秋の一日 6

6

「もしもし?お姉ちゃん?」

「うん、どうしたの?」

携帯電話の向こう側から、いつも通りの声。
早番であれば13時30分頃から休憩だと知っていたので、
そこに合わせて電話をした。

「あのね、今日そっち泊まっていい?」

「うーん、今日は難しいかなー。
 スタッフがひとり休んじゃって代わりにフルで働くから、
 帰り遅くなっちゃうんだよね」

「そっか……」


フルで働いて疲れて帰って来るところに泊まりに行くのはちょっと気が引ける。
今日は諦めて家に帰ろう。


「なにかあったの?」

「ううん、なんでもないよ!」

「そう、なら良いんだけど」

「大丈夫!じゃぁ授業始まるから切るね」

「うん、なんかあったら連絡するんだよ」

「わかった。バイバイ」


通話の切れた携帯に目をやる。


明日電車に乗るの怖いな。
せめて一緒に電車に乗ってくれる人がいればいいんだけど。

こんなとき、彼氏がいたら。

携帯のアドレス帳を開き、さ行にカーソルを合わせる。

さ行の名字の知り合いは多いが、
「し」からはじまる名字は1件しか登録されていない。


もう別れたのに消せずにいるアドレス。
同じ大学だから偶然合うこともあるし会えば挨拶ぐらいはするけれど、
もう以前のように仲良く会話をすることもない。

未練があるわけじゃないけれど。

一度は好きになった人だから。

嫌いになったわけじゃないし。


でも引きずってたら次の出会いが来ないかもしれない。


……出会いはあった。今日。さっき。


あの人が助けてくれた駅であの時間に待っててみよう。
1ヶ月ねばって会えなかったら運命の人じゃなかったということで諦めよう。
心の奥底から湧いてくる意欲を胸に、午後の講義が行われる教室へ向かった。



にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 02:32 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

ここで「秋の一日」が一旦終了して、「僕の一日」にまたなっていくわけですね。
面白い構成ですよね。

頭がザルなので脇役なんかはじきに忘れてしまいますが、「秋の一日」の彼女は今後の展開にからんでくるのですよね。しっかり覚えておきます。

ところで、ハルさんでしたよね。
「はちみつとクローバ」オススメ下さったのは。
昨日、レンタルしてきましたので、読んだらまた感想を書きにきますね。

2014.02.11(Tue) 12:39 | URL | あかね|編集

あかねさま
おっしゃる通りでございます!
「秋の~」「夏の~」は読まなくても支障ないようになっているのですが、
読んだら繋がるようにしています。
いまも有利以外の視点からのお話を書きためているので、
タイミングをみてupしていきます。

里奈はガッツリと絡んできますので、楽しみにしていてください。

ハチミツとクローバー!!
たしか恋人、にするなら~結婚するなら~のような感じで書いた気がします。
読み終わった際には是非感想をお願いします!

2014.02.15(Sat) 02:17 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/647-ce3e05da

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア