スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

冬の一日 8

8

「明日お互い休みだし、どこか遊びに行こうか」



斉藤さんのそんな一言からデートすることになった。
生まれてから20年、一度もお付き合いしたことのない私にとって初めてのデートだった。
いや、デートと言っていいかどうかわからない。
…でもここはデートということにしておこう。


デート当日、
おしゃべりをしながら目的もなくショッピングモール内を歩いているとき、
宝石店のショーウィンドウに飾られていたアクセサリーが目に入った。
シンプルな形のブルートパーズのピアス。

「きれー……」

「欲しい?買おうか?」

足を止めて見入る私にあっさりと、
お菓子でも買うように斉藤さんが言った。

「えぇ?!いいです!そんな!高いし、穴開いてないし!」

すごい勢いで首を振ると笑いながら、
「あとで開けてあげるよ」と、
そう言って私の手をひいてお店の中に入って行った。

突然握られた手に一気に体温が上がった。
気付いていない様子の斉藤さんは普通に店の奥に入って行く。

「そこにあるピアスを見せて欲しいんですが」

入ったことがない宝石店の高級感と握られている手にパニックになっていると、
特に緊張することもなくいつもの調子で斉藤さんが店員に話しかけた。

ネックレスやブレスレットは持っているけれど、
雑貨店やアクセサリーショップでしか買ったことがなくて、
本物の宝石を使ったものはひとつも持っていない。
数千円で買えるものだけ。


自分みたいな貧乏バイトのひとり暮らしには無縁な高級なお店。
女性店員は綺麗で品のある人ばかり。
地味でダサい私は場違いと思ってしまう。
私みたいなのはこんなところに居てはいけない、そう感じてしまう。
店員だって心の中ではそう思ってるじゃないかって、思ってしまう。

今こうして斉藤さんが手を繋いでいてくれている状態も、
周囲にはどう映っているんだろうって、考えてしまう。

「こちらですね」

テレビで見るような真っ白い手袋をした店員が、
ケースからピアスを出す。

「どう?」

私の鬱々とした脳内を知る由もない斉藤さんが笑顔で言う。

「あ、っとえーと……」

ピアス本体がどうかよりも値札の方に視線が言ってしまい、
斉藤さんの声も上の空。

小さな値札を見ると、\48000の文字。

反射的に首を振りながら「無理無理」と小声で言うのが精一杯だった。
斉藤さんの陰で高速で首を振る私を見た美人の店員が、
笑顔で「どうぞ、お座りください」と優しく促した。

瞬間的に「座ったら買わなきゃいけなくなる!」と思った私は、
「平気です!」となぜか断りの言葉を口にしていた。

「大丈夫だから、座ろう。ほら」

緊張のあまりテンパっている私を見て、
繋いでいた手を離して椅子をひいてくれた。

「は、はい……」

言われるがまま椅子に座り、再度ピアスに目を向ける。
ピアスが置かれたトレイの下のガラスケースの中には、
パッと見ただけでは0が何個ついてるのか分からない宝石がずらりと並んでいる。
ピアスに集中できない。

自分が居ていいお店じゃない。

店員が鏡を持ってきて「どうぞ合わせてみてください」と、
私にとっては難易度の高いことを勧めてきた。

「いえ、大丈夫です」

なにが大丈夫なのか意味の分からないことを口にすると、
斉藤さんがピアスを私の耳に当てにっこりと笑って言った。

「似合うよ」

反則的な笑顔だった。
美人の店員も見惚れたんじゃないかと思う。

「無理です!耳に4万8千円なんて怖くてつけられないです!
 落としたりしたらどうするんですか?!」

最後の抵抗をしたが、さすがは宝石店の店員さん。
私の言葉に笑顔で答えた。

「気づかないうちに落としたりしないように、
 つまみを引っ張らないとはずれないピアスキャッチがございますよ」

「……はい」

どうしたらこの場から逃れられるのか。
買わなくて済む方法はないか。
回らない頭で必死に考えていると、斉藤さんが店員に言った。

「これと同じ石でもう少し安いピアスてありますか?
 形も似たようなものでお願いしたいんですけど」

その言葉に店員が「こちらはどうでしょうか?」と、
少し離れたところか2つピアスを持って来た。
両方とも同じ透き通るような青い石を使ったピアス。

「どっちがいい?」

ピアスを見ながら呟く斉藤さんに、
また高速で首を振りながら「いいですいいです」と言った。

「まぁ、そう言わずに」

ひたすら遠慮する私に、
斉藤さんが2つとも手に取り私の耳に当てながら見比べ、
特に値段も気にせずに「じゃあこっち」と言ってひとつを店員に差し出した。

「え?!」

「あとさっきのピアスキャッチも一緒にお願いします」

「ちょっ、待っ……」

「大丈夫だよ」

慌てる私の肩にポンと手を乗せてニッコリ笑った。
その笑顔をみせられると何も言えない。

レジに商品を通した後、
私たちの前に戻ってきた店員が差し出した電卓には、
「23489」の文字。

二万三千四百八十九円。

「これで1回でお願いします」

斉藤さんは金額に驚くでもなく財布からクレジットカードを取り出して、
店員が持って来たカルトンに置いた。


もう、どうしようもない。


通し終えたクレジットカードとレシートを持って戻って来た店員が、
サインをお願いする姿をぼーっと見ながら、
最初のデートでこんな高価なものを買ってもらっていいのかと考えた。
そもそもまだ付き合っていないのに。

普通はこういうとき遊んで食事して終わりなんじゃないのかな。
こういうプレゼントって誕生日とかクリスマスとか、
特別な日だけなんじゃないのかな。
あくまでも付き合っている人にだけど。



滑らかに「Aoi Saito」とペンを走らせる斉藤さんを見て、
こんな周囲が振り返るようなカッコイイ人と一緒にデートなんて、
嬉しいと思う反面、自分の地味さが恥ずかしかった。


接客してくれた綺麗な店員が、
大きな目を細めて笑顔で小さな紙袋を斉藤さんに手渡した。

「ありがとうございます」

お礼を言う斉藤さんにつられるように、私も頭を下げた。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 14:23 │Comments0 | Trackbacks0編集

僕の一日 122

しばらくして客数が減ったのを見計らって斉藤さんと一緒に休憩に入った。

『さっきのお客さんは何をしにうちの店に来たんですか?』

「あぁ、一緒に日本に来てる友達にこの店におもしろい雑貨があるって聞いたんだって。
 その友達とは今日は別行動らしくてこのビルの住所だけ聞いてて、
 何とかたどり着いたみたいだけど全然日本語分からないし英語も話せないから、
 1階から全店舗をのぞいて歩いてたみたい。
 それでそれらしきお店を発見して、有利くんに声をかけたんだって」

『へー、何の商品ですか?』

「それがさぁ、去年クリスマスの時だけ仕入れた、
 お金を置くと猫の手が出てくる貯金箱あったでしょ?
 あれを探していたみたいでね、無いことを伝えると頭を抱えて悲壮な顔してたよ」

『えぇぇ?!あれですかぁ?!』

確かに去年、そんなものがあった。
確かにカワイイが、子供向けすぎたのかあまり売れなかった記憶がある。

「ホントに。つい笑っちゃってさ。
 こっちに3~4日ぐらい滞在するなら仕入れられるかもしれないって言ったら、
 明日には八ヶ岳に向かうんだって。
 仕方ないから他に何かないかっていうから、
 店内軽く案内したら曲げわっぱの弁当箱に食いついてね。
 ほかに和柄の便箋に手ぬぐいを買って行ったよ」

思い出して笑っている斉藤さんがあまりに楽しそうだから、
「あとは?」「それで?」とかぶせるように聞いてしまった。
いつもは静かにゆっくりと話すタイプなのに、
ドイツ語で話すときは表情も変えながら抑揚もハッキリとしていたように見えた。
単にそう話すのが普通のことなのかもしれないけれど。

『あの、斉藤さんはドイツ語ペラペラなんですよね?今更ですけど』

自分のことはあまり話さない人だけれど、今なら答えてくれるかもしれない。

「うん。今ドイツに住んでも問題ないよ」

『すごい!外国語ペラペラな人と初めて会いました!』

興奮気味に言うと、くすっと笑って箸をおいた。

「有利くんは日本にはない特有の発音が苦手なの?」

『多分。全部同じようにしか聞こえなくて』

「そっか、うん、慣れないとそうかもね」

ペットボトルの蓋を開けながら、いつもの様に低い声で優しく呟いた。

『……ドイツ語は独学ですか?』

合わせる様にトーンを落として質問した。

「いや、知り合いに堪能な人がいたから小さい頃から教えてもらってただけだよ。
 勝手に身についたようなものだから、ほとんど勉強はしてないんだ。
 普段使わないような難しい単語をやったくらいかな」

『へぇー。親がそうだと勝手に話せるようになるのもそんな感じなんですかね?』

「そうだね」


一口水を飲むと空になったお弁当の容器を持って、
「さてと、相沢たちを休ませないと」と言って斉藤さんが立ちあがった。

「有利くんはあと20分ちゃんと休むこと」と笑顔で言われて、
立ち上がろうと机に着いた両手から力が抜ける。

「休憩はしっかりとりなさい」

ぽんと肩を優しく叩いてバックルームを出て行った。

斉藤さんはご飯を食べ終わると仕事に戻ったり書類を眺めたりと、
1時間しっかり休憩をとっているのを見たことがない。
時間を惜しむように働いている姿をばかりだ。
社員だからって休憩時間を潰さなくてもよさそうな気もするが、
店長もそれを特に気にするでもなく、
自分はしっかりと休むし、俺たちバイトも当然1時間しっかり休憩をくれる。

俺が具合悪くしたときもお弁当を持って来てくれたり病院に連れて行ってくれたり、
とにかくお店の為に、スタッフのためにと尽くしてくれているように俺には見えていた。


にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 17:21 │Comments0 | Trackbacks0編集

僕の一日 121

人ごみの中を急ぎ足で戻って来た斉藤さんが、
息を切らしながら俺の横にいる外国人に話しかけた。
何を言っているのかさっぱりわからなくて、驚いて見ていると、
「ごめん待たせて。これ両替。あとは俺が対応するから」
と、両替が入った袋を俺に手渡し、2人でまた話し始めた。
英語の会話をでさえ生で聞く機会なんて滅多に無いのに、
目の前でドイツ語での会話が繰り広げられているかと思うと仕事どこではなく、
レジを打っている相沢さん以外は2人の会話の行方に耳をそばだてていた。


こうして外国の人と話している斉藤さんを見ていると、
さっきの女性客が「ハーフっぽくない?」と言ったのも分かる気がする。
髪や目の色が茶色いから、ハーフと言われれば素直にうなずけてしまう。
俺の髪も色素が薄くてたまに染めていると思われるが、
それとはまた違った色をしている。
すこし黄色っぽいというか金色っぽい色が混ざっているというか……。
何も言われなければ染めていると誰もが思うだろう。
初めは俺も染めていると思っていたけれど、
根本の色が変わらないのを見て地毛なんだと気づいた。


やっと言葉の通じる人に出会えたからか、
水を得た魚の様にペラペラと話す外国人に笑顔で答える斉藤さんが、
とても遠い人のように思えた。
そうじゃなくても一般人ではありえないよなオーラを放っている人だ。
テレビカメラがあったら映画かなんかの撮影をしてるようにしか見えないだろう。


それからしばらく店内を斉藤さんと一緒に歩き、
買い物を終えたのは30分以上経ってからのことだった。

いくつかの商品を購入した外国人がメモのようなものを渡し、
斉藤さんもネームホルダーから名刺を取り出して何かを書き込んでから差し出した。
嬉しそうに受け取って財布にしまうと、俺を見つめて斉藤さんに何かを呟いた。

「有利くん、ちょっと」

斉藤さんに手招きされて向かうと、
その外国人は慣れない日本語で「アリガト」と言ってくれた。

『いえ!全然話せなくて、慌ててしまってすみませんでした』

出てきた言葉は当然日本語だけれど、
斉藤さんが訳してくれたおかげできちんと通じていた。


「Gute Reise」

心地よいバリトンの声で斉藤さんが言うと、
外国人も嬉しそうに手を振って「アリガト!」と言ってお店を出て行った。



「お疲れ様」

『さ、斉藤さんの方こそお疲れ様です!』

予期せぬ言葉に慌てると、くすくすと笑った。

「有利くんああゆう人苦手そうだよね」

『いや、苦手っていうか外国語を聞くとなぜかテンパっちゃうんですよね、どうしよう、って』

「まぁそんなもんだよ、英語じゃなければ尚更ね」

『最後なんて言ったんですか?』
 
「Gute Reise?良い旅を、みたいな感じかな」

手渡されたメモに視線を落としながら呟く姿は、
なぜか寂しそうで、見ているこっちに痛みが走った。


にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 23:50 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。