僕の一日  36

横になってもあまり眠れず、うとうとの状態が続いた。
夕方になってやっと眠れるような感じになって、今日と同じへまはしないと、携帯のアラームをセットした。
これで寝たとしても、ちゃんと仕事前には起きることができる。

浅い眠りに入り、そのまま気持ちよく揺られていると、携帯が鳴った。
画面を見ると19時を過ぎていて、いつのまにか寝ていたことに気づく。

相手は斉藤さんだ。


『もしもし?お疲れ様です』

「お、大丈夫かな?そうでもないかな?」

『いえ、大丈夫です』

「そう?なら電話入れないと、心配するよ」

『え?』

「やっぱり。店長に電話入れてないでしょう」

『あれ?』


だって明日俺は遅番で、いまは間違いなく夜。
寝過ごしてはいない。


「大丈夫そうなとき、店長に電話入れてって言ったの、覚えてる?」

『…そうでしたっけ?』

「うん、そう。それよりいま起きられる?玄関開けて欲しいんだけどいいかな」

『玄関?』

「いま、部屋の前で電話してるんだけど」

『え?!』


玄関というからどこかと思えば、ドアの前で話している?
チャイム押してくれていいのに。

あわててドアを開けると、ビニール袋を片手に携帯を持つ斉藤さんがいた。


「大丈夫かな。心配で来てしまった。はい、お弁当。ちなみに店の近くのあのお弁当屋さんの」

『うわっ!斉藤さ・・・んっ』


差し出されたお弁当と笑顔に一歩引いてしまった。
この人の空気は、いつも強い。
気を抜くと持っていかれそうになる。

ただそこに居るだけで人の目を惹きつける力がある。

「どっちにとっていいか分からないリアクションだな…まぁ、少し良くなったみたいだけど」

『いや、そのすごく申し訳ないっていうか、ホントに迷惑ばかりかけて…』

「いいのいいの。みんな心配しているよ。だからゆっくり休んで」

『あ、また外で話しさせてる!入ってください』


その声と顔に加えて、あてられるには強すぎる空気に持っていかれかけた意識を引きずり戻す。
前も仕事帰りの彼女に立ち話をさせてしまった。
同じことを繰り返してどうする。


「え?いいの?具合大丈夫?」

『あ、大丈夫です。どうぞ』


彼女以外の誰かを部屋に入れることに、少しだけ抵抗を感じた。
今まで彼女以外の人を家に入れた記憶がほとんどない。

それでもこの人をこのまま帰すわけにもいかない。
わざわざ来てくれたんだ。


それに、彼女の何かを知っている。

“最近、無理してんのバレバレだからさ”

忘れられない、あの言葉。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 20:48 │Comments4 | Trackbacks0編集

コメント

彼女以外の誰かを部屋に入れることに、少しだけ抵抗を感じた
↑フフフフフ。
と、そんな気分さ。

‘彼女’って、彼女だよねぇ。
なんか、こういう少しずつ何かが形作られていく過程を見るのは良いものです。
fateのキャラはこらえ性がないんで(ーー;

最近、こういう清々しさに触れることが多くって、たまにはそういう純情ボーイを描いてみたい気分になりました。

2012.07.03(Tue) 08:12 | URL | fate|編集

fateさま
私は基本的に自分の部屋に誰もいれたくないですねぇぇぇ。。
なんて言ったらいいか、頭の中診られてるみたいで嫌なんです・・・
よく「変」とか言われます。

純情な子はよく出てくるけど、逆に樹っぽい人は書いたことないですね。
私には扱いが難しいかも・・・・だって、樹だし・・・・バラの花だし。
だからこそ、そういう人が出てくる話を読んでて楽しいんです。

2012.07.07(Sat) 00:56 | URL | ハル|編集

危険な香りも……
誰がって、斉藤さんがです。
いえ、そっちのほうではなくて、そっちのほうってのは男同士でどうたらこうたらではなくて。
なんというのかな、主人公くんのようにメンタルの弱い人間は、斉藤さんのように強いひとといるとむしろしんどいんじゃないかと。
よけいな心配もしてしまいます。

そういえば、現時点では「彼女」も強いですよね。
いろんな意味でスリリングな展開になってきていると思えます。

2013.02.13(Wed) 12:42 | URL | あかね|編集

そっちで……
それが心配だったのです!
そっちの話は出てこないです(笑
そっちにもっていかれたらどうしようかと思ってました。
斉藤さんぐらいになると、己の自信のみで生きていけそうです…羨ましい

あまり強い人が弱い人の近くにいるのってちょっとあやういなぁっと。
今のところ彼女は無害ということで。

なんか全部バレてる気がする 汗

2013.02.16(Sat) 13:54 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/613-ff150a6d

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア