スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日  39

「ここってベランダあるよね?一本吸っていい?」

『はい、いいですよ。サンダルもあるんで』

「じゃあ失礼」

お弁当を食べ終わり、煙草をくわえてベランダへ出て行く後ろ姿に目をやる。
あんな風に自分のことも周りのことも、大きく捉えられる人が羨ましい。

『こんなかっこいい人、そうはいないよなぁ・・・』

ふぅ、とため息をついた。
余裕のある人間になりたいと思う。

「なに?」

携帯灰皿を手に部屋に戻ってくる。

『大人だなぁ、と』

「そうでもないよ。結構、この顔でごまかしてるよ」

『そういうところが真似できないんですよ』

「嫌味にとらない君も十分大人です」


笑いながら「座ってて」と言い、空になったお弁当の容器を手に台所へ向かう。
このあたり隙がない。

「そうだ。熱ってどのくらい?風邪薬飲んでるみたいだけど、
 あんまりそれ効果期待できないし、そもそも風邪かどうかもあやしいし」

『え?効かないんですかコレ』

「市販のはあんまりね。風邪そのものを治す薬って無いよ。
 風邪は大半がウイルス感染だから抗生物質も効かないし。
 あくまで本人の免疫次第だから」

『抗生物質?』

頭の上にクエスチョンマークが浮かぶ。

「うーんとね・・・ざっくり言うと、みんな市販の風邪薬飲んでるけど、あれはCMに騙されてるに近いと思う」

『そうなんですか?』

「うん。そうなんだね。まぁ・・・咳や熱がでたからって風邪薬を飲むのは間違いだと思うよ」

『詳しいですね』

「そうでもないよ。たぶんその熱も風邪じゃないと思う。
 市販の薬飲むなら病院に行ってちゃんと診てもらった方がいいよ」


沸かしなおしたやかんを持って部屋へ戻り、急須にお湯を注ぎながら言う。


「顔色もあんまりよくないし、1週間ぐらいは休んだほうがいいと、俺は思っているんだけどね」

『そんなに休めませんよ』

「でもねー。無理してひっくり返るよりいいと思うけどね」

飲み会のことを思い出し何も言えなくなってる姿を見て「ね?」と言って台所に戻り、

「石川サンの厚意のためにも、このまま休むことを勧めるよ」

と言って、コンロの前で立ち止まり、初めて会ったときに見惚れた、
あの滑らかな動きで鍋を指差した。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 23:29 │Comments4 | Trackbacks0編集

コメント

そう、なんていうか全体的に色が薄い感じだ
↑あああ、分かります~
そうそうそうっ
色彩が淡いんだよ。ごくボカした水彩画みたいに。
そして、ものすごぉく透明感がある!
そこが魅力です(キッパリ

fateは白痴的なちょっと知恵遅れっぽい子とか、アルビノとかがなんでか好きで、そういう子ばっかり描くけど、だからこそ、その対比として、相手は強烈なんだろうな。
だから、樹と優ちゃんは、fate worldの原型です。
で、アルビノは、sound horizonの唄の影響ですね。
永遠に求め続けた少女。
だけど、娘のために罪を犯し、その罪ゆえにコロされ、孤独な傷ついた人々を、闇に囚われた人々の魂を狩り集める永遠の囚人となった男。

ううむ。
サンホラの世界は狂気と病み(闇)の巣窟で、fateにはとてもオイシイ(^^;

しかし、ここは、美しい男の子と優しい女性がすごく柔らかい空間を作っていて、居心地が良い。
このトーンで流れる空気をいつまでも呼吸していたくなる。
麻薬のようだ。
いや、媚薬かなぁ???

2012.08.24(Fri) 14:05 | URL | fate|編集

fateさま
> 色彩が淡いんだよ。ごくボカした水彩画みたいに。
> そして、ものすごぉく透明感がある!
> そこが魅力です(キッパリ

いやぁぁ~そ、そうですかぁ~?照っ・
は、恥ずかしい...自分ではダメなところって思っているので。
こう、色濃く出したいです。
がんばります!


> fateは白痴的なちょっと知恵遅れっぽい子とか、アルビノとかがなんでか好きで、そういう子ばっかり描くけど、だからこそ、その対比として、相手は強烈なんだろうな。

そう!そうです!!
なんでこんなにインパクトあるのかなぁって思っていたんですが、ソレです!
正反対だからなおさら感じるんです。
そこがいいんですよね。。。ほうぅ。
はっきりっと分かれているところが好き。

むうぅぅ。優ちゃん・・・樹のそばを離れちゃいかんぞ!

2012.09.05(Wed) 23:22 | URL | ハル|編集

ご本人も言ってますね
そっちの人じゃないって。
斎藤さん、私も変な発想をしてごめんなさい。

ルックスのいい人って、私みたいな平凡ルックスの人間にはうかがい知れない苦悩があるんですよね。
想像だったらできますけど(男は私の顔やプロポーションしか見てない、もっと中身を見て、って美人はよく言いますね)、私なんかはひがみも入りますから(^^

斎藤さんは達観してるんでしょうか。
だとしたら、こういう人はやはり強いのですよね。

2013.03.02(Sat) 22:35 | URL | あかね|編集

あかねさま
確かに苦労するみたいですね。
男女問わず顔がイイと、それだけで騒がれちゃうし。
写真とか撮られたり、知らないい人に声かけられたり。
自分の理想が歩いてたりすると、つい目で追ってしまいます(笑

斉藤さんはいろいろ出来ちゃって、かつ見た目もイイという、
現実世界ではありえない設定にしてます。
こんなやついないだろ、なんて思ってたら桝太一アナを知り、
「結局天は二物も三物もあたえるんだな」と実感しました。

斉藤さん、桝アナに勝てるか?!

2013.03.05(Tue) 00:47 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/616-68544114

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。