僕の一日 108

分厚い雲に覆われた重い空から、
日差しの暖かさは感じられず冷たい風が吹き付ける中、
いつもより数本早い電車に乗って仕事へ向かった。
今日は彼女が月1の早番掃除の日。
終わってなかったら手伝うつもりだった。

だが店に着いてみると、商品棚からはネットや布がとられ、
もうオープンするだけの状態になっていた。
早めに終わったのかと思いながら灯りがもれているバックルームのドアを開けた。

「あ、おはよう」

椅子に座っていた彼女が振り返って挨拶をした。

片付けるのが苦手な店長のおかげで、
いつもゴタゴタのバックルームが綺麗に片づけられていた。
すこし驚きながらも挨拶をしようとすると、机の陰からカチャッと音がした。

「おはよう有利くん」

机の横から顔を出した斉藤さんが落ち着いた声で言った。
床で作業していたらしく、カッターと定規を手に背伸びをした。

いまいち状況を飲み込めないまま、
間の抜けた声で「おはよう、ございます」というと、
「くぁぁぁ」とあくびをしてメガネをかけ直した斉藤さんが、
こっちを見て優しく手招きした。

「どうした?入ったら?」

『あ、はい』

「今日は早いね?なにかあったの?」

ドアノブに手をかけたまま固まっているのを見て彼女が首を傾げた。

『いや、ちょっと早起きしたから……』

「そっか」


なんとなく居心地の悪さを感じてカバンをロッカーに入れると、
ジャケットを着たまま金庫の鍵を手に1階の事務室にお金をとりに行った。

売り場から裏口の階段まで急ぎ足で通り抜ける。

『なんで……』

なんでふたりが一緒にいるんだ。
彼女は掃除があったからいつもより早く来てるのは当然として、
どうして斉藤さんが……。

いや、早く来ていても別におかしくない。
斉藤さんはもともと他のスタッフより早く来ていることが多いし、
俺が出来ない書類の整理や発注なんかがある。
仕事がたまっているのかもしれない。

でも。

いつもは売り場にあるパソコンの前に立って作業している。
事務的なものばかり。
看板やPOPを作っているとこなんて見たことがない。
朝の忙しい時間に、床でなきゃ出来ないような大きなものを作ったりしないのだ。

早く来てどうしても朝のうちに作ってしまいたかったと言われたらそれまでだけれど、
でもさっきのあの雰囲気は、なにかが違う。
もっとずっと長く……。


出社早々、よくわからずに受けたダメージを引きずったまま仕事をこなし、
次の仕事の為すぐに帰り支度をした。
バックルームでは店長が大量の書類と商品に囲まれながら、
黙々と事務処理をしている。

急いで帰ってシャワー浴びて……。

うまく回っていない頭を抱えながらこの後の予定を考えていると、
一緒に仕事を上がった彼女が「お先に失礼します」と、
コートを手に帰るところだった。

『お疲れ様です』と俺が言うと、
事務作業をしていた店長が視線は書類に向けたまま、
「お疲れ、気をつけてな」と言った。

静かにドアが閉まるのを確認して、店長が作業していた手を止めた。

「なんか…最近の石川、元気だよな?」

ドアを見つめながら店長が首をひねる。

『そう、ですね』

「この間休んでエネルギーが満タンになったんだろうか」

『どうでしょう……』

「まぁ元気なのは良いことだけどさ」
 
『ですね……』

ふたりでドアを見つめながら話していると、
ガチャッとドアノブが回転した。

「店長、このあと用事あるんで帰っても大丈夫ですか?」

FAXや書類を手に斉藤さんが入って来た。

「いいよ、急ぎのは終わってんだろう?」

「はい。あとは明日にしようかと」

手渡された書類を確認すると、
「うん、OK!いつもサンキュー」と店長が笑った。

「じゃぁ帰りますね。お疲れ様です」

タイムカードを切って作業用のエプロンをロッカーにしまうと、
ジャケットとカバンを手に、すぐさまバックルームをあとにした。

「おつかれー」
『お疲れ様です』

斉藤さんの後ろ姿に店長とハモリながら挨拶をして、
閉まったドアを再度見つめた。

「……なんか慌ただしいな」

ぽつん、と店長が呟く。

『ですね』

「なんか変な感じがするな。まぁ元気ならいいけどさ」


そう言ってまた事務作業に集中し始めた店長に、
「俺も帰ります」、と頭を下げてお店を出た。

バックヤードを抜け、ビルの従業員出入り口近くで、
彼女の後ろ姿が目に入った。
いつもなら声をかけるところだが、今日はその気になれない。

付かず離れずの距離を保ちながら後ろを歩いていると、
駅とは逆方向に彼女が曲がって行った。

買い物だろうか?

何気なく彼女の方を見ていると、
少し離れた場所の曲がり角で立ち止まった。

待ち合わせ?

ストーカーみたいなことをしているんじゃないかと思いながらも、
そのまま彼女の様子を見ていると、なにかに気づいて歩き出した。

そこに近づいてきた一台の車。
見覚えのある黒のミニバン。


助手席のから何の躊躇もなく乗り込む彼女。

そして、運転席で優しく笑うのは。

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 15:51 │Comments0 | Trackbacks0編集

春の一日 31

31

「うう……ん?」

携帯のアラーム音で目を覚ますまで熟睡していたのは俺の方だった。

布団が掛けられていたが、まったく気づかなかった。
隣で寝ていたはずの石川もいない。

いつのまにかテーブルに置かれていたメガネをかけてキッチンを見ると、
エプロンをした石川が立っていた。


「おはよう、早いね」

ダイニングテーブルには皿に盛られて食べるばかりに用意されたおかずと、
彼女のお弁当箱が置いてある。

「おはよう、昨日はごめんなさい」

「いいよ、そんなの」


おいしそうに出来上がっている朝ごはんを長い前髪をかき上げながら眺めてると、
すでに彼女が出かける用意が出来ているのに気付いた。


「準備早くないか?」

「うん、もう行くから」

「え?!」

まだ7時を過ぎたばかりなのに、早すぎる。

「今日は月1の掃除当番だから」

「……あ!そうか!」


今月の月1掃除は石川だった。
すっかり忘れていた。

「うわ、悪い、いま準備してくる!」

「え?なんで?!いいよゆっくりしてて」

「送るよ。どうせ俺も早番だし」

「そんな!いいよ!」

「いいから!俺が準備する間にそれタッパーに詰めてて」


短時間で身支度を整えるのは得意中の得意。
15分で用意をすませた。

「さて、行くか」

カバンとコートを手に、
窓の鍵を確認し電気を消した。

「すごい早い……」

「俺先に行って車のエンジン暖めるから、
 玄関の鍵かけてきてくれるかな?」

「はい」

店に着いたらFAXとメールチェックしながら朝食をとって、
今日の仕事を確認して……やることは山ほどあるが、
定時で上がってヒーターを買いにいかないと。


車のエンジンをかけて暖房の調節していると、
パタパタと足音を響かせながら、
カバンと紙袋を手に石川が走ってきた。

「どうして起きたばっかりでそんなきびきび動けるの?」

助手席に座りながら、息の上がった声で言った。

「うーん、慣れかな?」

「えぇ?慣れ?」

「うん、アラームなったら飛び起きてすぐに走れるよ」

「それはすごい」

「あははは、さて行きますか」


大きく息を吸って、まぶしい朝日に目を細めながら車を走らせた。


にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 00:24 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア