スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日  16

『はぁ・・・はぁ・・・』

治まらない呼吸を抑えながら、もう一度コップに水を入れる。
それを持ってソファーへと向かう。
テーブルの上に置いたままの薬を手にとり、水と一緒に流し込む。

溜め息混じりの呼吸をしながら、ソファーの上へ転がる。

あとは落ち着くのを待つだけ。

ただ待つだけ。

目を閉じ胸を押さえながら、ゆっくり呼吸しようと努力する。


もし、いま、彼女がいてくれたら、どれだけ、ラク、になれるんだろう?


そう思った頭を軽く振って、意識を立て直す。
バイトに行けば、彼女に会える。
そう思って、今をやり過ごす。

「大丈夫」と言った彼女の言葉を頭の中でリピートさせた。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 16:27 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

大丈夫。
fateも唱える。呪文のように。
自己暗示でもけっこう効きます。
何もしないよりは良いって程度だけど。
彼女がいてくれたら…
ああ、素敵です。
そうやって想像して心があったかくなる相手がいる。
それだけで、きっと生き易くなる。
そう、祈ります。

2012.01.09(Mon) 20:22 | URL | fate|編集

そう!
何もしないよりいいって感じ!
そうですよねぇ・・・・・・。
簡単な言葉でも繰り返すと効いてくる、と思う気がしてます。
好きな声だったら効果絶大かも。

2012.01.11(Wed) 02:11 | URL | ハル|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/593-c6528712

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。