スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

春の一日 2

2

石川のマンションの近くにあるコンビニで菓子パンと翌日分の食パン、
自分が食べる分のお弁当とペットボトルのお茶を2本買った。
もちろん彼女が好きなプリンも忘れずに。
<「あ、着いたから鍵開けてもらえるかな」

マンションの2階にある彼女の部屋の前で、
チャイムはならさず小声で電話を掛けると静かにドアが開いた。

顔が半分見える程度に開いたドアの隙間から、
部屋着姿の彼女がうつむいたまま立っているのが見えた。

「……入っても大丈夫?」

返事はなかったが小さく頷いた。
それを確認してからドアに手をかけ、部屋に入った。

こちらの顔を見ることなく、足を引きずるように歩いてベッドに倒れ込む姿を見て、
思いのほか重症なことに気づく。
色々無理をしすぎたらしい。

「冷蔵庫開けてもいい?」

綺麗に片付いている台所に買ってきたものを置きながらたずねると、こくりと頷いた。
あまり音をたてないように静かに冷蔵庫を開け、中身を確認する。
キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマン、卵、 豚小間……。
冷蔵庫の横にある食器棚の上にはジャガイモや玉ねぎなどもある。
ひとり暮らしでこれだけ食材が揃っているのも珍しい。
材料は豊富にあるが、今から切って料理するとなると時間がかかってしまう。
が、体調悪いときは栄養をあるものを食べるのが一番だ。

「野菜炒め作ろうか?」

ベッドの上でぐったりしている彼女に声をかけると、
「大丈夫」と力のない小さな声が聞こえた。

これはさっさと食べさせて眠ってもらうしかないようだ。
ペットボトルのお茶をマグカップに入れレンジで温めている間に、
テーブルをベッドのそばに移動させ、菓子パンとプリンを置いた。

「少しでもいいから食べて、あとはすぐに寝た方がいい。
 明日は休みにしてあるから」

「……でも……」

「大丈夫。仕事のことは気にしないでしっかり休んで」

「……うん」

ベッドからと起き上がるとペタンとテーブルの前に座った。
温めたお茶が入っているマグカップを彼女の前に差し出すと、
うつろな目で俺を見ながら口を開いた。

「……斉藤さんは食べないの?」

「お弁当買ってあるけど帰ってから食べるよ」

「お腹すいてるでしょ?」

「まぁ、お昼から何も食べてないからね」


俺の返事を聞くなりマグカップを受け取らずに台所へ向かったかと思うと、
冷蔵庫を開け食材を取り出し始めた。

「どうした?何か食べたいものでも?」

近寄って声をかけると首を横に振った。

「なにか作ろうかと……」

まさかと思ったが確認してみる。

「俺の分?」

「うん」

今の今まで自分が食べる分すら作れずにいた人が……。
そういうことには頭が回るし身体も動く。

いつだって他人のことばかり考える。
自分がどんな状態か分かっていながら。
悪い癖だ。

「ありがとう。でも大丈夫だよ。
 毎食ちゃんと食べてるし、元気だろ?」

冷蔵庫に食材をしまい、彼女の手を引いてテーブルの前に座らせた。

「いまお弁当あっためるから、そしたら一緒に食べよう」

優しく笑うと彼女も少しだけ穏やかな顔をした。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 01:18 │Comments0 | Trackbacks0編集

春の一日 1


の一日」  斉藤 葵
 
1

最寄駅が自転車で20分かかるところに部屋を借りた理由をたずねると、
新大学生が引っ越す時期とかぶってしまって、良い部屋がなかったということと、
マンションで2階以上で風呂トイレ別でベランダがあって、
2口のコンロが置ける台所で安い物件を探した結果だという。
それにしても駅まで自転車で20分という物件を、
この都会で探す方が難しいのではないだろうか。
もっといい物件はたくさんあると勧めたが、
妹が大学卒業するまでは引っ越さないと決めているらしい。
確かに彼女の妹が通う大学にはマンションから自転車で行ける距離にある。
妹思いの彼女のことだ。
そこを一番に考えて部屋をさがしたのだろう。
彼女――石川美里はそういう人物だ。


午後9時前。閉店直前に退社した。
店長が出張でいない間は俺が代行として必要な業務をしなければならないが、
あとは有利と奥村に任せておいて問題はないだろう。
有利は別の意味で色々問題かもしれないが、
今はそれより優先しなければならないことがある。
「休ませてください」と早朝に店に電話をかけて石川のことだ。
そろそろ倒れるんじゃないかとは思っていたが……。

ポケットから携帯を開き彼女に電話をかけた。

「もしもし、石川?……大丈夫か?」

「……うん……」

弱々しい声が聞こえてくる。
もともと寒くなると体調を崩すことが多いのに、
有利の世話や連続勤務が重なったせいだろう。
精神的にも肉体的にも負担をかけ過ぎた結果だった。

「いま仕事終わってそっちに行こうと思ってるんだけど、ご飯はちゃんと食べてる?」

「食欲ない」

「うん。でも食べないと。お昼も食べてないんでしょ?」

「……」

「冷蔵庫になんかある?なければお弁当買っていくけど」

「でも斉藤さんが大変だし……」

「それじゃあパン買っていくよ。
 あとは冷蔵庫にあるもので何か作れるようなら作るから」

「……」

返事がない。

「部屋に入っても大丈夫?無理そうならやめるけど」

数秒ののちかすれた声で「大丈夫」という声が聞こえた。
携帯がひろえない程度の小さな息をした後に、
22時頃に着くことを伝え通話を切った。
カバンの中から車の鍵を取り出し、急いで駐車場に向かった。


にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 00:45 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。