僕の一日  2

カーテンの隙間から日差しがのびてくる。

ソファーに座り辺りを見わたして、ため息をついた。
せまい自分の部屋の掃除もまともに出来ていない。

洋服やら身体についた煙草の匂いは、部屋にも染みついている。
煙草は嫌いなのに。

仕事上、仕方のない事。

台所まで歩いて行き、水を飲む。
頭が割れるように痛い。

酒の飲みすぎか。

『まぁね』

1人つぶやいて、ソファーの上に戻ってテレビをつける。
平日毎日変わらずやっている朝の番組。

画面に映っているのは誰なんだろう。
きっと知名度は高いんだろうけど、名前は浮かんでこなかった。

どうでも良かった。

自分はまた、昨日と同じ日を繰り返す。
画面の中と何の関係もない。

テレビを消して、両耳を手で覆う

『今日は音が聴こえない』

体調は、昨日よりは良いかもしれない。
重い身体を引きずって、ベランダの方へ向かいカーテンを開けた。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 16:07 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harl.blog40.fc2.com/tb.php/579-94200424

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア