スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日 62

店のを出ると大きい呼吸を数回して胸をなで下ろし、ホッとした表情を歩さんがみせた。

『少し歩きますか?』

「え?」

『店の前だとホスト達が出入りするので嫌かなと思って』

「あ、はい」

『じゃぁ行きますか』

「はい」

『俺から離れないでくださいね。 
 この辺はホストが多いので、すぐに声をかけられてしまうから』

「わかりました」


わずかに表情を強張らせた。
そんなに苦手なんて、何があったのだろう。


『大丈夫です。僕の隣にいれば声はかけられませんよ』

「はい」

すこしうつむいて俺の隣に立った姿を確認して、ゆっくりと歩き出した。


「カッコイイ」と言われるが、「男らしい」意味合いで言われてはいないんだと思う。
客に「キレイ」「カワイイ」とかいろいろ言われているのを思えば、
男らしさが足りないから近づきやすいのかもしれない。
あんまり喜ばしいことじゃないが、こうして俺だからどうにかできることがあるのはうれしいこと。
単純に楽しませるだけがホストじゃないと思いたいし、
お金だけが客を繋ぎとめるものだと思いたくない。

『はぁ……ダメですね僕は』

自分の中でホストという仕事はお金を稼ぐ手段としか考えていないのに、
こんなときばっかり自分に都合よく考えを変えるところがいやらしい。

「え?」

言葉の意を理解しかねた様子で歩さんが首を傾げた。

『こんなことになってすみませんでした』

考えていたこととは全く違うことを言った。

「そんな!私は……」

『そうだ、最近ペットボトルの紅茶の新商品が出たの知ってますか?』

続ける言葉を探しているところに、まったく関係のない質問投げかけた。
助け舟を出したわけじゃない。
自分自身がこの話題から逃げたかっただけ。

「そうなんですか?知らないです」

『ミルクティーなんですけど、おいしいんですよ。
 近くのコンビニに売ってるので買いに行きましょう』

「はい」

いつだって自分の考えは自分に都合の良いものだ。
こんなんじゃいけないとわかっているのに、それを変えられない。
誰だってそういう部分で苦しむんだろう。
自分だけじゃない。


にほんブログ村 小説ブログへ

スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:43 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

そういえばハルさんは、「音」「声」に対する感覚が鋭くていらっしゃるんですよね。
男性の声も高めがお好きでしたっけ?

私はポップスやロックだと男性のハスキーヴォイスが好きです。
スティング、ロッド・スチュアート、ブライアン・アダムスのハスキーマントリオのコラボ曲がありまして、あれは5770最高です。
低くて優しい声なんかも好きですね。

以前は男性のハイトーンは嫌いだったのですが、最近は高い声もいいもんだと思えるようになりました。
ただ、高い声にも低い声にも好みがあって、誰かさんの低い声は面白味がないとか、誰かさんの魅惑のレディキラーヴォイスは気持ち悪いとか、鼻にかかった高い声は嫌いだとか、いろいろケチをつけてます。

有利くんは(あ、名前の漢字、まちがえてません?)低くて優しい声で、ゆったり穏やかに喋るんじゃないかと想像しています。

「男らしくない俺だからこそ、女性に対してできることがある」
このフレーズ、いいですね。

なんか今日のコメントはいつも以上に余談ばっかりで、すみません。。。

2014.05.04(Sun) 12:04 | URL | あかね|編集

あかねさま
いつもありがとうございます!

有利で合ってます!
実際にはない名字なので「ゆり」で変換しても出てこないので、
「ゆうり」で入れるのですが、そのせいか「ゆうり」と読むようになってしまい、
下の名前が「ゆうり」みたいな感覚に陥るときがあります。。。

あかねさんのおっしゃる通り、有利はゆったりと穏やかに話すという設定です。
そういう人に会うと、「あぁ、いいなぁ」って思うので、
ならば主人公はそういう人に!という思いからできた設定です。

バリトンのように響く声も嫌いではないのですが、
あまり低いとなんとなく不安な感じがしてしまう時があるので、
どちらかと言えば普通~高めの方が好きです。
ジェットストリームの城達也の声なんかがそうですね。
いい声なのは分かるのですが、なぜか少しだけ怖く感じてしまいます。
響くからでしょうか?

実は私、水槽が苦手で水族館はお化け屋敷よりも怖い場所なのですが、
何故怖いのか、自分でもわからないのです。
水で嫌な思いをしたこともないし、泳げないわけでもないのです。
魚屋さんにある小さい水槽やいけすはもちろん、洞窟の中にあるような綺麗な湖もダメなんです。
そういう意味の分からない恐怖感を低い声に感じているのかもしれません。
とはいうものの、例外もあって山路徹の声は平気なんです。
不思議ですね。

2014.05.07(Wed) 03:39 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/652-bd28e031

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。