秋の一日 3

3

私の頭の中はだいぶ混乱していたらしく、
変なことを言ったりおかしな行動をとっていたことに気づいたのは数分経ってからだった。
恥ずかしい。
痴漢に遭ってたところを見られただけでも恥ずかしいのに、
いまだって顔は真っ赤になってるはず。

隣に立つ恩人のを横目で見る


色素の薄いきれいな髪と白い肌。
細く通った鼻と二重の大きな瞳。
こんなきれいな顔を見たことがない。
きっとモテるだろうなぁ。
背も高いし。
雰囲気もカッコイイ。

「ところで仕事に行く途中じゃなかったんですか?」


急にこっちを見て質問してきた。
うわっ。
そんなきれいな顔で声かけられると緊張してしまう。


「あ、えっと、大学に行く途中で…」


私、なに考えてるんだろう。
痴漢から助けてくれた人を相手に。
自分の変わり身の早さに呆れてしまう。
さっきまで男が怖いって思ってたくせに……。


「そうですか。じゃぁ、あんまり遅刻は気にしなくても大丈夫ですよね」

「は、はい…」


それはそうだけど、あんまりゆっくりすると講義までに間に合わなくなる。
単位は大丈夫だけど、授業は休みたくない。

「このラッシュが少し落ち着いてから乗った方が良いと思いますよ」

「えっと…はい」


このラッシュっていつまで続くんだろう。
落ち着くの待ってたら講義が終わっちゃう。


「俺はココの駅なんですが、一緒に休みますか?
 怖いなら目的地まで一緒に乗っても構いませんが」

「…えっと その…」


もちろん一緒に乗ってくれたらそれはすごく嬉しいけど、
そんなこといま会ったばかりの人にお願いできない。


「駅は何処ですか?このラッシュはまだ続きますから、一緒に乗りますよ」

天からの言葉。

「ありがとうございます」


やっと「ありがとう」って言えた。
しかも一緒に電車に乗ってくれるなんて。
もしあの痴漢がいても大丈夫。
この人が助けてくれる。
もしかしたら、今後は手をだしてこなくなるかもしれない。

大丈夫になるかもしれない。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:54 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/644-3d5ee7d4

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア