スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

夏の一日 6

6

アイスティーを持つ左腕につけている時計に目がいく。
幅が4~5センチはありそうなベルト。
どこで買ったのか気になっていると、
「どうかしましたか?」と視線に気づいた彼が聞いてきた。

「え、いえ・・・なんでもないです」

慌てて目を反らすと、レジから送られる熱い視線に気づいた。

「・・・・・・・・・・」

あぁそうか。
座っている場所が悪かったか。


俺が座っているのは店の入り口から入って正面にした奥側で、
女性店員が熱い視線を送る彼が座るのが、同じ入り口を背にした手前側だった。

ようするにレジカウンターから彼の顔は見えない。


申し訳ない。
このきれいな顔を独り占めしてしまって。


お冷を出してくれた店員に心の中で謝罪をしていると、彼がポケットから携帯を取り出した。

「すみません、さっきそのままポケットにいれてしまいました」

「いえ、本当に助かりました」

「寝不足ですか?」

「そんな感じです」

携帯を受け取りながら答えた。


「今から学校ですか?」

「はい、行く途中で・・・」

「そうですか。でも落ち着くまで休んだほうがいいですね」

「色々とありがとうございます」

「いえ、気にしないでください」


それを最後に彼はなにも話さなかった。
長い沈黙も何故か心地よく、ゆったりとした空気に包まれ、穏やかな気持ちだった。

心底、ほっとしていた。


誰かと一緒に居て安心するなど、あまりなかったように思う。

大学でもサークルに入らず、講義が終わればすぐにバイトに行って、
バイト先でも誰かと仲良くすることもほとんどなかった。

とにかくひとりでいたかったし、誰かと一緒に楽しい時間をすごすなんて考えられなかった。
今を楽しむとか、充実した生活を送るとか、そんなのありえない。
生きることを楽しんではいけないと思っているし、他人の幸せを分けてもらおうとも思わない。
自分が協調性のない人間なのだと自覚もしている。
身勝手だということも。

だからこそひとりでいたのに。
だからこそひとりを選んだのに。


「さて」とおもむろに口を開き、
「僕はそろそろ時間なんですが、大丈夫そうですか?」と腕時計を見ながら彼が優しく言った。

「え?あ・・・はい。大丈夫です」


あれ?
なんだろう・・・この感じ。

体中の血がうずく。


「じゃぁ、僕は失礼します。ゆっくり休んでください」と、
空になった容器を手に彼は立ち上がり、軽く一礼した。


「あ・・・色々とありがとうございました」


慌てて立ち上がり深く頭を下げると、「いえ」と小声で呟き出入り口へと向かっていった。

その様子に気づいてか先ほどの店員が「ありがとうございました」と、
残念そうな顔で見送った。


残念?
そんなんじゃない。
そういうことじゃなく、もっと別な。


鞄を手に彼の後を追うように急いで店の外へ出る。
10度以上ある温度差に目眩覚えながらも、覚束ない足取りで走った。

改札口がある方へ向かう彼の背を追いかけ、人目もはばからず声をあげた。

「待ってください!!」


一瞬、周囲の視線が自分に集中したのがわかった。


自動改札口を通ろうとしていた後姿が足を止め、
ゆっくりと振り返ると、すぐに俺の姿に気づいて歩み寄ってきた。


「あ、あの・・・」


息は切れ切れで、震える足には力が入らない。


「大丈夫ですか?」


最初と変わらない優しい声。


「あの・・・・」

「はい?」

「え・・・・っと・・・・・・」


言葉が出てこない。

何って言えば伝わるだろう。


「あの・・・・・・お礼をさせてください!」

「え?いや、別にそんな大したことでもないですし・・・・・・」

「そういうことじゃなくて・・・・・・」


困った顔をして「すみません、ちょっといま時間がなくてお話聞けないので・・・」と、
カバンから手帳を取り出し何かを書き記すと、
「改めてでいいですか?」とそのページを切り離して差し出してきた。

「・・・・・・え?」


目を点にして固まってしまった俺を前に、
「あれ?お話があるんじゃ・・・・」と少し顔を赤らめた。

そこには携帯電話の番号が書かれていた。

「・・・・・いいんですか?見知らぬ人に」

「構いませんよ」


その言葉に口元が緩んだ。


「はい」

「じゃぁ、ここにお願いします」


差し出された紙を受け取り一礼すると
「じゃぁ急いでいるので」と慌てて手帳をしまう彼に言った。


「斯波隆之です」


綺麗な目を細めて彼は笑った。



「有利和哉です」




 

自動改札機を通りホームへと向かった彼の後姿目でを追いながら、
込み上げてくる涙を必死に堪えた。



あの人はどこか自分と似ている。

あの人なら分ってくれると思った。

どうしてかなんて分らない。


分らないけど、彼を知りたいと思った。



吸い込まれそうな双眸の奥にある、その深さのわけを。


紙に書かれている番号が通常使用する携帯電話のものではなかったこと、
そしてその優しい笑顔も上辺だけのものと知ったのは、
それから数ヵ月後のこととなる。



にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 16:05 │Comments2 | Trackbacks0編集

夏の一日 5

5
「そこです」

改札をぬけてすぐ彼が指差した先はには見慣れたコーヒーショップがあった。
確かに一番近い休憩場所だ。

店に入ると「いらっしゃいませ」という声と共に、店員たちの視線が一点に集中した。
男一人が抱えられて店に入ってくれば、当然のことでもあるが・・・・・・。
落ち着いた空気が流れる店内がわずかに緊張して、それを感じた客たちが視線を向けてきたが、
彼は気にすることなく店内を見渡した。

「お客様、どこかお具合でも・・・・・・」

心配そうに小走りで来た女性店員に「大丈夫です。二人掛けのソファー席空いてますか?」と質問し、
「こちらです」とパタパタと奥へ向かう店員の後ろをついていった。


ゆっくりとソファーに俺を座らせると「お冷頂いてもいいですか?」と、
後ろでソワソワしている店員に一声かけた。

お冷などは全部自分でやらなければいけないセルフスタイルカフェで、
店員に水を持ってくるようお願いするということ。
それは「私はお客様であるあなた方を心配しています」と掲げて、
「なにかお手伝いしましょうか?」という店員の気配りと無下にせず、
なおかつ店員を満足させるには十分だった。


人のあしらい方が上手い。
駅員にも同じようにサラリとかわしていた。


「お待たせいたしました」とふたり分のお冷を持ってきた店員に、
「すみませんが、ここでペットボトルのジュース飲んでもいいですか?
 僕はドリンク頼みますので」と彼が確認した。

「大丈夫です。ゆっくり休んでください」という一言に、
にっこりと笑顔で「ありがとうございます」とお礼の言葉を言った。

その店員の顔がみるみる赤くなるのに、当の本人は気づいているのかいないのか。
レジカウンターでドリンク注文を受け会計を済ませる間、
その女性店員の視線は終始彼を追い続けていた。

まぁ、あの顔で微笑まれたら、一発だと思うが。

そうやって自分も見続けて気づいたのは、会った時に思った以上に細いということ。
手足が長く、バランスのとれた骨格をしているから騙されそうになるが、かなり華奢な体つきをしている。
白い肌のために、なおさらそう感じるのかもしれないが。

ほどなくドリンク片手に戻ってきた彼が「あれ?調子良くなりましたか?」と、
明るい声で話しかけてきた。

「あ・・・・・」

そういえばかなり頭が回っている気がする。
涼しいところに入って暑さが落ち着いたことで、調子が戻ってきたのか。


「そうみたいです。ありがとうございます」


ペコリと頭を下げ、さっきもらったポカリをカバンから取り出し、
一気に半分まで飲み干した。


「その調子だと大丈夫そうですね」と安心した顔で彼が笑った。


にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 17:55 │Comments0 | Trackbacks0編集

夏の一日 4

4

たくさんの足音とざわめき。
入れ替わり停車する満員電車にアナウンス。

人の形も熱も声も、すべてが混ざり合い溶けだしてしまいそな7月。
そこに居るだけで汗が吹き出るような暑さは、理由もない苛立ちすら覚えてしまう。


そんな音はゆっくり遠ざけて、耳も目も塞いでしまおう。

でも目を閉じると、熱い熱い、炎が近づいて……。



地面が突然消えたように身体の力が抜け、ベンチからそのまま崩れ落ちそうになったのは、
電車から降りてからどれくらいの時間が経ってからだったか。

眠っていたのか、一瞬気を失ったのかよくわからなかった。

隣に立っていた彼が間一髪で支えてくれなければ、
今頃コンクリートに顔面をぶつけていたかもしれない。

鈍い音を立ててメガネが落ちたが、手を伸ばすことも出来ない。

ああ。
重症だな。


「大丈夫ですか?」と落ちかけた身体をベンチに戻し、メガネを拾ってくれた彼の時計に目をやる。
アパートを出て2時間以上過ぎているのがわかった。
これ以上はこの人に迷惑をかけられない。
どこかのファミレスにでも行って涼もう。


「スミマセン・・・あの、もう大丈夫です」


そう言って立ち上がろうとしたが足に力が入らない。


「歩けますか?ここの改札を出てすぐにお店があるんで、そこで少し休みましょう」


曇りない声が頭の中に入ってくる。


「いえ、これ以上は・・・・・・」

「しかしひとりで歩けるような状態でもないですし、俺も少し休みたいので」


言い終えると同時に彼の細い手が目の前に差し伸べられた。


「改札まで大変かもしれませんが、階段を上ってしまえばすぐですから」


いま頼れる唯一の手を払いのける理由もなく、その手を掴んだ。
額ににじむ汗が嘘のように真っ白な顔は生気を失っているように見えた。
俺に気を遣ったのではなく、彼自身も体調が悪いようだった。


彼の肩に手を回し支えられながら何とか改札口まで向かうと、
ひとりの駅員が走ってきて、「具合悪いですか?」と声をかけてきた。
彼はすかさず「大丈夫です。そのへんで休みますので」と言いながら笑顔で頭を下げ、
自動改札機にPASMOをかざした。

「切符ありますか?」という声に、ポケットから携帯を取り出し、
「これです」と差し出した。

ピッという音を確認し、俺を抱えたまま改札機を通った。

せっかく駅員が声をかけてくれたのだ。
そのまま俺をあずければいいなずなのに、どういうわけか彼はそれを断った。
疑問に思いながらも安心している自分がいた。



にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 18:14 │Comments2 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。