僕の一日  6


今のバイト先に勤めだして2年になる。
街中のショッピングビルにある雑貨屋。
女の人が好きそうな小物から、男物の服やリングなど多数取り扱っている

あれは通常の出勤日に、月1回の早番掃除と間違って8時に出社した暑い夏の日だった。
2回しかやったことのない月1早番掃除に、まだ慣れていなかった俺は、
バタバタと階段を上って3階にある店へと急いでいた。
まだビル内のクーラーがほとんど起動していないようで、蒸されるような空気が充満していた。
真夏の真っ只中、なるべくなら走りたくないがそうも言っていられなかった。
勢いよく店のバックルームを開けると、少し驚いた顔で彼女がこちらを向いていた。
近付いて来る大きな足音で気付いていたらしい。

「おはよう。どうしたの?こんな早くに。
 まだ8時だよ。今日は9時半出社じゃないの?」


あれ?


『え・・・今日の早番掃除って俺じゃなくて?』

混乱気味に言ったら、彼女は小さく笑った。

「今日は私が早番掃除。あなたは普通出社。まだ寝てていいのに」

『・・・間違った?』

「うん。間違ったみたいだね」


間違った恥かしさでうつむいていて黙り込んでしまった俺に、
くすくすと笑いながら彼女が続けて言った。

「じゃぁ、せっかく早く出勤したんだから、手伝ってもらおうかな?」

そんな言葉でこの状況からあっさりと救ってくれた。

俺も笑いながら、『はい』と答えた。


そこに優しい声で一言付け加えられた。

「でも事務所の書類の整理とか、服の整頓とかぐらいでいいからね」


この店の「月1早番掃除」とは、通常毎日行う掃除とは別に、細かいところまで掃除する日のことをいう。
6人いるスタッフ全員が月1回は必ず通常勤務より1時間半早く出勤して、店の隅々まで丁寧に行う。
要領が悪いと時間内で終わらないのがこの「月1早番掃除」。
俺はどうもこれが苦手だった。

『え、でも水拭き掃除とか大変じゃぁ・・・』


書類を整理しながら言った。
そう言った自分が馬鹿だった。

「手が汚れるよ。あまり汚い手で傷口を触るものじゃないよ」

書類を持つ手が止まる。それがまずかった。
切り返すのに時間がかかってしまった。 

『・・・何を言ってるんですか?掃除で手が汚れて当たり前じゃないですか』

とっさの返事も墓穴を掘ることになる。

「手が汚れるのは構わないけど、その手で傷口を触ることを心配しているの」

『・・・・なんですか?傷口って』


冷や汗が流れる。 
軽く唇が震えた。
くるりと振り向き、歩み寄って来た彼女に迷いは無かった。
俺の左腕を掴んでつけていたリストバンドを静かに外した。
なぜか抵抗することができなかった。

一度、左腕に視線を落としたものの、すぐに俺を見た。
そして強くもなく、かといって優しすぎない口調で彼女が言った。


「これは何?どうしたの?包帯を巻くくらいの傷、どこでつけたの?」

『・・・・』

返す言葉さえ浮かばなかった。

「どんなに隠しても気付く人は気付くよ」

『・・・・』

「誰にも言うつもりもないよ。だからそんな顔しないで」

『・・・・え?』


動けなくなってしまった身体は、ただ彼女に左腕をつかまれたまま、
嘘の笑顔をつくることを覚えていたはずの顔からは、止まることなく涙が溢れていた。
硬直してしまった意識からはそれにすら気づけなかった。

彼女だけが冷静に、全てを見ていた。

ゆっくりと左腕から手を離すと、そのまま俺の頭をなでた。


「自分のペースでいいと思うよ。周りの事を気にしすぎないで。
 大丈夫。みんな気付いてないから。怖がらなくていいよ」

『・・・・はい』


彼女にだけ聞こえるような声で返事をして、その肩に顔をおとした。
黙って頭をなでてくれるその手は、小さくて優しかった。
彼女の肩はとても細く、少しでも力を入れたら折れてしまいそうだった。

俺の肩ぐらいしかないその小さな身体は、こんな俺を助けてくれるかもしれないと思った。

理解してくれるかもしれないと思った。


それから数日後、彼女に合鍵を渡した。
その日以来、玄関の内鍵はかけていない。



にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 16:13 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/583-3a74eac7

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア