スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日 55

「彼女を作ると大変だよね」


初めて聞く斉藤さんの恋愛観。
斉藤さんが女の人にベッタリしているところは想像ができない。

彼女だった人たちも依存というより、斉藤さんみたいな人が彼氏だと、
嫌われないように必死になってしがみついてしまうんだろう。
捨てられたくないし、認められたし、
その感情が斉藤さんにとっては重たく感じてしまうのかもしれない。

それでも斉藤さんみたいな人は滅多にいないから、
諦めきれない人がさっきみたいなストーカーになってしまうのだろうか……。

想像したら背筋に悪寒が走り、手にしていたグラスがわずかに揺れた。

自分だったら怖くて耐えられないかもしれない。

『ちなみに今みたいなことってよくあるんですか?』

「うーん……いまの電話の人はかなりキテるけど、
 ほかの人は何度か断れば次第に諦めてくれるかな。
 すんなり諦めてくれた人は…いなかったかな?」

『……ちなみに何人と付き合ってたんですか?』

「えーと……何人だろう」

そういうと指折り数えだした。
指で数えないと分かんないぐらい、たくさんの人と付き合っていたようには見えない。
どっちかというとひとりの人をずっと大事にするタイプに見えたのに。

「それって単に付き合ってただけも含む?
 それともヤることヤったのを含む?」

『……ヤったので……』

斉藤さんの口からそんな言葉出てくるとは。
そりゃ斉藤さんだって男なわけだし、付き合えばそういうことになるだろうけど、
なんていうか、あまり聞きたくなかった言葉かもしれない。

「一桁ではないよね」

『そんなに?!』

衝撃的な言葉に声が大きくなる。

「うん、なんというか来る者拒まずってとこがあって、
 彼女がいないときに告白されれば、だいたい付き合ってたし、
 まぁ、面倒になってすぐに別れることが多かったけどね。
 あ、さすがにお客さんと付き合ったことはないよ」

『もしかして今まで全部告白されて付き合ってたとか?』

「うん。告白したことない」

『……付き合ってる期間としてはそれぞれ短いんですか?』

「うん、短いね。
 だいたい2ヶ月ぐらいかな。長続きしないんだよね」

なんだかすごいことを聞いている気がする。
急に斉藤さんが身近に感じてきた。

『じゃぁ、最高でどれくらい続いたんですか?』

「半年だよ。短いでしょ?」

伏せ目がちに言った。

『いえ、そんなことないです』

外に視線を写し、何も話さなくなった斉藤さんを前に居心地の悪さを覚え、
飲みたくもないのにドリンクをおかわりしに行った。
斉藤さんの分もとってこようとすると、「俺の分はいらないよ」と先に言われてしまった。


ボタンを押し、緑茶が注がれるグラスを見つめる。
ふと横目で座る斉藤さんを見ると、遠巻きに見る店員の視線が目に入った。


『・・・・・・』


もしかしてさっきの付き合った人数は嘘なんじゃ……。

そんな風に言っておけば、会話が聞こえたスタッフからほかのスタッフに伝わって、
自分を嫌ってくれるかもしれないからと、そんなことを考えて言った言葉じゃないのか?

席に戻りそのことを小声で聞いてみた。
すると、

「いや、そういうつもりないよ。本当のことだし」

と、同じく小声で答えてくれた。

めまいを覚えそうになったが、バレない様に笑顔でその場をしのいだ。

バレてないかは不明だが。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 16:40 │Comments2 | Trackbacks0編集

僕の一日 54

定食を食べ終わり、食後にドリンクバーの緑茶を飲んでいると、
斉藤さんがポケットから携帯を取り出した。


「もしもし?お疲れ。うん……うん……」

どうやら会社からのようだ。
時間的にはまだ閉店前だから、金銭ミスではないだろう。

「そう……」

急にトーンが下がった。
何かあったのだろうか。

「分かった。代わってもらえる?」

眉をひそめ、ため息をつく。

「もしもし……」

そう言ったあとに斉藤さんが持つ携帯から女性の声が聞こえてきた。
何を言っているのかは分からないが、怒鳴り声に近い気がする。
もしかしてクレーム?

数センチ耳元から携帯を話すと、空いている手で顔を覆い、深くため息をついた。

「あのさ、いま店にいるんだろう?周りの客のこと考えろ。
 それから二度と店にも来るな。
 今度来たときは業務妨害で訴える。
 今まで送りつけられた手紙もとってあるんだ。
 お前がしていることは3年以下の懲役に値する。
 そういうことになりたくなければ二度と俺に関わるな」

一気に言うと、そのまま通話を切った。
3年以下の懲役って・・・。
あっけにとられる俺に気づいて「ごめんごめん」と笑った。

『どうしたんですか?クレーム?』

恐る恐るきくと、首を横に振った。

「彼女」

『え?!』

「前の」

『あ…』

あまりの驚きに開いた口がふさがらない。
これだけキツイ口調を聞いたのは初めてだったし、彼女の話も初めて聞いた。

「昔付き合ってた人だよ。もう関係ない。
 なのにいまだにこうして付きまとってくるんだよね」

『お店に来てたんですか?』

「うん。俺の今の住んでる部屋や携帯番号しらないから、
 店に電話をかけてきたり 直接来たりするんだよね。
 今日もお店に来て俺を出せって聞かなかったらしい。
 相沢は俺が休みだって言ったみたいなんだけど、どうにも分かってもらえなくて、
 しかたなく電話をよこしたというわけ。
 有利くんは遭遇したことない?」

『斉藤さんあてのそういう電話受けたり、色々聞かれたりしたことはありますけど、
 こういうストーカーっぽいのはないです。
 手紙って?業務妨害ってなにしたんですか?』

「店に手紙が送られてきてね。
 ヨリを戻さないと店の悪い噂を流すとか、火をつけるとか、色々ね」

『・・・・・・』


テレビで聞くような内容が自分の目のまで起こっている。
怖すぎる。

『一人暮らししてる部屋も知らないってことですよね?』

「うん、一人暮らし始める前に付き合ってたから」

『いつですか?』

「ずいぶん前だよ。大学の時。1ヶ月で別れたけどね」


斉藤さんの学生時代ってどんな風だったんだろう。
今きっとたくさんの人から告白されたんだろうけど。

「ダメなんだよね。付き合う前はよくても、
 すぐにグズグズになってそれが嫌になってしまうんだ」

『グズグズ?』

「うん。基本的に自立してる人が好きなんだけど、
 付き合うとみんな俺にベッタリになって、面倒になるんだよね。
 なんで電話がないの?とか、会いたいとか……。
 毎日電話とか、毎日会うとか、そういうのダメなんだ。
 他人に依存しないと生きていけないみたいなのはちょっとね」

『依存、ですか』

「うん。きっとキャリアウーマンみたいに生活もなにもかも自分でできて、
 他人と自分をきっちり区切って、ひとりで平気っていう人が向いてるんだよ、俺は」

『そうなんですか』

「有利くんだってお客さんにモテるでしょ?
 ほら、バレンタインのときなんかチョコもらったりしてたよね?」

『あー、あれは……うーん、そういうことありますけど、
 斉藤さんほどじゃないですよ』

「いやいや、俺だって有利くんのこと結構聞かれるよ。
 下の名前教えて欲しいとか、携帯番号やら誕生日やら、
 なんでもいいから教えてください!って。
 もちろん教えてないけど」

『ははは、ホントになんて答えたらいいのか……。
 正直、そういうのどうしたらいいのかなぁって思うんですよね』


突然知らない相手から告白されても、正直困ってしまう。
客と思えば冷たい対応も出来ないし、
でも期待を持たせるようなことも言えない。
ただ「すみません」と言うしかない。

女性は色々扱いが大変だということは、良くわかっているつもりだけど。


「まぁ、その気がないなら、丁寧に断るしかないよね。 
 それでお店に来てくれなくなったら仕方ないよ。
 仮に彼女がいて、そういうの知ったら嫌な気持ちになるだろうし、
 なるべくそういう方にいかないように気をつけてはいるけど難しいね」


斉藤さんに好きになってもらえる人はきっと幸せだろう。
優しくてとても気が利くし、いつも穏やかに笑う。
ピンと伸びた背筋に自信に満ちた目。
こういう人のそばにいれば、自分自身が成長できるだろう。


にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 23:53 │Comments2 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。