僕の一日 49

モデルをしていたと聞いたが、実際のところはどうだったのだろうと思う。
モデルとはその顔に託けて、服や小物を魅せるのが仕事である。
しかしこれだけ顔に目がいってしまうとなると、身に着けている商品ではなく、
それをまとう人そのものが売り物になってしまう。
商品がマネキンに負けてしまうのだ。
作る側は複雑な気持ちになるに違いない。
そりゃぁカッコイイ人が着た服はそれなりに売れると思う。
ただ「それなり」では困るわけで、
そこを考えれば「モデル」として使うには、二の足を踏んでしまうところだろう。


「おでこは切れてないから大丈夫だとは思うんだけど、鼻は大丈夫かな?」

『平気です!俺がぼーっとしていたせいで、スミマセン』

「いや、俺の方がごめんなさい。以後、気をつけます」


手を合わせ「ごめんなさい」と謝る斉藤さんが、やけに可愛く見えた。


『そういえば、どこから入ってきたんですか?俺ら全然気づかなかったですよ?』

「ん?通路側から入ったんだよ。いつもは店長しか鍵持ってないんだけど、
 ホラ今は出張中だから俺が預かってるの」

そう言いながらポケットから鍵を出してみせてくれた。
形の違う鍵が3つ、一つのキーホルダーにつながれている。

『へぇー。そこのドア開くんですね』

さっきぶつかったドアの対角線上にある、もうひとつのドアに目をやる。

このバックルームにはドアが2つある。
ひとつはいつもみんなが使っている、店内に入りレジの後ろから入るドア。
もうひとつが店の外側、つまり客が通る通路側から直接バックルームに入るドアだ。
今まで通路側から入ったのを見たことがなかったし、
必ずレジの後ろを通るように言われていたため、
開かずの扉だと勝手に思い込んでいた。


「鍵を閉め忘れたり失くしたりすると大変だからって、
 基本的には店長も使わないようにしてるんだけど、
 今日はちょっと使ってみたくなって、こっちから入ってみたんだよね」

ポケットに鍵をしまいながら満足そうな声で答えた。


「そうだ、体調はどうかな?それも気になって来てみたんだけど」


散らかり放題の机の上を整理しながら、いつもより少し低い声で聞いてきた。


『もう大丈夫です。本当にありがとうございました』


深々と頭を下げると、「それなら良かった」と安堵の声で呟き、
メガネを机の上に置くと束ねていたゴムをとり、髪をほどいた。

「実を言うと、かなり心配したんだ。顔色も悪かったし、雰囲気もだいぶ落ちた感じがしていたし、
 なにより目つきが悪くなっていってたからね」

『・・・目つき?』

さっきまでの笑顔は消え、珍しく難しい顔になっていた。
慣れた手つきで髪をすき結び直す。

雰囲気が落ちた?
暗かったってことか?

「うん。そうだな。まえからだけど、ときどき覇気がなくなるていうのか、
 何にも映ってないような、ひどい目をしてるんだ」

胸を掴まれたような感覚に襲われ、急激に身体が重くなった。
指にさえ力が入らなくなっていく。
鼓動は勢いをあげ、呼吸が苦しくなっていくのが分った。

自分のことには何一つ気づかれないように笑って、
その場にあわせ間違いなく“出来ていた”つもりだった。
仕事以外でも誰かが隣にいるとき、誰かに見られているときには自分を演じていた。
誰にでも平等だと評された学生の頃のように。
ここにいる人たちはみんな敏感ですぐに気づいてしまいそうだから隠すのに色々苦労していた。
“隠していた”つもりだった。
でも。


「必死になにかを“隠して”いるようだけど、俺には我慢しているように見えていたよ」


眼鏡のレンズ越しでさえその目に宿る強さに後ずさりしてしまいそうになるのに、
なんのフィルターもなしに見つめられると、金縛りにあったように身動きが取れなくなる。


「言いたくなければ言わなくていい。ただそれで他人を傷つけてはいけないよ」



にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:35 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

モデル
ああ、そうか。
モデルって洋服に勝ってしまってはいけないですよね。
そういう意味では、あまりの美男美女はよくないのかも。

最近、かっこいい人、美男美女の代名詞のようにして「モデルのような」が使われるのに違和感があったのですよ。
そりゃあ、モデルは背が高くて細くて洋服が似合うけど、美女はめったにいないし、どこがそんなにいいの? とひがみも混じって思っていました。
そうかそうか、ハルさんが書かれたような理由で、モデルにはあまり美女がいないのかもしれませんね。
やっぱり女優のほうがレベルは上だと思うなぁ。

斎藤さん、鋭いんですね。
こういう人は魅力的で惹かれるけど、怖いかもしれません。

2013.09.09(Mon) 15:05 | URL | あかね|編集

あかねさま
富永愛をテレビで見かけるたび「カッコイイ…素敵すぎる」と呟いてます。
いまwikiで調べたらなんと9等身で股下92センチ!(身長179センチ)
スゴすぎる!そしてカッコイイ!
ウエスト61センチとは驚きです。58センチより細いと思っていました。
あ、叶姉妹のウエスト58と60センチだそうです。
ウソですね。ありえません。富永愛より細いというのか?どんだけ誤魔化してるんだ!

斉藤さんはとにかくモテるということになってます。
天は二物を与えた、とういことで。

……あぁっ!あかねさま!
どうしてそう、わかるんですか?!
なんだか斉藤さんの設定が全部もれているような気がしてなりません。
おっしゃる通り、斉藤は怖い、ということになってます。

2013.09.11(Wed) 23:27 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/633-8f71ff0b

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア