僕の一日  17


小さい頃から、人は他人の空気を自分の中に取り込んで生きるものだと思っていた。
すれ違う人たちも、ただ視界に入る人たちも風景や耳に入る音さえも。
空や風、太陽も光も全部。
自分の内に取り込み、消化するものだと思っていた。


けれどそれは違っていた。


そんな事をしているのは、そんな風に感じているのは、自分だけだった。


それを知ったとき、世界が変わった。
ただひとり、取り残されていく感覚に怯え、世界から目を閉じた。


それ以来、一切の捌け口を無くした。
幼い頃は無意識に出来ていたこと。
他人から取り込んだ空気の吐き出し方。
勝手に入ってくる空気の流し方。
落ちてきた空の戻し方。
音の拾い方。

すべて、出来なくなってしまった。
やりかたを忘れてしまった。

それ以来、溜め込み続ける日々が続き、限界を超えた。

入れ物からあふれ落ちた、たくさんのもの。
それをまた拾うことも出来ない。

要らないものが流れ出ることはなく、大事なものばかりが消えてゆく。
まだ自分の中で消化していないのに。

自分が流れ出ていくようだった。


そして突然、倒れた。



10代最後の夏だった。



それから病院に通う日々が始まる。
ただの過呼吸から、いつしか精神的なものをいろいろ患っていった。


今の時代、この程度、転がっているものなんだろう?


そう思って生きてきた。

でも。
自分が持っている感覚が相手に伝わったことは、一度もなかった。

だから自分を理解してもらおうと思わなくなった。



にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 02:14 │Comments4 | Trackbacks0編集

コメント

ため込むこと…
まさに現代社会の病。
負のスパイラル、という感じですか。

こういう人って優しいから他者の気を取りこんで、誠実だからきちんと消化しようとして、真面目だから、それが出来なくなった自分を許せないのだろう。

そうか、吐き出すことが出来ないから、容量いっぱいいっぱいになって溢れてしまったんだ。

きっと、いっぱいいっぱいの人ってたくさんいるのかも、と思う。

それを消化して昇華する術を、どうして人は失ってしまって、どうしてこんなに取り戻すのが難しくなったんだろう?

なんとなく、物語を描く意味が、(fareにとって)そういうことなのかな…としみじみいたしました。

2012.01.11(Wed) 14:54 | URL | fate|編集

ハルさん お久しぶり~
今年初めて 新年あけましておめでとう
今年もよろしくね 遅くなっちゃってごめん
また書き始めたんだねー安心しました
今度こそちょくちょく来ますから忘れないでね
風邪引いてない?
きちんと食べて寝てくださいよ。。

2012.01.11(Wed) 17:50 | URL | ちーねえ|編集

fateさま
現代病ですよね
目に見える傷なら誰にでも分かって対処もすぐにできるけれど、
こればっかりは、難しいところです。

分からないだけで、たくさんの人たちが辛い思いをいているんだろうって思います。

人は賢くなって色んな技術を得た分、大事なものを無くして来てしまいましたね。

2012.01.14(Sat) 23:24 | URL | ハル|編集

お姉さま
お久しぶりです!お姉さまー。

あけましておめでとうございます。
夏あたりから時間がとれるようになって、
ちまちまとやっております。

今年はすっかり寝正月でした・・・いかん自分。
風邪の気配などまったくなく、元気・食欲たっぷりです!
去年のように入院はいたしません!

2012.01.14(Sat) 23:27 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/594-8d06748f

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア