僕の一日 53


小さく頷く斉藤さんを直視できなかった。

「気づいているならいいんだ。それで君がダメになってしまわないなら」

窓の外を眺めて少しだけ安心したような顔をした彼に問いかけた。

『いつから気づいていたんですか?』

視線だけを俺に向け、口元だけで笑ってみせた。


「彼女が君の弱さに気づいた時から」


それはいつを指すのだろう。


飲み会で俺を送ってくれたとき?
それとも……。

そもそも俺の弱さって、何?
何に気づいた?
単に精神的に弱いところ?

左腕に意識が向く。
彼は気づいているだろうか。
この服の下に、時計の下に、傷があることを。


知りたいこと、知られたくないことがありすぎて、
何を言ったらいいのかわからない。

優しく穏やかな顔で俺の言葉を待つ彼に、わずかな恐怖を感じた。


彼から見たら俺たちは小さな子供で、
親が子の考えていることや隠し事が分かるように、
すべてお見通しなのではないだろうか。


返す言葉を探していると、目の前に注文していた煮魚定食が運ばれてくる。

「さ、あったかいうちに食べよう」

重くなりかけた空気を一瞬で払いのけ、店員に「ありがとう」と笑顔を向けた。
顔を真っ赤にした店員が、嬉しそうにテーブルから離れていく。

『すごいですよね……』

「何が?」

感心して呟くと、煮魚をほぐしながら斉藤さんが聞き返してきた。

『いや……なんというか、笑顔の破壊力が……』

周囲に聞こえないようにごもごもと喋ると、プっと笑って「なんだそれは」と言った。

「あぁー、ごめんごめん、馬鹿にしてるんじゃなくて、君がそんなこというと説得力ないって意味。
 前に有利くんの部屋でご飯食べたとき、そういう話になったよね」

『そういえば……』

「そうそう。君も十分破壊力あるってこと」


ヤバイ。
否定しないであっさり認めてる。

カッコ良すぎる。
まったく嫌味がない。
どうやったらこんな風になれるんだろう。



にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:43 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/637-d82a2148

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア