スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

僕の一日  28

どのくらい沈黙が続いたか、時計は5時30分を回っていた。
彼女はうつむいたまま微動だにしない。
そんな姿を前にどうすることも出来ず、ソファーに座ったまま彼女を見つめていた。
熱のせいだろうか。
じっとしていることが辛い。


『なにかあったの?』


耐え切れず沈黙を破ると、


「え?えー・・・と、ううん。何でもないよ、大丈夫」


そう言っていつものように彼女が笑った。


『ホントに?』

「うん。大丈夫」


隠すのが上手い。いつもそうやって隠しているんだろう。


「あ、そろそろ始発の電車くるよね?」


自分の腕時計に目をやり、帰り支度を始めた。
こちらの問いに正直に答える気はないのだ。

基本的な部分で、自分は信用されていないことに気づく。
心配して色々気にかけてくれるが、それはあくまでも彼女の性格。
その性格から困ってる人や助けを求めてる人を放っておけないのだろう。
ここまでしてくれるのは、それ以上に仕事仲間として大事に思われているからで、
それ以外のことはなにもない。
もしも他の仕事仲間が同じような状況だったら、きっと同じようにするんだろう。
そういう意味の信頼は得ているのだ、自分も。
本当の信頼があるなら、仕事仲間以上の信頼があるなら、
こんなとき何かしら自分自身のことを話してくれるはずだ。

「それじゃあ、私帰るね」

熱でうなされる頭を必死に回転させているところに、彼女の言葉が落ちてきた。
鼓動が一気に速くなる。

『うん、ありがとう』

「どういたしまして」

カバンを持って玄関へと向かう彼女の後ろを歩く。
帰らないで欲しいと言ったら、彼女はこのままいてくれるだろうか。

「じゃあ、ゆっくり休んでね」

靴を履いた彼女がこっちを見て笑った。
小さく手を振って、そのままドアノブへと手を伸ばした。

その手がドアノブに触れたかどうかは分からない。
彼女が手を外へ伸ばした途端、反射的にカバンを持っていたもう片方の腕をつかんでいた。
小さく「え?」と聞こえた。
そのわずかな声を聞いて我に返る。
こちらを見ている彼女に気づいて、つかんだ腕ゆっくり放した。


『ごめん』


視線を落とし、小さな声で言った。
何をしているんだ、俺は。


『ごめん…なんでもない』

「…何かあったら連絡してね」

『うん・・・ありがとう・・・』


静かにドアを開けると、こちらを向くことなく出て行く。
後ろ手に静かに閉める姿を、ただ見つめた。
「さよなら」と口だけ動かし、玄関の鍵を閉めた。

彼女の居なくなった部屋は冷たく、いつもの空間に戻ってしまった。
違うのは台所にあるお弁当と、彼女が作った野菜スープだった。
きれいに片付けられた台所に彼女が残していったものたちが、
わずかに心を落ち着かせた。


にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

| 「僕の一日」  | 23:03 │Comments4 | Trackbacks0編集

僕の一日  27


料理を終え、台所の電気を消した彼女へ声をかける。

『さっき電話でさ・・・』

「え?」

『あ、斉藤さんなんだけど』

「うん?」

名前をだしても顔色は変わらない。
彼女の中ではただの先輩なのだろうか?

・・・先輩?


「なに?どうしたの?」

声をかけられて、意識があらぬ方向へ飛んでることに気づく。

『えーと・・・なんだっけ・・・』

落ち着け落ち着け。
なにを考えている。
仮にそうだったとしたら、こんな時間に男の家にこないだろう。
それに今回は飲み会でみんな一緒だったんだから、
そうなら彼女ひとりで俺を送らせたりしないだろう。
会社でもそんな風な感じはないし、誰もそんなこと口にしないし。
俺に気を配って色々としてくれていることや、
時間を割いてくれていることを考えれば、その答えの確立はかなり低い。
さっきの会話の中でも、俺に付き合ってるのか聞いてきたぐらいだ。


「どうしたの?」

『あ、斉藤さんが・・・』

「斉藤さんが?」

ソファーのそばまで来た彼女を目の前にして、その続きの言葉が出てこない。

「さっきベランダで話してたの斉藤さん?」

『うん・・・』

「それで、どうしたの?」


そもそも彼女が誰と付き合ったって、俺には何も言えない。
毛布をつかんだ手に力が入る。


「こら。どうした?」

少しだけ困った口調で彼女が目の前に座って、こちらをのぞいてきた。

『ごめん・・・』

「なにか嫌なことでも言われたの?」

『そんなんじゃなくて、そういうんじゃ・・・』

「うん、それで?」


あぁ、どうしてこんなに優しい目で優しい声でそばにいてくれるんだろう。
こんなに近くにいるのに、俺は。


『伝言。“無理してるのバレバレだから”って。“ゆっくり休むように”って』

なんとか吐き出した言葉を聞いて、彼女の目が少しだけ大きく開いた気がした。

「あ、うん、なんか気を遣わせてたのかな」

『とにかく休むようにって言ってた』

「・・・そっか」


その言葉を最後に、彼女が黙り込んでしまった。


『大丈夫?もしかしてなんか無理してる?ってか、俺が無理させてるよね・・・』

その言葉に彼女がこっちを向いた。

「違う違う!無理してないし、大変じゃないよ。キツかったらここまでしないし!」

珍しくあせった口調で否定してきた。
これも俺への気遣いなんだろうか。

『でも、バレバレって・・・』

「あー、なんだろうね。普通にしてるつもりだし、特に無理もしてないんだけど」

あはは、と笑うとうつむいてしまった。
表情が読み取れない。
床に座ったまま動かない。
どうしたというのだろう。

こんなとき、なにも出来ない自分が情けない。
彼氏でもない自分が出来ることは、話を聞いてあげることぐらいだけど、
きっと彼女はなにも話さないだろう。
自分の中に閉じ込めて、全部消化させようとする。
「そんなことしなくていいよ」と、抱きしめることも出来ない。


にほんブログ村 小説ブログへ

| 「僕の一日」  | 22:52 │Comments2 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

ハル

Author:ハル
  ↓ぽくっと↓

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
  ↑ぽちっと↑

このサイトに使用されている
画像、文章、その他を無断で掲載、転載、
複製することを禁じさせていただきます。

リンクフリーです

ブログ内検索

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。