夏の一日 2

2

太陽が昇りジリジリと温度が上がりはじめる。
今日も猛暑日になるんだろう。
せみの声が耳につく。

シャワーを浴び、インスタントコーヒーを一杯だけ飲んで部屋を出る。



いつもの時間に、いつもの改札を通り、いつもの満員電車を待つ。


停車した車内にわれ先にと無理矢理入るサラリーマンたち。

すし詰め状態の車内。

自分の汗だけでも嫌なのに、そこに他人の肌が触れる。
べったりとした生ぬるい感触。



気持ち悪い。



暑さと苛立ち。


人の熱と感情。



みんな思っていることは同じで、みんなが疲れていた。


けれど現実は変わることなく。


それに耐える日々。




居心地の悪い車内が、みんなの感情に拍車をかけていた。

自分もそんな一人だった。


電車に乗り合わせる見知らぬ人たちにすら理由も無い憎しみを覚えて、
それを撒き散らしてはそんな自分に辟易した。



ああ。

全部なくなってしまえばいいのに。

疲れたんだ。


こんな毎日。


もう、たくさんだ。


ラクになりたい。



ラクに・・・・・・。



ガクンと足下が崩れた。
電車が急ブレーキをかけたのかと思った。
同時に視界がぐにゃりと曲がり、身体の力が抜けた。



「大丈夫ですか?」


揺れ続ける密閉した車内で、やわらかい空気を感じた。

一気に周辺の空気の濁りが消えた気がした。


消された気がした。



「あの、大丈夫ですか?」


また同じ声。


「あの・・・」


白く細い腕が倒れかけた身体を支えてくれていることに気づく。
我にかえって顔をあげると、心配そうにこちらを見つめる透き通った双眸があった。

鼻筋の通ったきれいな顔。
さっぱりと整えられた髪。
暑さを感じさせない白い肌。

こんなきれいな男の人、初めて見た気がする。


自分と同じくらいの歳だろうか。

「大丈夫です。すみません」

片手でメガネを掛け直す。
大丈夫と言いながら支えてくれている手を離せないでいる。

「顔色悪いですよ。次の駅で降りた方が・・・・・・」

「はい・・・・・・ありがとうございます」

「いえ、気にしないで下さい」


彼は優しく笑った。



にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 17:33 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

この主人公さんは女性でしょうか。繊細なひとなのでしょうから、満員電車で他人の汗ばんだ皮膚に触れるのが気持ち悪いって、そりゃそうでしょうね。

別に繊細ではない私も気持ち悪いです。

こんなふうにさりげなく、キャラがどういう人間なのかを描写するっていいですね。
まだ本編には出てきていないひとでしたっけ?
誰かなぁ。

2013.05.25(Sat) 00:49 | URL | あかね|編集

あかねさま
さぁ、どちらでしょう?(笑

次を読んでいただければわかると思います。
あの電車のなかで「ピトッ」と触るのいやですよね。。。
女の人ならいいですが、おっさんだったりすると「イラッ」としてしまいます。(世のおじさまがたスミマセン

暑くても猫ならいつでもベタベタしてほしいんですけどね。
こちらの思いは通じず、近所のノラ猫はいまだに触ることができません…さみしいです。

2013.05.27(Mon) 15:06 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/625-9e445e5c

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア