スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日  45

コーヒーの匂いで満たされた車の中は程よく暖かく、運転席には4時間以上も待たされたというのに、
疲れた様子も見せず優しく笑う斉藤さんがいた。
ドリンクホルダーにはスターバックスの容器がふたつ並んでいる。
このあたりが斉藤さんというか、なにをしてても「ソツがない」というか。


「うん、顔色が良くなったね」

『待たせてすみません』

「いいのいいの。気にしない」

シートベルトを締めながらひたすら謝る俺を横目に、医者と同じようなことを言いながら、
メガネのフレームを押し上て笑った。


彼女に、似ている。

いつも穏やかに笑うところとか。

隣にいると、いつもそう思ってしまう。



『斉藤さん、俺あと歩いて帰れますから、適当に降ろしてもらって大丈夫です』


病院を出て間もなく、知っている道に入った。
ここからならひとりで帰れる。
これ以上、この人の時間をつぶすわけにはいかない。

「何を言っているのかな。数時間前まで真っ青な顔していた人が。
 周りのことは気にしないで、今は自分のことを一番に考えて。
 俺は大丈夫だよ。ちゃんと休んでるしね」

赤信号につかまりブレーキを緩やかにかけながら、気持ちのいい声でやんわりと言う。
そういう返事がくることは分っていたけれど、迷惑をかけまくっているこちらとしては、
口にしなければ気がすまなくなっていた。
もっとうまく色んなことに気を向け、立ち回ることができていたら、
斉藤さんもこんなに世話をやくこともなかったんじゃないかと、
考えても仕方ないことを、頭の中でぐるぐると回転させてしまっている。

ダメだ。
もっと良い方向に、プラスの方にものごとを見ないと。
いまはまず斉藤さんのことを・・・・・・。


・・・・・・あれ?えーっと・・・・・・なにを考えていたんだっけ・・・・・・。


「無理が積もり積もってこういう形で身体にガタがきたんだよ。
 少しは身体の言うことを正直に聞こうよ」


思考が滅茶苦茶になってしまい考え込んでいると、タイミングを見計らったかのように、
にっこり笑いながら彼が言葉を続けた。


「大丈夫」


耳の奥で聞こえる、自信に満ちた声。

彼女が言うように、優しくおだやかに、心地よい響きで。




「大丈夫だから。安心してお休み」



ヘッドライトに照らされたその顔は、安堵の表情と少しばかりの喜びをうかべていた。


あぁ、そうか。
俺は、休んで大丈夫なんだ。

彼女も同じようなことを言っていた。


大丈夫だよ。

大丈夫。



にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 14:48 │Comments2 | Trackbacks0編集

僕の一日  44

やわらかい声に目を開けると、先ほどの看護師が点滴の管を抜く用意をしていた。

「すみません、とても気持ちよく寝ていたから起こしたくなかったんですが、
 もう時間が来てしまって・・・」


あぁ、そうだ。
病院に来ていたんだ。
それで点滴をしてもらっていて・・・・・・。

腕から針を抜き、手際よく点滴を片付ける後姿に声をかける。

『・・・・・・ありがとございます』

枕元においていた携帯を開いて、あと1時間で日付が変わることに気づく。

『長い時間すみませんでした』

「いいえ、それよりも一緒に来てくれた方に連絡をしてください。
 きっと心配されてますよ」

『え・・・・・・?』

一気に数時間前の記憶が頭の中を駆け巡る。

斉藤さんに送ってもらってここまで来たんだ。
ファミレスで待っているって言っていた。

慌てて電話をかけ繋がるや否や「すみません!」謝ると、いつもと変わらない声が返ってきた。


「あぁ、良かった。少し声が良くなった感じがする」

『すみません!!こんな時間まで!!』

「いやいや、時間がかかることは分ってたから大丈夫。
 ちょうど病院の前に来たところだから、会計済ませて来てね」

通話はそこで切れた。

すごい迷惑を・・・仕事休んでる時点で迷惑なのに、
家に来てもらったり、お弁当頂いたり、しまいには病院まで送ってもらって、
挙句こんな時間まで待たせている。
しかも“ちょうど病院の前”なんて、そんなのきっと嘘だ。
点滴に3時間かかると言ったけれど、斉藤さんのことだ。
前後することを見越してもっと前から病院の駐車場で待っていたに違いない。

『・・・うわぁ・・・』

両手で顔を覆うと、片づけをしていた看護師がクスクスと笑った。

「大丈夫ですよ。お世話になった側はみんなそうやって迷惑かけちゃった、どうしようって思うけど、
 相手はそんなこと思っていないんですよ」

『そう・・・・・・ですかね・・・・・・そうだったとしても、自分で自分が・・・・・・』

「そういう風に考えていると、生きにくくなってしまうから、
 相手が『いいよ』と言ったことは、素直に受け取るといいですよ」


耳をかすめた音に全身の動きが止まる。

何だ?
この感じ。

会った瞬間感じた、あの感覚。
どこかで会ったことのあるような。

その声音。


物腰のやわらかさ。
艶のある声。

よく知っている感じ。

最近、よく知った気がする。


あの人にも初めて会ったとき、その空気の強さに驚いた。
頭から指先まで、他の人たちとは違うもので作らているかと思うほどきれいで。

目が離せなかった、あの人。

整った顔も、やわらかい空気も強さも。


白衣に付けられている名札には<南>と書かれている。

斉藤じゃない。
いや、結婚して姓が変わったのかもしれない。

「どうかされましたか?」

声をかけられ、怖い目をしている自分に気づく。
何を考えているんだ。
なんで斉藤さんの兄妹だなんて思ったんだ。

すぐに誰かと結びつける悪い癖。
直さないと。
                    
「さて、調子はどうですか?」

さっきよりさらにボサボサになった頭で医者がこっちへ向かってきた。
点滴している間仮眠をとっていたのだろう。

『大丈夫です、ありがとうございます。こんな時間まで』

「いえ、少しでもお役に立てたのならそれでいいんです」

茶色の目でこちらの顔を見て、「先ほどより顔色がよくなりましたね」と言って、
丁寧に飲み薬の説明をしてくれた。


きれいなブラウンの目がとても穏やかに、笑った。


この医者の空気、嫌いじゃない。

また会いたいと、なにかあったらこの人に診てもらいたいと思った。



にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 18:02 │Comments1 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。