僕の一日  26

大人しく寝る覚悟をした姿を見て、彼女が台所へ戻った。
なにを作っているのだろう?
材料なんて何一つないはずだけど。
台所に立つ彼女の姿を見ていたら、突然振り返り、

「始発の電車で乗って帰るから、あとはちゃんと休んでね」

と言って優しく笑った。

その言葉を聞いて胸が痛んだ。
帰って当然なんだけど、本当は。

『うん。分かった。ありがとう』

おとなしく休むことを表明すると、また何かを作り始めた。


小さい頃は熱をだすたび、母親がずっとそばで看病してくれた。
熱で辛いけれど、いつもより優しく色々と気にかけてくれる母がそばにいることが嬉しかった。
いつからそんな母をうっとうしいと思ったり、
わずらわしいと思ったりするようになったのだろう。

身体を起こし彼女の後姿を見つめる。
俺の母親でも恋人でもない彼女。
普通に毎日働いて、一人暮らしをしている。
こんなことをして、どれだけの負担がかかっているのだろう。
肉体的にも精神的にもキツイはずなのに、面倒そうな顔もしないで笑ってくれる。

あれ?

彼女がいる空間に安心してうとうととしていたところに、電話で交わされた言葉を思い出す。

“無理してんのバレバレだからさ”

そうだ。
無理をしていると言ったんだ。あの人が。
俺よりも1年長く彼女と一緒に働いている先輩。
なにか知っているような口振りだったけど・・・。

確かにこうやって色々と助けてもらっている分、彼女は負担になっている。
それは分かっているけれど、あの人が言いたかったのはそういうことじゃない気がする。
もっと別なことで、俺の知らないことで。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 16:39 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

おおおう、なんかもどかしいぜっ
無理してる?
そうかそうかそうか。
いや、fateには分からんが、でも、聞いてみようよ。
なんて?
いや、分からんけど(^^;

でも、母でも恋人でもないって…
う~ん、でもその両方でもあるんでは。
いろんな意味で。
母って、その人のその人たる核を形成する存在だし、恋人や友人って、延長線上を考えると同じ意味合いを持ってくるよね、きっと。人生のパートナーとか。共に歩む人とか。ええと、楽しみを分かち合っていく相手っていうか。

そういえば、あの二人って、優ちゃんと樹っすよね!
ありがとうございますっ!!!
ああああ、そうだそうだそうだ、進めてやらんと!
そうおっしゃってくださる方がいらっしゃると途端にはっとする!!!

今まで取りかかっていたのが終了したので、そろそろあの二人もどっかに落ちつかせてあげないとなぁ!

2012.02.29(Wed) 14:03 | URL | fate|編集

ぜひ是非、聞いてみてください!心の中で…
返事がくるかもしれません!

あの二人って、そうです、あのふたあり。
あそこで終わってはいけない気がする(勝手な意見)
まだまだ先があるハズ!!

楽しみに待っております!!

2012.03.05(Mon) 22:46 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/603-aee2ad10

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア