば聞こえません。
聴力も普通ですし、耳鳴りがひどくて聴力を調べた時、
医者に「問題なく十分聞こえてるよ。以前が聞こえすぎてたくらい」と言われる程です。

有利はそれをもっと別な、特殊なものとして生まれ持ったということになっています。
主人公なのにちょっと大変ですが、少しずつ受け入れてくれればと思っています。

2014.07.18(Fri) 00:52 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/656-bf458387

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア