スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日 64

店に戻ると美貴さんの隣にはひとりのホストが座っていた。
俺たちの姿に気づいた美貴さんがホストに何かを言うと、すぐに席をはずしてくれた。

「歩!どうだった?」

「うん、大丈夫だった」

『じゃぁ歩さん、僕を指名でいいですか?』

「え?!指名?!」

勢いよく美貴さんが俺の方を振り返る。

『はい。今日はコース内に指名料はいっているので大丈夫です。
 美貴さんは誰か指名したい人いますか?』

「私も直哉さんでいいです。歩もその方がいいだろうし」

『分かりました。じゃぁ少し待っててください』

指名が入ったことをフロントのスタッフに伝え、
俺がいる間、あのテ-ブルには誰も来ない様に伝え、
ふたりのビールと紅茶を持ってテーブルに戻ろうとした時だった。


「直哉!!」

名前を呼ばれ振り返ろうとしたところに勢いよく抱きつかれる。
京子さんだ。
抱きつかれた拍子にバランスを崩してしまい、少しだけ紅茶を床にこぼしてしまった。

「会いたかったー!」

『お久しぶりです京子さん。早かったですね』

「だってー、早く会いたかったんだもん!」

『長い間連絡もせずにすみませんでした。
 えー……すみません、ちょっと離れてもらってもいいですか?
 ドリンクこぼしてしまったんですが……』

「えーっっ!」

『すぐ行きますんで、席に行っててもらってもいいですか?』

「え――っ!!やだぁ!」

『いや、ホントに全部こぼしちゃうので……』

「やーだー!そばにいるー!」

『……』

京子さんはボトルをいっぱい入れてくれる大事な客である。
でも少しくらいはこっちの都合を考えて欲しい。
とはいえこれは仕事なわけだし、どうすればこっちの言う事を聞いてくれるか、
それなりに分かっている。

『すぐに行きますよ』

顔を近付け耳元で呟くと素直に「分かった!すぐだよ!!」と言って、
手を振りながら奥の部屋へ消えて行った。
誰にも分からないようなため息をつき、バーカウンター内に入って紅茶を入れ直した。

「京子さん相変わらずですね」

バーカウンターでドリンクを作っているホストの片桐に、
周囲に聞こえないような小さな声をかけられる。

『今日はもしかしたらいっぱい迷惑かけるかも……』

「いいですよ。じゃんじゃんボトル入れてもらってください」

うちの店にはバーテンダーのような仕事をメインにしているホストがいる。
もちろん指名されれば普通にホストとして対応するが、
仕事のメインはカクテルなどのドリンクを作ること。
片桐潤が彼の源氏名。
同い年の22歳だが、俺の方がホストの先輩と言うことで敬語を使ってくれている。

『がんばります』

入れ直した紅茶とグラスを手に二人の元へ戻った。

『すみません、お待たせしました』

紅茶とビールを二人の前に置き、歩さんの隣に座った。
美貴さんが興味津々といった様子で話しかけてきた。

「もしかして今の人って直哉さんを指名してる人?」

『そうです。ちょっと行かなきゃいけないんですけど大丈夫ですか?』

「本人が頑張るって言ったので、私は付き合いますよ」

『無理しないで、ダメだと思ったら会計してもらって構いませんんから』

「分かりました」


うつむいたまま黙っている歩さんはさっきの俺を見てなんと思ったんだろう。
俺に対するイメージも少なからず変わっただろうし、
さっきの忠告だって忘れてはいないだろう。

『歩さん?大丈夫?』

「あ、大丈夫です。すみません」

『僕が平気になったんだから、そのうち大丈夫になりますよ』

「そうだよ!彼氏がいたんだから、そのうち治るって」

なんの前触れもなく放たれた美貴さんの言葉。
彼氏がいた?
驚いた表情を隠せなかった。

『彼氏がいたって……』

「この子の男嫌いはここ3ヶ月のことなんです。
 その前までは彼氏もいたし、別に普通だったんですよ。
 なんでそうなったのか自分でも理由がよくわからないみたいで。
 もちろん彼氏とは別れたんですけど」

それは理由がわからないんじゃなくて、その彼氏が原因なんじゃないのか?
なにか嫌な思いをしたから、急に男性恐怖症になったと考えるのが普通だ。

『歩さん、本当?最近までは平気だった?』

「はい……」

『だったらなにか彼氏と嫌なことがあったわけだよね?』

「……」

「それが聞くとそういうのは一切なかったって。
 実際付き合ってたのって、優しいひとだったし」

なにか隠している。
友達だから話せなことがあることに美貴さんは気づいていないのか。
でも本人に自覚があるなら、それさえ克服すれば平気になる可能性が高い。
実際、俺が隣にいても平気なわけだし。

『歩さん……』

声をかけたところに内勤のスタッフがきて耳打ちされる。

『わかりました。すぐ行きます』

想像していた通りだけど、彼女が俺を連れて来いとうるさいらしい。
しかも今日はVIPルームにいる。

『すみません、ちょっと行ってきます』

「え?時間ですか?」

『はい。すみませんが……すぐ戻りますから』

「仕方ないです。ね、歩」

「……」

行かないでほしいと顔に出して必死に目で訴えてくる歩さんに、
小さく頭を下げて席を離れた。

これは仕事なのだ。
金になる方を優先するのは当然のこと。
それに二人はもう店に来ることもないだろう。
そうすれば関係はなくなる。

それでいいと思う。

ホストと客の関係ないんて所詮お金でしかない。
お金のためにホストは客を相手にするし、
相手だってそれが束の間の夢だと分かっていても、夢を金で買うのだ。

綺麗ごとを言うつもりもない。
いくらあっても困らない。
すこしでも稼げるうちに稼ぎたいと思う。
そのために必要な客は離さないでいようと決めたんだ。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 00:43 │Comments2 | Trackbacks0編集

僕の一日 63

『コレなんですよ』

いつも立ち寄るコンビニに入り、迷うことなく商品を見つける。
2本取り出したついでに、隣に並んでいた紅茶花伝も同じく2本手に取る。

『紅茶花伝おいしいですよね』

半歩後ろに立つ歩さんの表情は、まだ少し硬い。
それでもさっきよりはだいぶ落ち着いているように見えた。

「はい、おいしいです」

『ほかに何か食べたいものとか欲しいものありますか?』

「いえ、大丈夫です」

『じゃぁ、会計してきますね』


こくりと頷くと雑誌コーナーの前で立ち止まった。
レジは男性スタッフなのだ。
ここまでくると、いままでどうやってきたのかと気になってしまう。

共学であるなら席だって隣だとか、授業でグループを作って作業するとか、
色々あると思うけどそれは我慢してなんとかやり過ごしてきたのだろうか。

『お待たせしました。戻りましょう』

「はい」

コンビニを出てから新商品のペットボトルのふたをあけて「どうぞ」と渡すと、
目を丸くして恥ずかしそうに受け取った。
こんな仕事をしているせいか、こういう反応は新鮮だ。
単純にカワイイ、と思ってしまう。
いや、顔はもともと可愛いと思う。
俺が笑いかけるとホッとした表情を見せる姿は、なんとういうか、
失礼かもしれないが犬と重なってしまう。
チワワやトイプードルのような小さくてかわいい犬、みたいな。
さっきの会計のときも、雑誌に目を向けることなくじっと俺を待つ姿は、
「待て」と言われた犬のようで。

きっと歩さんは男性に声をかけられることが多いだろう。
なんというか、守ってあげたくなるタイプだ。

「おいしい」

一口飲んで嬉しそうに笑いながら言った。

『でしょ?紅茶系って期間限定だったりすぐに廃番になったりするから、
 こまめにチェックしないとダメなんですよね。
 コーヒーとかジュースって種類がいっぱいあるからいいけど、
 紅茶は少ないんだからメーカーもその辺考えてくれたらいいのにって思うんですよね』

「紅茶、好きなんですか?」

突然の質問にちょっと驚く。
彼女の方から話題を振ってくるとは。
思いのほか落ち着いた表情をしている。

『お茶好きなんです。紅茶も緑茶も両方。
 ジュースやコーヒーよりもお茶のほうがずっと好きです。
 紅茶好きな人にとって、ランチとかの“コーヒー無料”を見ると、
 “選択肢がコーヒーだけっておかしい”って思うんですよね。
 コーヒー飲めない人だっているわけだし』

「私コーヒー飲めないんです」

『それってキツイときありませんか?
 なにかの集まりのときに有無を言わさずコーヒーが出てきたり、
 待ち合わせ場所がスタバだったり、
 コーヒー飲めないっていうと面倒くさがられたり……』

「します!なんでみんなコーヒーなんだろうって思っちゃいます!」

声のトーンが少しずつ明るくなっていく。

『そうですよねー。
 僕もコーヒー飲めないわけじゃないんですけどあんまり好きじゃないんです。
 でもコーヒー牛乳は好きなんですよ』

「私も!あとミスドの氷コーヒーが好きです」

『あー!分かります、あれおいしいですよね。
 たまに取り扱ってない店があったりして、がっかりする時がある』

「まえは牛乳と氷コーヒーが別々に出てきてたのに、 最近は一緒になって出てきませんか?
 自分で好きな量を入れるのがいいのに、ちょっと残念です」

『そうなんですよね。
 いつの間にかそうなってて、アレっ?って。
 あのガッカリ感は大きかったなぁ』

「氷コーヒーの溶けるタイミングとかいろいろあるんですよね」

『うん、あるある』

はっきりとした口調で普通に会話ができている。
なんだ、普通の話せるじゃないか。
むしろ話しやすいくらいだ。

『……よかった』

「え?」

『普通に話せてる』

「あ、……ほんとだ」

自分でも驚いているようで、目を丸くしている。

『なんか僕だと大丈夫みたいですね』

「……話し方が穏やかだから?かな」

『そうですか?確かにガツガツ話すタイプじゃないですけど』

「あの、あんまり敬語使わないでもらっていいですか?」

『え?』

「普通に話された方が喋りやすいです」

『わかった。じゃぁタメ口で』

俺の隣にぴたりとついて歩く姿は、男嫌いには感じられなかった。
会話も問題なく出来ているし、あとは他の男の人でも平気になれば、
きっと大丈夫だと思った。
けれど。
店が見えてくると途端に歩さんの表情から笑顔が消えていき、そのまま立ち止まった。

大丈夫なのは俺だけか。
やっぱり簡単なことじゃない。
だからといって俺に出来ることもないし、そろそろ京子さんがが来てもおかしくない時間だ。

下を向いてぎゅっとコートをつかむ歩さんと視線を合わせるように身体をかがめた。


『あのね、本当はこういうこと言っちゃダメなんだけど、
 もう少しで僕を指名してくれるお客さんが来るんだ。
 歩さんみたいに初回のお客さんも指名できるんだけど、
 複数の指名を受けると、それぞれのテーブルを回るようになるんだ。
 たとえ歩さんのところにいる時間だったとしても、
 別のお客さんがボトル入れてくれたりすれば席を離れざるを得なくなったりもする。
 そうすると歩さんの隣に入れ代わり色んなホストが来るんだ。
 僕がこんな風に初回のお客にずっとついて、他のホストがあまり近づかないことは稀なんだよ』

ホストクラブで男嫌いを治すのはきっと難しい。
なんでダメなのかが分からない以上、ホストが接客をしたところで良くなるわけはない。

『歩さんて、さっき腕を掴んできた“いかにもホストです”みたいな髪型で、
 勢いのある話し方する男って苦手でしょ?』

「……はい」

視線を落とした目がわずかに潤んでいる。
もうホストクラブには来ない方がいいと言われることを、分かっているんだろう。

『お店の中見て分かったと思うけど、
 ワーワー騒いだりマイク持って大きな声で煽ったり手拍子したり、
 とにかくお金を使わせるために、積極的に勢いのある口調で話す人が多いんだ。
 店内がうるさいからっていうのもあるけど声が大きい人が多い。
 人によっては見下すような話し方をするホストもいる。
 ホストクラブって言ってしまえば女性相手にお金を貢がせる仕事だから、
 初対面でも普通に肩抱いたり、わざと密着して座ったりいろんなことするよ。
 うちの店の場合、初回のお客さんのところには、
 その日出社しているホストが全員あいさつするのがうちの店の決まりなんだ。
 次に来たときには気に入った人を指名する。
 一度指名されれば、基本的にずっと同じ人がつくことになるから、
 ホストたちも自分が指名されるように必死でいろんな手をつかってくるよ』

こんなこと俺が客に言うことではないが、学生には学生として勉強に専念してほしい。
大学生が学校終わりに普通のバイトをした程度の金額で、ホストクラブに通うことはできない。
ハマってしまってお金を稼ぐためにホステスをはじめ、
結局大学を辞めたという話をたくさん聞いてきた。

 『でもさっき二人のホストが来て嫌がったでしょ?
  それを見て髪の長いホストが来て二人を連れってってくれたよね?
  その人が歩さんのテーブルには僕以外の誰も近づけさせないように言ってくれたんだ。
  初回のお客様で指名もしてないのにああいうことをするのは、まずないよ。
  ホストクラブは男と遊ぶ場所だからね。
  僕は歩さんが来た理由も男が苦手っていうの分かったけど、
  だからって特別扱いは出来ないんだ。僕の言ってることわかるかな?』

「はい」

押し出すように吐き出した言葉は震えていて、ピリピリと痛みが伝わってくる。
歩さんに同調するかのように、ピンと張った弦をはじいたような高音が、
耳の奥で鳴った。

『もしも耐えられないようなら、まだ時間前だけど帰った方がいいよ。
 今回は会計も5000円だけだし、誰とも連絡先を交換しなければいい。
 男嫌いを治してあげたいっていう美貴さんの気持ちもわかるけど、
 やっぱりホストクラブはいまの歩さんにとってキツイところだと思う。お金もかかるし。
 僕とは話せたわけだから、まったくダメってわけじゃないんだよね?
 だとしたらやっぱり大学の男友達にお願いして付き合ってもらった方がいいよ』

「……」

『歩さんはどう思ってるの?
 ゆっくりでいいから思ってること話せるかな?』

「……私は……」

『うん』

「私は、やっぱり治したいし、平気になりたい」

『うん』

必死に声を出しているのが、うつむいた姿からも伝わってくる。

「直哉さんなら、大丈夫な気がする」

『……うん。そうかもしれないけど』


俺が言ったことはきっと理解している。
男嫌いを治したいし、俺なら話せるからお店に入りたい。
でも他の男はダメだから一緒にいて欲しい。
たぶん、そう。


『歩さんだけにずっとついているわけにいかないんだ
 指名されればその人のテーブルにも行かなきゃいけない。
 分かるよね?』

「……」

『どうする?帰る?』

「……また来たら会ってくれますか?」

『お店に来てくれれば会えるよ。
 でも次来たときは、想像以上のお金がかかる。
 それに僕が新規のお客さんにのところにずっといることは少ない。今日は特別。
 だから指名されないと一緒にはいられない。そういうの分かる?』

「……」

『大学生なんだし、やめた方がいい。
 遊びたい気持ちがあってホストクラブに来たわけじゃないんだし、
 通うようになれば色んな意味で勉強どころじゃなくなる。
 大学で誰か大丈夫そうな人みつけた方がずっといい』

「……分かりました」

『帰る準備する?』

「いえ、時間まで居ようと思います」

『大丈夫?ずっと隣にいられないよ?』

「頑張ってみます」

こちらちの目を見て、しっかりとした口調で。

『分かった。じゃぁ戻ったらとりあえず僕を指名してもらえるかな?
 他のお客に指名されるまで一緒にいられるから』

「はい」


本人が納得して店にいるならそれでいい。
あとは耐えられなくなれば帰っていくだろう。



にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 00:49 │Comments2 | Trackbacks0編集

僕の一日 62

店のを出ると大きい呼吸を数回して胸をなで下ろし、ホッとした表情を歩さんがみせた。

『少し歩きますか?』

「え?」

『店の前だとホスト達が出入りするので嫌かなと思って』

「あ、はい」

『じゃぁ行きますか』

「はい」

『俺から離れないでくださいね。 
 この辺はホストが多いので、すぐに声をかけられてしまうから』

「わかりました」


わずかに表情を強張らせた。
そんなに苦手なんて、何があったのだろう。


『大丈夫です。僕の隣にいれば声はかけられませんよ』

「はい」

すこしうつむいて俺の隣に立った姿を確認して、ゆっくりと歩き出した。


「カッコイイ」と言われるが、「男らしい」意味合いで言われてはいないんだと思う。
客に「キレイ」「カワイイ」とかいろいろ言われているのを思えば、
男らしさが足りないから近づきやすいのかもしれない。
あんまり喜ばしいことじゃないが、こうして俺だからどうにかできることがあるのはうれしいこと。
単純に楽しませるだけがホストじゃないと思いたいし、
お金だけが客を繋ぎとめるものだと思いたくない。

『はぁ……ダメですね僕は』

自分の中でホストという仕事はお金を稼ぐ手段としか考えていないのに、
こんなときばっかり自分に都合よく考えを変えるところがいやらしい。

「え?」

言葉の意を理解しかねた様子で歩さんが首を傾げた。

『こんなことになってすみませんでした』

考えていたこととは全く違うことを言った。

「そんな!私は……」

『そうだ、最近ペットボトルの紅茶の新商品が出たの知ってますか?』

続ける言葉を探しているところに、まったく関係のない質問投げかけた。
助け舟を出したわけじゃない。
自分自身がこの話題から逃げたかっただけ。

「そうなんですか?知らないです」

『ミルクティーなんですけど、おいしいんですよ。
 近くのコンビニに売ってるので買いに行きましょう』

「はい」

いつだって自分の考えは自分に都合の良いものだ。
こんなんじゃいけないとわかっているのに、それを変えられない。
誰だってそういう部分で苦しむんだろう。
自分だけじゃない。


にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 00:43 │Comments2 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。