僕の一日 61

男性恐怖症の人に会ったことはないが、人が苦手という女性に会ったことがある。
性別問わず突然話しかけられたり、目を見られたりするのを怖がる人だった。
優しい声でゆっくりと話さなければ、会話もままならなかった。
程度の差こそあれそういう人たちは、ハキハキと勢いのある大きな声は苦手なはずだ。
京子さんが来て俺が席を離れなきゃならなくなったら、大変なことになりそうな気がした。

この店では初回の場合その日出勤している全員があいさつするのが決まりになっている。
そんなこときっと知らずに来たのだろう。

指名が入っていない客のところには、次々とホストが来る。
ここで気に入ってもらえれば次に来たときに指名される確率が高くなる。
本指名されればその客の担当となり、来店のたびに指名料が入るようになる。
ホストにとって大事なところだ。

ビールを持ってテーブルに戻ろうとすると、
そこにはが美貴さんと歩さんを挟むように二人のホストが座っていた。
美貴さんにつかまってビクビクしている歩さんの手を、
隣に座っていたホストが躊躇なくつかんだ。

『すみません、手を放してもらえますか?』

急いでテーブルに戻り、歩さんの手をつかんでいるホストに言う。
見たことのない顔だ。二人とも新入りらしい。


「大丈夫ッスよ。オレが……」

『いいから放してくださいください』


強い口調で言葉をかぶせた。
わずかに歩さんの肩が揺れ、言われたホストも少し驚いた様子で手を離した。

「別に、オレは……」

『歩さん?大丈夫ですか?』

うつむいたまま首を横に振る歩さんを見て、心の中で舌打ちをした。
席を離れるんじゃなかった。
「男嫌いなのにホストクラブに来たのが悪い」と言ってしまえばそれまでだが、
あくまでもお客様なのだ。

『すみませんが、席を外してもらえますか?』

「え?どういうことッスか?客独り占めするんスか?」


客の前でなんてことを言うんだろう。
こういうタイプの勘違いしているホストがいるから面倒なことになるんだ。
教育が足りないとかそういう次元の話じゃない。

『そうじゃな……』

「席を外せふたりとも」

言葉を遮るように鋭い声が飛んできた。
振り返ると腕組みをしてひとりのホストが立っていた。

「リョ、リョウさん!!」

新米のホスト二人が慌てて立ち上がって頭を下げた。

「直哉さん、すみませんでした。ふたりにはちゃんと言っておきますんで」

二人を他のテーブルへ行くように指示した。

「お客様。大変失礼致しました。
 誰も来させないようにしますので、どうぞゆっくりしていってください」

そう言うと元のテーブルへと戻って行った。

この店のNo.3の彼はリョウという。
肩まで伸びた金色の髪に指にはドクロの指輪。若い女性から人気が高い。
No.1になったこともある彼に言われれば新米の二人も状況を理解できずとも、
自分が居てはいけないことぐら気づくだろう。

『歩さん、大丈夫ですか?』

無言でうなずく歩さんの姿に胸が痛む。
隣には座らずに、床に膝をついて歩さんより低い位置から言葉を続けた。

『歩さん……すみません、僕のせいです』

「何言ってるんですか、直哉さんは何も悪くないですよ!」

返事をしない歩さんに代わって美貴さんが答えた。

『いえ、新人の教育も仕事なんです』

「え?そんなに年上なんですか?」

『そんなに年上じゃないですけど、さっきの二人より先輩なので……』

「いくつなんですか?」

『22歳です』

「若っ!!私たちとふたつしか違わないじゃないですか!」

『ホストって結構若いものですよ』

「ホストして長いんですか?」

『そうですね、すごく長いわけじゃないですけど短くもないです。
 あ、ちょっと待っててくださいね』


テーブルから少し離れたところで2人分のグラスを持つ内勤スタッフの貴紘の姿に気が付く。
「リョウさんからです」と手渡された。
グラスの中にはシャンパンが入っていた。
さすが、と言えばいいのか、気配りが出来ている。

『先ほどは大変失礼いたしました』

静かにグラスを二人の前に置いた。

「これは?」

『シャンパンです』

「でも高いんじゃ……」

『サービスなので大丈夫ですよ』

「ホントですか?ホラ、歩も飲もうよ」

俺と美貴さんとの会話を黙って聞いていた歩さんがようやく顔をあげた。
顔色がよくない。

『……歩さん、少しここから出ますか?
 僕が一緒なら外に出てもまた戻って来られますし、
 追加料金もかかりません。少し落ち着きましょう』

「じゃぁ、私ここで待ってるのでお願いしてもいいですか?
 歩、これも訓練のひとつと思って頑張れ!
 あ、シャンパン飲まないよね?もらっていい?」

嬉しそうな表情を浮かべている美貴さんに「うん、いいよ」と歩さんが言った。

『美貴さんにはほかのホストがつきますが大丈夫ですか?』

「はい、平気です」

『じゃぁ、行きましょう歩さん』


本来なら手を差し出すところも、歩さんの場合そうはいかない。
男嫌いな女性をエスコートするのはかなり難しい。
前を歩かせるわけにもいかず、後ろを振り返り確認しながらお店を出た。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:56 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

ホストって若いのもいれば、けっこう初老くらいの人もいるんだそうですね。
ダンディなおじさまが好きな女性もいますものね。
ハルさんはホストクラブで軽く遊ぶとしたら、どんな男性がいいですか?

あ、ハルさん、お酒が飲めないんですね。
私は若いときにはかなり強かったのですが、最近は弱くなって飲むと眠くなって、下手をすると気持ちが悪くなりますので、家でだけたまに飲みます。

お酒を飲んでいちばんよいことは、酔うと熟睡できるってことです。
普段は寝つきが悪いので、気持ちよーく眠れるのが嬉しくて、たまには飲みたくなります。
だからもちろん、お金のかかるところには絶対に行きません。ケチです(^o^)

2014.04.18(Fri) 18:33 | URL | あかね|編集

あかねさま
いつもありがとうございます!

私は声がイイ人がいいです。
どんなにカッコよくても声が微妙じゃがっかりしてしまうので。
それでいて落ち着いてて優しく笑う人がいいです。
理由としては自分がすぐにテンパってしまうので、
それをなだめてくれると助かる、というのと、
テンパってるところに冷たい言葉やキツイ口調で言われたりすると、
凹んでしまうので、基本優しくて穏やかな人が好きです。
最近加瀬亮の声と雰囲気が好きで、映画を観まくってマス!

かなり内に内にこもるタイプなので(要するにマイナス思考)、
つるの剛士みたい「なんとかなるさ~大丈夫~」ってニコニコしてる人はとても憧れます。
もちろん大丈夫というからには、なんとかするだけの力がある人じゃないとだめですけどね。
千原セイジのように、どこに行っても言葉が通じなくても誰とでも仲良くなれる人も憧れます。
乾くんやゆきちゃんが好きな理由がこのあたりからわかるかと思います。。

本当はよくないことなのかもしれませんが、
性別問わずその人の雰囲気や話し方で反射的に「この人はダメだ、苦手だ」って思うと、
用事がない限り近づこうとしません。
たまにあるんです、隣に居るだけで息が詰まりそうになってしまう、というのが。
電車やバスで偶然居合わせたり、お客さんだったりすると泣きそうになります。
いけませんよね、大人として……うぅぅぅ。
話してみたら本当はとってもいい人かもしれない、気が合うかもしれないって考えるようにしてるんですが、
駄目なんですよねー……人として問題かと思います、自分でも。。
相手だってそれを感じて距離をとったり、時には態度に出たりするんだって、
自分がいけないんだって言い聞かせるんですが、、、
いまだかつて反射的にダメだって思った人を、いい人じゃないか!って思ったことはありません・・・
逆ならいくらでもありますが・・・・・・・・

って、すっかり愚痴のようになってしまいました、スミマセン。

ホストクラブに行くなら、コロッケのディナーショーに行った方がずっと楽しい!と、
今日のモノマネを見て心から思った次第であります。

2014.04.23(Wed) 02:42 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/651-56499f70

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア