スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

冬の一日 7

7

「石川、大丈夫か」

握ってくれている手を軽く引っ張られる。

「あ……うん」

「ああいう人間は汚いものに触れる機会が多いから、
 そういうものに飲み込まれてしまっているのかもね」

「……そうなの?」

「みんながみんな、そうではなくて一部だけだと思うけどね」


手渡された名刺には、
私でも聞いたことがある芸能事務所の名前が書かれていた。
あの男性が関係者であるのは嘘ではないんだろう。

ちらりと名刺に目を落とした斉藤さんが、
大きなため息をつきながら無造作にジャケットのポケットに入れた。

「本物かもよ?」

「うん、でも芸能界に興味ないから」

「すぐにでも有名人になれそうだけど」

「どうでもいいよ、大変だろうしね」

「でも前にモデルしていたんだよね?」

「10年以上も前の話だよ」

懐かしそうに笑って、私の手を引いて歩き出した。

「今でもスカウトされるのに?しかも電気屋さんで」

「それは思った!どうしてこんなところで?って。
 たまたま買い物にでも来てたんだろうね」

「聞いてもいい?」

「なに?」

「前にモデルをはじめたきっかけは?」

「あぁ、知り合いに頼まれたから、かなぁ。
 CDのジャケットとプロモに出て欲しいって言われて。
 学生だったし、マイナーで地味にやってる人たちのバンドだったらか、
 そのくらい良いよって、二つ返事でOKして撮影したんだ。
 一日で撮影は終わったんだけど、
 それを偶然見たモデル事務所から誘いを受けるようになってね。
 最初は断ってたんだけど、押し負けたというか、
 あんまり数はこなさないのを条件にやってたんだ」

「す、すごい!本物のモデル!」

さらりと言ったけれど、それってかなり凄いことなんじゃないのかな?

「いつまでやってたの?」

「にじゅう……いち?22歳までかな?」

「撮影した写真とかってないの?」

「ないよ、そんなの」

「えー、もったいない」

「写真が欲しくなったらデジカメがあるからね」

「そういう事じゃないよー」

「ハハハ、まぁ昔の話だよ」

「……最近でスカウトされたのっていつ?」

「うーん、秋頃に歩いててされたかな?」

あっさりと返ってきた返事に唖然とする。
もはやスカウトされるのが日常になっているのか。

「うわぁ……なんかもったいない!」

「俺がモデル再開したら、あそこで働けなくなるじゃん」

「あ、それは困るかも」

「だろう?」


なんの未練もないように思い出として話すということは、
もう一切モデルの仕事はやらないのだろうか。
人に見られる仕事ととはいえ、なりたくてもなれない仕事のひとつに、
簡単に手が届いてしまうこの人にとって、
たいした給料でないはずの雑貨屋で働く価値は、
どれほどのものなのか。

顔を整形したって、ダイエットを頑張ったって、
背が低ければなれないし、
雰囲気や魅せる力も必要なんだろうし……。
この人はそんな努力をしてきたのだろうか。


「あ、ほらあったよ」


お目当てのヒーターを見つけて笑った。

屈折することなんか、きっとなかっただろう子供時代。
雰囲気や仕草から伝わる品。
他の人とは一線を画す存在感。


生きてきた世界が違う。


ああ。
この人は生まれながらにすべてにおいて恵まれた人なんだろう。


「どうした?」

指先から伝わってくる優しさが、
本当に自分だけに向けられているなら、
こんな幸せなことはないけれど。

「なんでもないよ」

何も言われなければ、自信が持てない。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 03:25 │Comments0 | Trackbacks0編集

冬の一日 6

6

勝手に想像して気分が落ち込んでしまい、
そんな顔を見られたくなくて外ばかり眺めていると、
家電量販店の看板が見えた。

「着いたよ。酔った?」

「ううん、平気」

「そう?」


笑って声をかけてくれる。
優しい声。


「じゃあ、さっさと決めて夕飯食べに帰ろう」

「うん」


お店の中に入り、暖房器具が置いてあるところに向かって歩いていると、
突然後ろから声をかけられた。

「すみません」

べたっとした嫌な感じがする声に振り返ると、
そこに居たのはスーツを着た若い男性。
パーマのかかった髪は金色に染められていて、
チリチリと痛んでいるのが目についた。

斉藤さんの知り合いかと思い隣を見ると、
顔色一つ変えずに男性を見つめていた。

「なんでしょうか?」

威嚇にも聞こえるトゲのある口調で斉藤さんが言うと、
少しうろたえながらも男性はポケットから名刺を取り出した。

「わたくし○○芸能事務所の者ですが、突然すみませーん」

私の方は見向きもせず斉藤さんに向かって名刺を差し出しながら言った。

どうやらスカウトらしい。
しかもこんなところで。

「いま駐車場で見かけて。
 モデルや芸能界に興味はありませんか?
 アナタなら間違いなく……」

「結構です」

営業スマイル全開で話し出した男性の言葉を遮るように、
斉藤さんが強く言った。

「あ、えぇーと……○○という大手の事務所ですので、
 そのあたりがご心配なら……」

「興味はありませんので」

名刺に視線を向けることもなく、
目を見つめたまま不機嫌そうな顔で答える姿に圧倒さたのか、
男性がたじろぎ始めた。

一瞬、不気味に笑うと、すぐに頬を引きつらせて困った顔をしたので、
引き下がるのかと思いきや、逆に喰らいついてきた。

「一度うちの事務所に来ていただけないですか?!
 すぐ手配しますから!」

「結構です」

手を合わせて懇願する姿にわずかな動揺も見せず、
キッパリと言い放った。

苛立ちを見せ始めた斉藤さんに、
男性はあきらめたのか肩を落とした。

「わかりました。呼び止めて申し訳ございません。
 ですがこれだけは受け取ってください」

すっかり落ち込んだ声で頭を下げ、
斉藤さんの胸元に名刺を差し出した。

斉藤さんがそれを無言で受け取るとジロリと私を睨み、
ビクッと身体が反射的に硬直したのを見て、
半笑いで足元から舐めるように視線を動かした。

目が合うと憐れむような顔で笑った。


あ……。


見下され、馬鹿にされているのがわかった。

「彼女がなにか?」

私の手を握り、斉藤さんが言った。

「いえ、なんでも」

男性は私に一瞥を投げたあと、
ニヤつきながらお店の出口へ向かって歩いて行った。

こんな女が彼の隣にいるのは滑稽だと言われた気がした。


ぎゅっと締め付けられた胸のせいで、
相手が居なくなってもうまく息が出来なかった。

にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 15:28 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。